by 氷上の格闘技の「語りべ」 加藤じろう
 
2015.05.29
San Jose and Buffalo Announced New Head Coach
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

昨日(現地時間)サンノゼ シャークスは、
就任7季目にして、初めてプレーオフ進出を逃したため、ヘッドコーチ(HC)の契約延長をしなかった、
トッド ・マクレラン 氏(現エドモントン オイラーズHC)の後任に、
今季途中まで ニュージャージー デビルスのHCを務めていた ピーター ・デボアー(46歳)を、
新たに招いたと発表しました。

Peter DeBoer


デボアー氏は、カナダのジュニアリーグでの指導歴を見込まれ、
2008年に、フロリダ パンサーズのHCに就任。
3季務めた後、2011年からはニュージャージーの指揮官になると、
いきなりイースタンカンファレンスを制して、ニュージャージーをファイナルへ導きました。



また同じく昨日は、バッファロー セイバーズも、
来季のHCに ダン ・バイルズマ 氏(44歳)が就任したことを発表。


こちらはアフィリエイトのAHLチームでの手腕を見込まれて、
2009年2月にピッツバーグ ペンギンズのHC(初年度は暫定HC)に抜擢されると、
いきなりスタンレーカップを獲得。

昨季のソチ オリンピックでは、アメリカ代表のHCを担い、銀メダルへ導いたものの、
プレーオフでは、カンファレンス ファイナルで敗退し、
シーズン終了後に、ピッツバーグを解任されました。


上記のようなキャリアに加えて、
2011年には、ジャックアダムズ アウォード(最優秀HC賞)に輝いている実績を誇るとあって、
今季のワーストチームを、どうやって再建するのか、注目されます。




尚、現時点でHCが空位となっているのは、
デトロイト レッドウイングスだけになりました。




NHL | comments(0) | trackbacks(0)
2015.05.29
RIVALRY on ICE !!
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

NHLのプレーオフは、カンファレンス ファイナル(CF=3rd)の戦いが続いていますが、
イースタン、ウエスタンともに、3勝3敗で第7戦を迎えます。

CFが、どちらも最終戦までもつれたのは、実に15季ぶりとなりますが、
一足先に、今夜(現地時間)第7戦が行われるのは、
イースタンの 「ニューヨーク レンジャーズ vs タンパベイ ライトニング」


大一番とあって、多くのメディアでプレビューが紹介され、
オフィシャル リセールスサイトでは、
10000ドル以上(約123万円=手数料含む)のチケットも売られているなど、
注目度は、かなり高い模様。

さらに加えて、ニューヨークでの試合とあって、
先日のアナハイムにも増して、多くの著名人の姿も見られるかもしれません。

なかでも、マイケル J フォックスは、
カンファレンスのセミファイナルに続いて、CF第1戦でも、
奥さまの トレイシー ・ポラン 氏と一緒に、スタンドで観戦している姿が見られました!

Michael J. Fox(R) and Tracy Pollan

◆photo courtesy : newzcard


カナダ出身で、小さい頃からスティックを握っていたという “大のホッケーファン” だけに、
今夜もスタンドに現れるかもしれませんね。


このように、マジソンスクエア ガーデンには、多くの著名人がやってきていますが、
それはNHLに限らず、このような試合 ↓ にも。




「ライバリー オン アイス」と銘打たれた、ハーバード大学 vs イェール大学の定期戦には、
マーク ・メシエ、マイク ・リクター 両氏をはじめ、レンジャーズの優勝時の主力選手はもちろん、
イェール大OBのジョン ・ケリー国務長官など、豪華な顔ぶれが!




さらに、試合の模様はテレビで中継され、
「さすが名門校同士の戦い!」といったところですが、
日本でも、これに引けをとらない戦いが!

それは、早慶アイスホッケー定期戦です !!



毎年2回顔を合わせる両校の定期戦のうち、
春季定期戦は、慶應義塾大学がホスト校となり、
今月9日に、新横浜スケートセンターで満員の観衆が見つめる中、開催されました。

果たして、どんな試合になったのか !?

栄えあるMVPに輝いた選手は誰か !?

試合をご覧になった方も、足を運べなかった方も、

BS朝日 で、明日(30日)14時 から放送されます。

どうぞお見逃しなく!


放送の前に、慶應大4年生 石毛宣光 選手が制作した、
定期戦のプロモーションビデオを紹介します。

プレースタイルと同様に気合の入った力作! こちらも必見ですよ !!







アイスホッケー | comments(1) | trackbacks(0)
2015.05.28
NIPPON PAPER CRANES TRANSACTIONS / MAY 28th
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

今日、日本製紙クレインズは、上野拓紀(ひろき)選手と、
移籍加入が合意に至ったことを、メディアリリースしました。

     【上野選手移籍コメント】
     釧路はホッケーの本場であり、ホッケーをする環境は素晴らしいです。
     ファンも熱い応援があり、釧路でプレーするのを楽しみにしています。

     僕は高校3年間、釧路で過ごしたこともあり、
     また戻ってくることができプレーできる喜びを噛み締めながら、
     全力でシーズンを戦っていきます。

     目標を高く持ち、チームの勝利に貢献したいと思いますので、
     応援よろしくお願い致します。

尚、クレインズは併せて、ソン ・ウジェ 選手の退団も発表しました。





アジアリーグ | comments(2) | trackbacks(0)
2015.05.26
Flying Ducks
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

NHLのプレーオフは、カンファレンス ファイナル(CF=3rdラウンド)が続いています。


メモリアルデーの祝日だった昨夜(現地時間)は、ウエスタンのCF第5戦が行われ、
オーバータイム(OT)の末、
アナハイム ダックスが、 5-4 のスコアで、シカゴ ブラックホークスを振り切って
スタンレーカップ ファイナル進出に王手をかけました!




アナハイムは、CFに入ってから、2度のオーバータイム負けを喫した上、
昨夜の試合では、全員攻撃を掛けられ、2点差を追いつかれてしまっただけに、
ホームアリーナにもかかわらず、「またシカゴのサヨナラ勝ち!」という雰囲気も・・・。

しかし、そんな空気を振り払って、お返しのサヨナラ勝ち!

雪辱を果たしたアナハイムの選手たちのエネルギーになったのは、
ひょっとしたら、試合前に送られてきた、このメッセージだったかもしれません。

Emilio Estevezs Tweet


メッセージの送り主は、俳優の エミリオ ・エステベス 氏。。。

というより、こちらの姿の方が ↓ 印象に残っているのでは?




ディズニー映画 「飛べないアヒル」 シリーズゴードン ・ボンベイ コーチ !!


力強いメッセージの効果があったのか、
アナハイムは、試合開始から5分あまりの間に、2点を先制し主導権をつかむと、
その後も早いチェックで、パックを支配し続けて、
16分26秒まで、シカゴに1本もシュート(ショッツオンゴール)を許さない見事な滑り出し。

その後、同点に追いつかれたことを考えれば、
第1ピリオドでの3点の貯金が大きかったのは、言うまでもありませんよね(苦笑)



サヨナラ勝ちの直後には、氷上の選手たちに勝るとも劣らず、
かなり興奮気味な様子のボンベイコーチ(笑)

Emilio Estevezs Tweet




この日は、ティム ・セラニ 氏も、スタンドに駆けつけていましたが、
現地メディアが報じていたサイドネタの数では、ボンベイコーチが圧勝。

第1ピリオドに3点を先制し、軽快に飛び立ったのに、同点に追いつかれてしまって、
「またサヨナラ負けか !?」という飛べないアヒル、、、
もとい、逆転負けを喫しそうなアナハイムと、ファンを勇気づけた立役者は、
どうやらボンベイコーチだったようですね(笑)

「クワッ! クワッ !! クワッ !!!」


◆courtesy : Emilio Estevez's Twitter




NHL | comments(0) | trackbacks(0)
2015.05.23
KHL will Expand to CHINA, KOREA and JAPAN !?
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

NHLをはじめ、AHL や ECHL といった北米の主要なプロリーグでは、
プレーオフの戦いが繰り広げられている一方で、
それ以外の(北半球の)国では、シーズンオフに入り、
来季への準備が進んでいるリーグも、多いようです。

そんな中、KHL(コンチネンタル ホッケーリーグ)から、とても興味深い話題が!



3月末の記事で紹介しましたが、KHLのプレーオフも既に終了し、
イリヤ ・コバルチャク キャプテンが率いる スカ サンクトペテルブルグ が優勝し、
ガガーリンカップを手にしました !!




世界選手権も幕を閉じ、選手たちはオフに入っていますが、
ここへ来て、参加チームを取り巻く諸問題について、懐疑的な見方が出始めています。



まずはじめに、KHLの歩みを振り返ると、
北米のNHLに対抗すべく、ロシアの国内トップリーグ(スーパーリーグ)を発展解消する形で、
2008年9月に開幕!

当初は「24チーム」でスタートしましたが、その後、新チームが参戦したり、
ヨーロッパ諸国のリーグからの転籍などによって、参加チームが増えていき、
7年目の今季(2014-15)は、
ロシアフィンランドスロバキアラトビア、

ベラルーシカザフスタンクロアチア
という 7ヶ国 から、「28チーム」 が参加する屈指のビッグリーグになりました。



しかしながら、急速なリーグ拡大の一方で、姿を消したチームも。

皆さんも、覚えていらっしゃると思いますが、
世界中のホッケーファンに、強烈なインパクトを与えたのは、ドンバス ドネツク!

昨年の「語りべ」通信でも紹介したとおり
ウクライナ東部の内戦によって、ホームタウンに大きな被害が出てしまっていますが、
試合会場となっていたアリーナも、見るも無残な姿に・・・。




日本のメディアでも報じられているように、
その後も、ウクライナの内戦が、完全に終息する気配は見られません。

事実上の解散(活動休止)を強いられた昨季の時点で、
ウクライナから KHL に参戦しているチームは、一つだけとあって、
ドンバスには、スタンレーカップを手にした経歴を誇る、ラスラン ・フェドテンコ 選手を筆頭に、
国内の有力選手が数多く在籍していました。



また、KHLに参戦するウクライナで唯一のチームとあって、
ジュニアの有望な選手たちも、ドンバスに集まっていたそうで、
日本に置き換えてみれば、
釧路や苫小牧といった “ホッケーどころ” が、戦火の真っ只中と なっているようなもの!


「ホッケーをやっている場合じゃない!」
という厳しい国情にもかかわらず、
今季も世界選手権に出場したウクライナの健闘は、大きな賞賛に値すると言えますね !!



もっとも、このようなドンバスの事例は、文字どおりレアケースですが、
KHLの参加チームを取り巻く最大の問題は、近年の「財政事情」


いくつか例を挙げてみると、
まず、2012年にチェコの首都に誕生した レヴ プラハ は、
財政難に陥り、2季だけしか参戦できず消滅。


さらに、冬季オリンピック会場をホームアリーナとして、今季から参戦した HC ソチは、
シーズン中に財政が ひっ迫し、選手たちへの給与支払いが滞ったため、
選手らが構成する労働組合から提訴され、法廷で争うことに。

先日は、ウラジミール ・プーチン首相が、はるばるソチへやってきて、
第二次世界大戦勝利70年を祝う試合が、催されましたけれど、、、



「お遊びでホッケーをやっている場合じゃない!」
こんな声が、サラリーをもらえずにいる選手たちから飛んできても、不思議ではないですね(苦笑)


この他にも、唯一 ラトビアから参戦している ディナモ リガ も、
財政事情から、来季の参戦が危ぶまれるなど、
KHLの主戦場となっているロシアでの、ルーブル下落などによる影響は、
看過できないところまで来ている模様です。



さて、駆け足でKHLの現状を紹介しましたが、ここからが本題です!

このような状況下で、果たしてKHLは、どこへ向かって舵を切るのでしょうか?


ズバリ! 視線の先にあるのは、
2022年の冬季オリンピック開催地に立候補している 「中国」 です !!




複数のメディアの報道によると、ソチ オリンピック組織委員会の理事長を務めた後、
KHLの理事長に就任した ドミトリー ・チェルニシェンコ 氏は、タス通信に対し、
7月末の IOC総会で決定する(予定)開催地が、北京が有力であることを加味して、
中国への進出を望んでいる胸の内を、明かしたそうです。

Dmitry Chernyshenko

◆photo courtesy : KHL



「中国」をターゲットにしているのは、
昨夏の記事でお届けしたとおり、NHLのチームも同様で、
上海や北京の子供たちを対象に、ホッケースクールを開催しています。


しかし、チェルニシェンコ 氏は、「来季には中国で公式戦を開催したい」と公言し、
「長期的には新しいチームを設立させたい」とのプランも!

さらに加えて、北米のメディアなどによれば
「日本韓国 に対しても関心がある」 模様です !!



以前からアジアリーグをご覧になられている方なら、覚えていらっしゃるでしょうが、
かつてアジアリーグの試合を、北欧で開催する日程が組まれながら、
開幕後に会場の変更を強いられてしまい、
「ヨーロッパでのアジアリーグの試合」は、幻に終わってしまいました・・・。

それに代わって、近い将来、
「アジアで KHLの試合」を観戦できる日
が来るのを待ち望みたいですよね !!




アイスホッケー | comments(0) | trackbacks(0)
1 / 318 >>