加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
2016.08.27
Australia Ice Hockey League Goodall Cup Playoffs
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

アジアリーグは、今日から新たなシーズンが始まりますが
赤道を越えた南半球のオーストラリアでは、ホッケーシーズンがクライマックスに差し掛かります。

8チームが加盟している オーストラリアリーグ は、
先週末をもって、4回戦総当たりのレギュラーシーズンが終了し、
プレーオフへ進む上位4チームが決定。

いよいよ今日と明日に、チャンピオンを決めるプレーオフが開催されます!


注目チームは何と言っても、メルボルン アイス

なぜなら、長野オリンピック日本代表で、2年連続日本リーグMVPに輝いた
クリス ・ユール 選手がプレーをしているからです !!

Chris Yule

◆ Photo Provided by Chris Yule



2013年の春に日本製紙クレインズを退団したユール選手は、
今季からメルボルンアイスの一員になりましたが、
現役復帰を果たすに至った経緯などについては、、、




のタイトルで紹介したシリーズ記事をご覧いただくことにして、話を進めていくと、
【ご覧になられていない方は、上記のタイトルをクリックして下さい】 

ユール選手は、23試合に出場し(総試合数は28)
ともにチームで4番目に多い 13ゴール19アシストをマーク。


経験豊富なユール選手の働きも加わって、
レギュラーシーズンをトップで戦い終えた メルボルン アイス は、
チャンピオンチームに手渡されるグドール カップを目指して、セミファイナルで、
レギュラーシーズン 4位の キャンベラ ブレーブ と対戦。

白星を手にすれば、もう一つのセミファイナルで戦う、
レギュラーシーズン2位の パース サンダー vs 3位の ニューキャッスル ノーススターズ の勝者と、
ファイナルで対戦します。


プレーオフは、セミファイナル、ファイナルともに一発勝負。

しかも、他のチームを見渡すと、まずセミファイナルで対戦するキャンベラには、
NHLでドラフト指名を受けたキャリアを誇る、カナダ生まれの大型FWが!


一方、もう一つの準決勝に目を移せば、
2位のパースには、レギュラーシーズンでセーブ率トップだった カナダ人GKが!

対する3位のニューキャッスルには、リーグ得点王とポイント王に輝いたアメリカ人FWというように、
外国籍登録の “助っ人” たちが控えているだけに、息は抜けません。


しかし、メルボルンアイスも、
昨季まで3季続けてプレーオフで敗れているだけに、雪辱を期したいはず。

その意気込みが、こちらの映像 ↓ からも伝わってきます!
(4人目に登場するユール選手を、お見逃しなく !!)





ところで、ユール選手がオーストラリアに渡り、2季のプランクがありながら、
41歳にして現役復帰を果たしたストーリーを、本人へのインタビューを交えて、
YAHOO!ニュースに掲載したところ、、、

Melbourne Ice Official Facebook


メルボルンアイスが、チームのオフィシャルフェイスブックで、紹介してくれました!

◆ courtesy : Melbourne Ice


だからと言うわけではないですが、
YAHOO!ニュースに掲載したストーリーの最後の言葉で、ユール選手へエールを送ります !!

来日1年目に、いきなり日本リーグのチャンピオンになったのに続いて、

移籍1年目にも、アジアリーグのチャンピオンに輝いたユールは、

ホッケー少年だった頃に戻ってパックを追い求め、

復帰1年目の今季もチャンピオンを目指す!



Yuley ! Good Luck For The Goodall Cup Playoffs !!


<追記>
27日に行われたセミファイナルで、
メルボルンアイスは、オーバータイムの末に 3-4 で敗戦・・・。


続く28日のグランドファイナルでは、ニューキャッスル ノーススターズが 2-1 で勝利し、
2連覇を達成しました。


AIHLさん(@theaihl)が投稿した写真 -







アイスホッケー | comments(2) | trackbacks(0)
2016.08.25
Colorado to Name Jared Bednar as New Head Coah
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

コロラド アバランチは、昨日(現地時間)新たなヘッドコーチ(HC)として、
昨季まで AHL のレイクエリー モンスターズ(現クリーブランド モンスターズ)の HC を務めていた
ジャレッド ・ベドナー
(44歳)の就任を発表しました。






ベドナー HC は、上の写真にあるように、
昨季のカルダーカップ(AHL チャンピオン)を手にしましたが、
8季前には、ジェイムス ・ライマー 選手(フロリダ パンサーズ)や、
ブラッド ・ファリヌック 氏(元東北フリーブレイズ)らを擁して、
ケリーカップ(ECHL チャンピオン)も勝ち取ったとあって、
「北米プロホッケー3階級制覇」 の期待が集まります。



ジョー ・サキック GMとの方針の食い違いがあった模様で、
今月11日に、パトリック ・ロワ 前HCが、突然辞任を発表!


こんなセンセーショナルな出来事があって以来、空位になったままでしたが、
レギュラーシーズンの開幕まで「あと48日」に迫ったところで、ようやく新たな指揮官が決まって、
コロラドファンの皆さんも一安心ですね。




NHL | comments(0) | trackbacks(0)
2016.08.25
Sergei Mozyakin Make a New Russian Record Soon
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

シーズン前から何かと話題が多かった今季の KHL は、
アジアリーグに先駆けて、22日(現地時間)にレギュラーシーズンがスタートしましたが、
“主役” の活躍で幕開けとなりました。

その主役の名は、セルゲイ ・モジヤキン 選手です!




ロシア代表でも、主力を担うモジヤキン選手は、
昨季の記事で紹介したとおり、メタルーグ マグニトゴルスクの看板FW

3季前の初優勝時に続いて、王座へ返り咲いた昨季と、
いずれもプレーオフMVPに輝いた “KHLの顔” と呼ぶべき選手なのです!


35歳になりましたが、プレーに衰えは感じられず、
いきなり開幕戦から、ポイントゲッター健在をアピール。

30歳でNHLデビューを飾ったあと、昨季からチェスカ モスクワでプレーしている、
GK ビクトル ・ファス 選手
のミットサイドを抜く、鋭いシュートを決めました。




このゴールで、モジヤキン選手の通算得点は「425」となりましたが、
9季目を迎えるKHLでは、2位以下に大きく差をつけ堂々の第1位。

それだけに注目されるのは、この人の存在です。

1946年から始まったソビエトリーグ、スーパーリーグ時代の記録保持者で、
2000年に国際アイスホッケー連盟の殿堂入りを果たした ボリス ・ミハイロフ




札幌とインスブルックのオリンピックで、金メダルを手にした旧ソビエト代表のFWが、
リーグ戦で記録した通算得点は「428」

モジヤキン選手は、ソビエト時代からホッケー強国として鳴らした、
ロシア(をメインに行われている)のリーグ通算得点記録まで、
「あと3ゴール」 に迫っています!


メタルーグ マグニトゴルクスの次の試合は、今夜に予定されていますが、
もしモジヤキン選手が、昨年9月28日以来のハットトリックを達成すれば、
(ロードゲームですけれど)通算得点トップタイ!

4ゴール以上の大暴れをすると、一気に歴代ナンバーワンとなります !!


たとえ今夜の試合で3ゴールを決められなくても、新記録達成は時間の問題。

ロシア屈指のポイントゲッターが、どこまで記録を伸ばしていくのか !?
期待が集まりますね。




アイスホッケー | comments(0) | trackbacks(0)
2016.08.24
Las Vegas' New AHL Team Will Play in Salt Lake ?
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

昨日の記事で、NHLの一つ下のリーグに相当する AHL(アメリカンホッケーリーグ)では、
ツーソン(アリゾナ州)に新しいチームが誕生する経緯を紹介しました
が、

近い将来、もう一つ、AHLチームが誕生するかもしれない街があります。

それは、「ソルトレイクシティ」(ユタ州)です!


来季から NHL へ加盟するラスベガスのオーナー ビル・フォリー 氏は、
アフィリエイトのAHLチームも、新たに設ける意向を示すとともに、
「ソルトレイクシティは、(AHLチームのホームタウンとして)関心がある」と話したことを、
現地のアナウンサーをはじめ、複数のメディアが伝えています。



ご存知のように、ソルトレイクシティには、
2002年のオリンピックで、メイン会場となったマーベリック センター(当時はEセンター)があります。





現在はAHLの一つ下の ECHLの ユタ グリズリーズ が、ホームアリーナにしていますが、
ラスベガスとは直線距離で600キロ弱とあって、地理的にも有力な候補地だと言えそう。

果たして、オリンピックの舞台となったアリーナで、
AHLのホームゲームが行われる日は、やって来るのでしょうか?





それにしても、先日の記事などで紹介したチーム名や、ヘッドコーチに限らず、
新しいチームには、決めなければならないことが、山積みのようですね。。。(苦笑)




アイスホッケー | comments(0) | trackbacks(0)
2016.08.23
AHL Released Regular Season Schedule
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

NHLの一つ下のリーグにあたる AHL(アメリカンホッケーリーグ)は、
昨夜(現地時間)レギュラーシーズンの日程を発表しました。


今季の開幕は、先月の年次総会後の発表よりも、二日遅くなって 10月14日

チーム名を改めて2連覇を狙う クリーブランド モンスターズ のホームゲームや、
ハーシー べアーズ vs ロチェスター アメリカンズ」という、
(現在加盟している中で)最も長い歴史を誇るチーム同士の顔合わせなど、8試合を皮切りに、
12月22日まで前半戦が続いていきます。

そして、3日間のクリスマスブレイクを挟んで再開される後半戦は、
ホーム用とビジター用のジャージを入れ替えて
選手たちが試合に臨みます。 (詳しくは こちらの記事 をどうぞ!)


ジャージのカラーのみならず、いくつかの新しいルールも導入されるレギュラーシーズンは、
昨季から新設されたパシフィック ディビジョンに所属する6チームが、「68試合」
それ以外のディビジョンに所属する24チームは、「72試合」 を、4月15日まで戦い、
ディビジョンのトップチームと、ポイント(勝点)獲得率上位7チームが、
東西両カンファレンスのプレーオフへ進みます。


81回目の開幕まで、あと50日あまりとなりましたが、今季のAHLで注目すべきチームを紹介すると、
まずウエスタン カンファレンスでは、アリゾナ コヨーテスのアフィリエイトチームの






アリゾナは、昨季まで東海岸のマサチューセッツ州を拠点としていた、
スプリングフィールド ファルコンズを、AHLのアフィリエイトチームにしていましたが、
チームの運営権を買い取って、同じアリゾナ州のツーソンに移転。

選手の入れ替えもスムーズになり、チームにとってプラスになるだけでなく、
お披露目の際には、多くのメディアやファンも集まった模様なので、
新たなマーケットとしての期待も、集まりそうです!





一方、イースタン カンファレンスの注目チームは、


先ほど紹介したとおり、スプリングフィールドは、
アリゾナに運営権を買われてしまったことにより、ツーソンへ移りましたが、
昨季まで、スプリングフィールドを運営していた会社が、
同じマサチューセッツ州でホームゲームを行っていた ポートランド パイレーツ の運営権を取得。

さらに、アフィリエイトチームを、アリゾナへ持っていかれてしまったフロリダ パンサーズと、
新たに契約を結ぶとともに、
古くから様々なカテゴリーのチームが、歴史を積み重ねてきたスプリングフィールドへ移転させ、
装いも新たに「サンダーバーズ」のチーム名で、AHLに挑みます。




NHLとAHL、ECHLのアフィリエイトチームは、
成績や選手の育成、運営スタイルや利益性、そして契約額などによって、変化してきましたので、
このような事例は珍しくありませんけれど、もし日本でたとえると、、、
今季から苫小牧がクレインズのホームになる!
ようなもの(!?)


スプリングフィールドのファンたちは、どんな想いで観戦するのでしょう???




Check
アイスホッケー | comments(0) | trackbacks(0)
1 / 379 >>
__