加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
2018.11.12
SAVE OF THE YEAR 2018 - 3rd CANDIDATE
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

レギュラーシーズンが中盤に入ったNHLでは、
一昨日と昨日(現地時間)の週末に、多くの試合が組まれました。

31チームのうち6チームは「バックトゥバック」と呼ばれる2連戦。

NHLでは2連戦に臨む際、ほとんどのチームが先発GKを代えるため、
多くのGKのプレーが見られましたが、その中から「語りべ」が選んだ、、、
の有力候補のプレーを、ご覧いただきましょう。


カロライナ ハリケーンズの スコット・ダーリング 選手が披露した ↓ このセーブです!




スタイルはともかく、絶対にシュートを止めてやるぞ!
という強い気持ちが伝わってくるセーブですね。

カロライナはNHLでは珍しく、3人もGKを登録しているだけに、
ダーリング選手にとって、このセーブが守護神獲得へのアピールとなるでしょうか?




PLAY OF THE YEAR | comments(0) | trackbacks(0)
2018.10.16
GOAL OF THE YEAR 2018 - 9th CANDIDATE
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

前回の「語りべ」通信では
“針の穴を通す”(という言葉も最近はあまり耳にしないですね)ような、
エフゲニ・クズネツォフ選手のシュートを紹介しましたが、
引き続いて今日の「語りべ」通信でも、KHLの試合の中から、、、
「GOAL OF THE YEAR 2018」
の候補となるプレーを紹介します!



「・・・・・・・・」


GOAL OF THE YEAR というより、、、
「OWN GOAL OF THE YEAR」
となってしまいましたが(苦笑)、
思わぬ形で同点とされたアバンガルド オムスク(赤)は、
気持ちを切り替え、その後に勝ち越しゴールを決めて、5-3 のスコアで勝利。

ユーリ・リャプキンアリーナに集まった5300人のファンを沸かせました。


開幕目前にホームアリーナが使えない! という災難に遭ったオムスクですが、
この試合を終えた時点でイースタン カンファレンスの2位と、
まるで「開幕前に厄払いが済んだ」かのように、好調が続いているようです。




PLAY OF THE YEAR | comments(0) | trackbacks(0)
2018.10.14
GOAL OF THE YEAR 2018 - 8th CANDIDATE
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

前回の「語りべ」通信で、
「10月に入って、NHLが開幕したのに続いて、AHLも(その後、さらにECHLも)、
開幕するなど、いよいよ本格的なホッケーシーズン到来です!」
と書いたように、各国で新たなシーズンの戦いが繰り広げられています。


そこで、今回の「語りべ」通信でも、新たなシーズンの戦いの中で見られた、
に数えないわけにはいかない ↓ こちらのゴールシーンを、ご覧いただきましょう!!





シュートを放ったワシントン キャピタルズの エフゲニ・クズネツォフ選手 は、
「パスを出そうとして(味方へのパスラインを)探したのだけれど、
何が起こったのかは分からなかったね。ラッキーなシュートだったと思うよ」
と自慢するような素振りは、全く見せなかったとのこと。


しかし、ビジターゲームまで応援に駆けつけたトロント メイプルリーフスのファンたちも、
驚きの表情を浮かべていたほどの高いスキルは、まさしくハンパないシュート!

昨季のコンスマイス トロフィー(プレーオフMVP)に輝いた
キャプテンの アレックス・オベチキン 選手を差し置いて、
ロシアのメディアから、昨季の「ロシア人最高の選手」に選ばれたのも、
このような突出したスキルを目の当たりにすれば、誰もが納得ですね。



NHL | comments(2) | trackbacks(0)
2018.10.07
GOAL OF THE YEAR 2018 - 7th CANDIDATE
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

10月に入って、NHLが開幕したのに続いて、一昨日(現地時間)からはAHLも開幕するなど、
いよいよ本格的なホッケーシーズン到来です!


そんな中、既に先月1日に開幕し、熱戦が続いている KHL で、
の有力候補となるプレーが飛び出しました!


今季から、ヴィチャス パドロスク の一員となった、
アレクサンダー・セミン 選手(白#28)が披露した、
二つのゴール(1点目と3点目)です !!




2点目(二つ目のゴールシーン)でもアシストを記録したセミン選手は、
この試合で、チームの全得点に貢献(2G1A)する活躍を見せ、
敵地に駆けつけたヴィチャスのファンへ、勝利をプレゼントしました。



開幕前にYahoo!ニュースに掲載した今季のKHLプレビューでも紹介しましたが、
カロライナ ハリケーンズへFA移籍をしてからは振るわず現役引退を表明し、
一時は大学生となったものの、再びアイスホッケーの道へ。

一昨季は下部リーグのチームなどでプレーをしていましたが、
KHL復帰を決意してヴィチャスのトレーニングキャンプに参加し、
2季ぶりのKHL復帰を果たしました。


レベルの高いリーグでプレーしていなかったブランクによる影響が大きいのか、
開幕2戦目に、KHL復帰初得点をマークしたあと、8試合連続ノーゴール・・・。

しかし、1か月ぶりにセミン選手がゴールを決めたとあって、
ヴィチャスのファンではなくとも、これから背番号「28」の活躍が楽しみになりますね!


★ 本日の小ネタは・・・
続きを読む >>
PLAY OF THE YEAR | comments(2) | trackbacks(0)
2018.10.05
シカゴブラックホークス復活のキーマンは「柴犬と寿司を愛する20歳」
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

NHLのレギュラーシーズンが、一昨日(現地時間)開幕しました!

「オリンピック」や「ワールドカップ」のスウェーデン代表として活躍した大物選手の移籍など、
オフの間に多くのニュースが届いてきたとあって、開幕を心待ちにしていた人も多いのでは?


なかでも、昨季は低迷してしまったチームのファンの胸の内には、
「今季はリベンジだ!」との想いが、強くあるに違いないはず。

そんなホッケーファンの中に、
シカゴ ブラックホークス のファンの方は、いらっしゃいませんか?


シカゴと言えば、2002-03シーズンを皮切りに、
5季続けて(ロックアウトによるシーズンキャンセルの年を含まず)レギュラーシーズンで敗退・・・。

しかし、10季前(2008-09シーズン)にプレーオフ進出を果たすと、
その後は9季続けてプレーオフへ勝ち上がり、そのうち3度もスタンレーカップを獲得!




「近年のNHL最強チーム」と呼んでも過言ではない成績を残しています。


ところが、昨季は開幕から波に乗れずに低迷し、
10季ぶりのレギュラーシーズン敗退に終わってしまいました。


それだけに、今季のスタートが大いに注目される中、
昨夜、ホームアリーナのユナイテッドセンターに、オタワ セネターズを迎え、開幕戦に臨みました。


巻き返しへ意気込むシカゴの選手の中で輝いていたのが、
アレックス・デブリンケット 選手(FW・20歳)!




まだまだ少年のような雰囲気も残っているデブリンケット選手ですが、
低迷してしまった昨季のシカゴの中で、
ルーキーながら、FWの役割を十全に果たしチームの得点王(28ゴール)となる大活躍!

チームがプレーオフに進めなかったことから、
アメリカ代表のメンバーに選ばれ、世界選手権のメンバーに選ばれました(白#12)。




世界選手権では、シカゴのチームメイトでもあるパトリック・ケイン選手に次ぐ、
8アシスト(10試合出場)をマークするなどして、存在をアピール!


さらにデブリンケット選手(シカゴでも白#12)は、
昨夜の開幕戦でも、今季のチーム初得点をゲットしました!!



このような活躍を目の当たりにすると、「2年目のジンクス」という言葉には無縁の模様だけに、
シカゴファンの方は、
「ブラックホークス復活のキーマンだ!」
と呼びたくなってしまうのでは?(笑)



そんなデブリンケット選手の素顔を垣間見ると、
「柴犬と寿司を愛する20歳の選手」!





とはいえ、ホッケーに対する探究心も持ち合わせている上に、
日本への関心も高いようなので、
シカゴファンだけでなく、日本全国津々浦々のホッケーファンの方は、ぜひ注目してください!


そんなデブリンケット選手のストーリーを、
「語りべ」が執筆を担当している Yahoo! News にアップしましたので(こちらをクリック)、
3連休をくつろぎながら、お時間のある時にぜひご覧ください。



NHL | comments(0) | trackbacks(0)
1 / 417 >>
__