加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
2006.12.08
頑張れ横国ホッケー部<8>
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

10月1日に開幕した関東大学リーグは、いよいよ大詰めに差し掛かっています。
上位10校で争われてきた1部リーグは、今週末、
東洋大学、早稲田大学、明治大学、法政大学の4強による、
決勝トーナメントが行われ、優勝校が決定します。

その一方で、昨季のリーグ戦で、見事に全勝優勝を飾って、
4部から3部リーグに再昇格を果たした 横浜国立大学 は、
一足早く、全日程を戦い終えました。

主力選手が多く卒業しただけに、
開幕前から、戦力ダウンが懸念された、今季の横浜国大でしたが、
初戦となる神奈川大学との試合で、いきなり0−8の完封負け。

「3部残留」という目標達成も危ぶまれましたが、
「ウチはどんどん強くなってきて、日に日に自信を深めています」
という小林晴信キャプテンの言葉どおり、
次の試合から、一気に4連勝するなど、大健闘!
  ゴールは任せろ! ゴールをゲットして喜ぶ横浜国大の選手たち 快勝に思わずニッコリ!
「予想外の展開」と中島弘康監督もビックリの、4位(8チーム中)となって、
入替戦に進むことなく、「3部残留」の目標を、楽々とクリアしました!

来春、卒業を控える4年生は、キャプテンの小林選手のみのため、
今季ほどの大きな戦力ダウンとはならない様子。
それだけに、来季は “2部昇格” を目指して、頑張ってください!

◆special thanks マネージャー・ハマ子
「昇格あるのみ!」頑張れ横国ホッケー部 | comments(4) | trackbacks(0)
2005.12.07
「昇格あるのみ!」頑張れ横国ホッケー部<7>
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

関東大学リーグ3部昇格を賭けた、横浜国立大と慈恵会医大の “最終決戦”が、
今日、サントリー東伏見アイスアリーナで行われ、
手に汗握るスリリングな展開の末、5−4で横浜国大が勝ちました!

これで横浜国大は7戦全勝!
4部リーグ優勝を果たし、降格を喫した昨季の悔しさを晴らして、3部再昇格となりました!
     やったぜ、全勝優勝!

今日の横浜国大は、いきなりアクシデントに見舞われてしまいました!

ナント! 防具を積んでリンクに向かっていた車が、突然故障。

そのため、数人の選手の防具が、試合開始時間に間に合わなかったため、
ベストメンバーが組めないまま、フェイスオフ。

しかし、ケガで欠場中の#1田中紀壮選手のユニフォームを着て出場した山下高選手が、
GKに転向したばかりとは思えないほどの好セーブを見せれば、
FW#21渡辺悠太選手も、「今日の試合に出られて良かったです」と笑顔を見せたように、
デビュー戦ながら、先制点のアシストをマークするなど大活躍して、
チームの士気を高めました!

2−2で迎えた第2ピリオドからは、
今季エースGKとして活躍している#39高田恵介選手と、
第1セットのウイングFW16杉原弘恵選手が、ようやく戦列に。

ベストメンバーとなった横浜国大は、
2分47秒に、DF#28上田和裕選手からの長い縦パスを受けた、
ポイントゲッターのFW#19上原大樹選手が、
相手GKの左肩口を抜くファインゴールを決めて、3−2と勝ち越しに成功!
     FW#19上原大樹選手がファインゴールをゲット!

その後、慈恵会医大にリバウンドをねじ込まれて、
同点に追いつかれてしまったあとの8分55秒にも、
再び上原選手が、鮮やかな個人技で相手選手を交わしながら、
ディフェンディングゾーンから一人で持ち込んで、超・技ありのゴールをゲット!

横浜国大は、上原選手の連続ゴールで、再びリードをしましたが、
粘る慈恵会医大も、13分12秒にまたまた追いついて、4−4。

両校ともに一歩も譲らず、勝負の行方は、第3ピリオドに!

整氷時間を挟んでスタートした第3ピリオドは、まさにガチンコ勝負!
3部昇格を目指す両校の気持ちが、リンク上で激しくぶつかりあいました。

そんな気持ちが強かったのは、前回の記事でも紹介した、横浜国大の4年生選手。

キャプテンのFW#14土屋智大選手を筆頭に、
「この試合に勝って、後輩たちを3部でプレーさせてあげよう!」
という思いが、スタンドまで伝わってきました!
    チームを引っ張るFW#14土屋智大キャプテン

両校ともに一歩譲らないまま時計は進んで、試合の残り時間は30秒!

引き分けでは、総得失点差によって、優勝できない慈恵会医大は、6人攻撃を仕掛けますが、
第1ピリオドに2得点しているFW#11窪田昌佳選手が、
ハットトリックとなるエンプティネットゴールを決めて、5−4。

激闘の末、慈恵会医大を振り切った横浜国大が、見事に全勝優勝を飾りました!
「楽しかったです」とニッコリの土屋智大キャプテン
試合後、何人かの選手が目を潤ませていたのと対照的に、
土屋智大キャプテンは、ニッコリ!

「みんなで作ったんです」という、
特製の “横国スウェット”に着替えて、ロッカールームから出てくると、
「プレーしていて、今日は楽しかったです」と、
とびっきりの笑顔を見せてくれました!

そんなキャプテンの言葉があったからというのではなく、
今日の “最終決戦” は、ホッケーファンの一人として、
「おもしろかった!」と、純粋に思えた試合でした。

一生懸命にパックを追い続けて、
アジアリーグのプレーオフにも負けないような、勝負の醍醐味を見せてくれた、
横浜国大と慈恵会医大の選手たちに、「語りべ」は大きな拍手を送りたいと思います!

慈恵会医大の皆さんには、10日に行われる入替戦での健闘を期待します!

そして、横浜国大の皆さんには、心からのメッセージを送ります。

「優勝おめでとう !!」

「昇格しました!」横浜国大ホッケー部

every game photos by Tomoki Watabe
「昇格あるのみ!」頑張れ横国ホッケー部 | comments(8) | trackbacks(0)
2005.12.05
「昇格あるのみ!」頑張れ横国ホッケー部<6>
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

関東大学リーグ3部再昇格を目指す、横浜国立大学ホッケー部が、
いよいよ決戦の時を迎えようとしています!

前回の記事でお伝えした、一橋大戦を終えたあと、
23日に行われた立正大戦でも、6−1と快勝!

これで開幕から無傷の6戦全勝ですが、まだまだ息は抜けません。
というのも、最終戦で対戦する慈恵会医大も、目下6連勝中。

横浜国大と同じように、慈恵会医大も、今季から4部に降格。
悔しい思いをしたため、
こちらも「昇格あるのみ!」と張り切っているようです。

ここで関東大学リーグの規定を確認しておくと、
4部リーグで優勝すれば、3部リーグの最下位(8位)校と入れ替わって、自動昇格。
もし2位になってしまうと、3部リーグの7位校と一発勝負の入替え戦を戦わなくてはなりません。

それだけに、横浜国大の選手たちは、
7日に行われる最終戦へ向けて、意気盛ん!

そんな最終決戦で、「語りべ」が期待したいのは、やっぱり4年生の選手たち!
関東大学リーグを終えると、もう公式戦が組まれていないので、
文字どおり “有終の美” を飾りたいところです。

決戦へ向けてトレーニング!その思いは、下級生たちも同じのようで、
ただ一人の3年生、FW#8小林晴信選手が、
「ホッケーだけじゃなく、日常生活でもお世話になってきて、
自分を育ててくれた人たちだから、
優勝して引退に花を添えたいと思っています!」
と話してくれたように、
厳しいトレーニングを積んで、最終戦に備えています。

そんな下級生たちの思いを背に受けて、最終戦に臨む、4年生を紹介しましょう!

FW#11窪田昌佳選手
まず期待したいのは、
前回の本日の小ネタで「アイドル説 !?」も飛び出した、
FW#11窪田昌佳選手。

前の試合でも、立正大相手にハットトリック!
最終戦でも、大暴れしてくれそうです !!
FW#10林伊吹選手
FW#10林伊吹選手も、立正大戦では、ダメ押しゴールをゲット!

ちなみに林選手は、FWでプレーしていますが、元々はGK。
大ファンだという福藤豊選手が、AHLマンチェスターで頑張っているように、
林選手にも、最終戦では頑張って欲しいところです。
DF#2角田篤選手頑張って欲しいといえば、DF#2角田篤選手。
DFペアを組んでいる1年生の#37島田崇選手に、
いつもアドバイスを送っている、心優しき副キャプテン!

バイト先のハマボウルスケートセンターでも、
練習中の子供たちに対して、常に笑顔!
リンクの職員の人たちから、「味のある奴」と言われているのだそうです。

GK#1田中紀壮選手味のある奴なら、GK#1田中紀壮選手。
本来ならば、守護神として最終戦のマスクを被るはずなのですが、
ヒザを負傷してしまって、ここまで全く試合に出ることができません。

走ることさえできなかった大ケガにもかかわらず、
田中選手は、休むことなく必ず練習に顔を出して、
後輩選手たちを指導していたとのこと。
この “チーム愛” が、最終戦で実って欲しいところです。

FW#14土屋智大キャプテン
“チーム愛” なら、この人も負けてはいません。
横浜国大のまとめ役、FW#14土屋智大キャプテンは、
最終戦を前にして、こんな意気込みを話してくれました。

「最終戦であろうが、相手がどこであろうが、関係ないですよ。
横浜国大のホッケーをやるだけです!」


関東大学リーグ開幕前に、土屋キャプテンが話してくれた、
「昇格あるのみ!」というスローガンを現実のものとするために、
7日13時30分から、サントリー東伏見アイスアリーナで、
横浜国大ホッケー部の選手たちが、最終戦に臨みます!


※横浜国立大学が参戦している関東大学リーグ四部の日程結果は、
  東京都アイスホッケー連盟のホームページでチェックできます!

every photos by マネージャー・ハマ子
「昇格あるのみ!」頑張れ横国ホッケー部 | comments(3) | trackbacks(0)
2005.11.24
「昇格あるのみ!」頑張れ横国ホッケー部<5>
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

10月8日に開幕した関東大学リーグは、
いよいよ佳境へと差し掛かってきました!

「語りべ」が応援する横浜国立大の戦いも、あと2試合を残すのみ。

今日、サントリー東伏見アイスアリーナで、立正大と対戦しますが、
その前に、18日に行われた、一橋大戦のレポートです!

横国ベンチ目標の3部昇格へ向けて、
試合前から、意気込み十分の横浜国大。

しかし、この日は、
春の国公立大学リーグで、5−0と快勝した一橋大相手に、
第2ピリオド序盤まで、1−2とリードされてしまうイヤーな展開。

しかし、そんな流れを断ち切ったのが、4年生FW #11窪田昌佳選手!(写真)
窪田昌佳選手
第2ピリオド8分49秒に、
ノーマークのチャンスから鮮やかに同点ゴールを決めると、
第3ピリオド立ち上がりには、
#19上原大樹選手の逆転ゴールを演出するナイスアシスト!
さらに、その後も、
チームに追加点をもたらせるゴールあり、アシストありと、大暴れ!

上原選手の活躍もあって、一橋大を7−2と逆転で下して開幕5連勝!

しかし、横浜国大と同じように、
昨季、3部から降格してしまった慈恵会医大も全勝中。

4部で優勝すると、入替戦を戦わずに自動昇格となるので、
あくまで目標は「全勝するつもりです!」(#14土屋智大キャプテン)

常に、こう話しているキャプテンの言葉どおり、
全勝優勝へ向けて、頑張れ横国ホッケー部!


※横浜国立大学が参戦している関東大学リーグ四部の日程結果は、
  東京都アイスホッケー連盟のホームページでチェックできます!

every photos by マネージャー・ハマ子


★本日の小ネタは…
続きを読む >>
「昇格あるのみ!」頑張れ横国ホッケー部 | comments(2) | trackbacks(0)
2005.11.15
「昇格あるのみ!」頑張れ横国ホッケー部<4>
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

関東大学リーグ三部再昇格を目指す、
横浜国立大ホッケー部を応援するこのシリーズも、4回目となりました。

第1回目の記事で紹介したように、
マネージャー・ハマ子ちゃんの全面バックアップと、
彼女を通じて、チームの皆さんが協力してくれることに大感謝! のシリーズです。

そんな好意に甘え続けてしまっていた「語りべ」は、
恥ずかしながら、これまで横浜国大の試合を一度も見る機会がなかったのですが (ゴメンナサイ!)
ようやく、スケジュールを合わせることができたので、
10日に行われた獨協大戦を、遅ればせながら初観戦しました!

横浜国大vs獨協大試合のほうは、前回の千葉大戦で、チームの全5得点をゲットした、
FW#19上原大樹選手の先制ゴールなどで、
主導権をつかんだ横浜国大が、7−1と快勝!

これで開幕から4戦全勝と、
目標の三部昇格に、また一歩近づきました。

横浜国大vs獨協大ところで、初観戦した「語りべ」の率直な感想ですが、
レベルの高さにビックリさせられました!

また、それ以上に驚かされたのは、とにかく一生懸命だったこと。
選手はもちろん、ビデオを撮影しているマネージャーさんたちからも、
自分たちのチームを愛する気持ちが、ヒシヒシと伝わってきました!

試合後、キャプテンの#14土屋智大選手に、
チームのセールスポイントは? と聞いてみると、
「みんなが一生懸命ホッケーをしていることですね」
という、思わず納得の答えが返ってきました。

チーム全員が、横浜駅にほど近い、ハマボール・スケートセンターで、
部費を捻出するためにアルバイトをしながら、練習する毎日。

超・好青年の、土屋智大キャプテン!キャプテンの土屋選手も、4年間続けてきたバイトの成果で、
「ザンボニーの運転は、うまいですよ」と笑っていました。

ほとんどの選手が、高校まではホッケー未経験。
土屋選手も、「新入部員勧誘でおもしろそうだなと思って」始めたそうですが、
学校、バイト、そして深夜の練習という日が続いても、
「今まで、一度もホッケー部を辞めようとは思わなかったです」とキッパリ。
チームを愛し、ホッケーを愛する選手が集まった、横浜国大ホッケー部。

次は18日に、一橋大と対戦します!


※横浜国立大学が参戦している関東大学リーグ四部の日程結果は、
  東京都アイスホッケー連盟のホームページでチェックできます!
「昇格あるのみ!」頑張れ横国ホッケー部 | comments(5) | trackbacks(0)
1 / 2 >>
__