加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
2018.06.08
アジアリーグで優勝した選手の従弟(いとこ)がNHLで優勝した!
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

今季のNHLのチャンピオンを決める「スタンレーカップ ファイナル」第5戦が、
昨夜(現地時間)ラスベガスのT-モバイルアリーナで行われ、
ワシントン キャピタルズが、ベガス ゴールデンナイツに 4-3 のスコアで勝利。

この日の勝利でファイナル4勝目を手にしたワシントンが、
チーム創設44季目にして、初めてのスタンレーカップ(=優勝トロフィー)を手にしました!

★試合の内容やハイライトは、YAHOO! NEWSに掲載中の「語りべ」のサイト をご覧ください。





「NHLの選手は、あまり知らないなぁ」という方も、なかにはいらっしゃるかもしれませんが、
今季のチャンピオンに輝いたワシントン キャピタルズの選手には、アジアリーグと縁がある選手も!

それは、こちらの ↓ 選手です。





ワシントンのキャプテンとしてチームを優勝に導き、
コンスマイストロフィー(プレーオフMVP)に選ばれ、
レギュラーシーズンでは、モーリス リチャード トロフィー(最多得点賞)に輝いた、
アレックス・オベチキン 選手!

ではなくて、その隣(向かって左)にいる、
チャンドラー・スティーブンソン 選手(FW・24歳)です。


名前を聞いて「ひょっとしたら?」と思われた方もいるのでは?

実は、東北フリーブレイズで、アジアリーグと全日本選手権の優勝経験がある、
ローガン・スティーブンソン 選手の 「従兄(いとこ)」なのです!



ローガン選手は、2004年にフェニックス コヨーテス(当時)から、
ドラフト2巡目(全体35番目)指名を受けながら、NHLデビューを飾ることはできませんでした。




しかし、従弟のチャンドラー選手は、スタンレーカップに名前が刻まれることに !!


かつては、エサ・ティッカネン 選手(元ハルラウィニアFW)を筆頭に、
NHLの優勝経験者のプレーを、アジアリーグで見ることができましたが、近年は・・・。


来季終了までワシントンとの契約が残っているので、プレーをするのは無理にしても、
スタンレーカップを携え、従兄を訪ねて夏の八戸旅行に来てもらえないでしょうかねぇ(笑)
NHL | comments(0) | trackbacks(0)
2018.06.01
絶対不登校にならないクラス
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

NHLの「スタンレーカップ ファイナル」が、月曜日(現地時間)から始まりましたが、
今季のチャンピオンを決める戦いが繰り広げられている一方で、
既に敗れた29チームの選手たちは、オフシーズンに入り、様々な過ごし方をしている模様です。


その中から、今日の「語りべ」通信で紹介するのは、↓ この人!




ナッシュビル プレデターズ の P.K.スバン 選手


カンファレンス セミファイナル(CSF=2ndラウンド)で敗れてしまったスバン選手は、
ゆっくりとオフを満喫中!


ではなくて、アメリカでも屈指の名門校の一つに数えられる、
ハーバード大学 の学生に!





ちなみに、同じクラスには、、、




同じくCSFで敗れたボストン ブルーインズの ズデノ・チャラ 選手の姿も!

どちらもノリストロフィー(最優秀DF賞)に輝いた経歴を誇る、
NHLを代表するプレーヤーが揃ってクラスメイトだなんて !!

ホッケーファンだったら、絶対不登校にならないですね(笑)


NHL | comments(4) | trackbacks(0)
2018.05.08
NHLプレーヤーにも試合前のルーティンがある!
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

NHLはスタンレーカップを目指すプレーオフの戦いが続いています。

ホッケー界の最高峰を舞台とするNHLプレーヤーも、
プレーオフに限らず、縁起を担いだり、
試合前のルーティンを欠かさない選手が、少なくないようです。


一昨季、昨季とピッツバーグ ペンギンズ の一員として、
連覇を達成した トム・クハンクル 選手は、試合前のスターター紹介に合わせて、、、
(リンク内が暗くなっていますが、口元に ご注目!)




いろいろなルーティンがあるようですね(笑)


残念ながら、昨夜(現地時間)の試合に敗れて、3連覇はならなかっただけに、
このオフは、故郷のドイツへ戻って、
来季の新たなルーティンを見つけないと、いけないかもしれません???




NHL | comments(0) | trackbacks(0)
2018.04.19
あなたはNHL派? それともKHL派?
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

アジアリーグは先月末にファイナルが終了し、シーズンオフとなりましたが、
世界のホッケー界を見渡すと、今季のクライマックスを迎えているリーグも見られます。

NHLではプレーオフのカンファレンス セミファイナル(1stラウンド)の戦いが、
今月11日(現地時間)からスタート!

スタンレーカップを目指して戦うプレーオフになると、選手やコーチはもちろん、
中継をするテレビ局も、レギュラーシーズンにも増して熱がこもっています!


以前の記事で紹介した世界でも屈指の人気を誇る「ホッケーナイト イン カナダ」で、
生中継の最初に流れるオープニング映像は、ホッケーファン以外からも好評だとのこと。




これを見て「負けてられるかッ!」と思ったのか、
王者を決めるガガーリンカップ ファイナルが、14日から始まっている KHL でも、
「ホッケーナイト イン カナダ」に負けじと、
レギュラーシーズン中から流していた試合のハイライト版に加え、
ファイナルが始まってからは、公式動画サイトでイメージ映像も配信。



「ホッケーナイト イン カナダに対抗したの?」
ご覧になった方たちから、こんな声が聞こえて来そうですね(笑)


日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さんは、NHL派? それともKHL派?
どちらの映像がお好みですか?



NHL | comments(0) | trackbacks(0)
2018.04.17
「良かったね!」と「良かったの?」
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

NHLのプレーオフは、各地で激しい戦いが続いていますが、
ワシントンD.C.のキャピタルワンアリーナでは、試合前のウォームアップの際に ↓ こんな光景が!




ワシントン キャピタルズの ブレット・コノリー 選手からのプレゼント(パック)を、
ようやく手にしてニッコリ! 

周りの観客からも 「良かったね!」 と声が飛んでいそうですね。


一方、今季のチャンピオンを決める ガガーリンカップ ファイナル が始まったKHLでは、
第1戦の前に、日本人宇宙飛行士の金井宣茂(のりしげ)氏らとともに、
昨年12月にソユーズ宇宙船で宇宙空間へ向かったアイスホッケーパック
を使った、
セレモニアル パックドロップ(記念フェイスオフ)を実施。

КХЛさん(@khl)がシェアした投稿 -



さらにKHLは、パックだけでなく、ガガーリンカップ(優勝トロフィー)を、
第1戦と第2戦の舞台となるカザニのタテニェフト アリーナまで運び、
“頂上決戦”への期待感を高めました。



そんな粋な演出に喜んでいたのが、地元のキッズプレーヤーたち!

なかなか見ることのできないガガーリンカップがやって来たとあって、
将来のKHLのスター候補たちは、大喜びの様子 !! 

ではあったのですけれど、、、

Courtesy:ガガーリンカップがやってきた(@khl_eng)
(Courtesy:@khl_eng)  

「NHLで優勝するよりも前に、
スタンレーカップに触ってしまうと、
その選手はNHLで優勝することができない」

と言われ続けていますが、
KHLには、このような言い伝えはないのでしょうか???


将来のKHLのスターを目指す、カザニの子供たちに、
ガガーリンカップに触ってしまって、「良かったの?」 と、聞きたくなりますが、
ホームアリーナからスタートしたAKバルスカザニは、初戦と第2戦で連勝スタートを切ったとあって、
きっと気にしていないでしょうね(笑)


KHLのチャンピオンを決めるガガーリンカップ ファイナルは、
舞台をモスクワに移して、明日(現地時間)第3戦が行われます。





NHL | comments(0) | trackbacks(0)
1 / 134 >>
__