加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
2018.10.16
GOAL OF THE YEAR 2018 - 9th CANDIDATE
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

前回の「語りべ」通信では
“針の穴を通す”(という言葉も最近はあまり耳にしないですね)ような、
エフゲニ・クズネツォフ選手のシュートを紹介しましたが、
引き続いて今日の「語りべ」通信でも、KHLの試合の中から、、、
「GOAL OF THE YEAR 2018」
の候補となるプレーを紹介します!



「・・・・・・・・」


GOAL OF THE YEAR というより、、、
「OWN GOAL OF THE YEAR」
となってしまいましたが(苦笑)、
思わぬ形で同点とされたアバンガルド オムスク(赤)は、
気持ちを切り替え、その後に勝ち越しゴールを決めて、5-3 のスコアで勝利。

ユーリ・リャプキンアリーナに集まった5300人のファンを沸かせました。


開幕目前にホームアリーナが使えない! という災難に遭ったオムスクですが、
この試合を終えた時点でイースタン カンファレンスの2位と、
まるで「開幕前に厄払いが済んだ」かのように、好調が続いているようです。




PLAY OF THE YEAR | comments(0) | trackbacks(0)
2018.10.07
GOAL OF THE YEAR 2018 - 7th CANDIDATE
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

10月に入って、NHLが開幕したのに続いて、一昨日(現地時間)からはAHLも開幕するなど、
いよいよ本格的なホッケーシーズン到来です!


そんな中、既に先月1日に開幕し、熱戦が続いている KHL で、
の有力候補となるプレーが飛び出しました!


今季から、ヴィチャス パドロスク の一員となった、
アレクサンダー・セミン 選手(白#28)が披露した、
二つのゴール(1点目と3点目)です !!




2点目(二つ目のゴールシーン)でもアシストを記録したセミン選手は、
この試合で、チームの全得点に貢献(2G1A)する活躍を見せ、
敵地に駆けつけたヴィチャスのファンへ、勝利をプレゼントしました。



開幕前にYahoo!ニュースに掲載した今季のKHLプレビューでも紹介しましたが、
カロライナ ハリケーンズへFA移籍をしてからは振るわず現役引退を表明し、
一時は大学生となったものの、再びアイスホッケーの道へ。

一昨季は下部リーグのチームなどでプレーをしていましたが、
KHL復帰を決意してヴィチャスのトレーニングキャンプに参加し、
2季ぶりのKHL復帰を果たしました。


レベルの高いリーグでプレーしていなかったブランクによる影響が大きいのか、
開幕2戦目に、KHL復帰初得点をマークしたあと、8試合連続ノーゴール・・・。

しかし、1か月ぶりにセミン選手がゴールを決めたとあって、
ヴィチャスのファンではなくとも、これから背番号「28」の活躍が楽しみになりますね!


★ 本日の小ネタは・・・
続きを読む >>
PLAY OF THE YEAR | comments(2) | trackbacks(0)
2018.10.05
SAVE OF THE YEAR 2018 - 2nd CANDIDATE
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

10月に入りホッケーシーズン到来となりましたが、
今日の「語りべ」通信では、久しぶりに、、、
の候補となるプレーを、ご覧いただきましょう。


ワシントン キャピタルズのブレイデン ホルトビー選手(白#70)が、
昨夜(現地時間)の試合で披露した ↓ このセーブです!




ホルトビー選手のスーパーセーブと言えば、
昨季のスタンレーカップ ファイナルで見せた ↓ スーパーセーブが話題になりましたが、、、



それに匹敵するスーパーセーブだと評しても、過言ではないシーンですね!


しかし、スタンレーカップ ファイナルのスーパーセーブは、
「ワシントンに初優勝を呼び込む大きなプレーだった」と評されたのに対して、
昨夜のホルトビー選手は、スーパーセーブを披露した一方で、
7失点(34セーブ)を喫して、オーバータイム負けとあっては、
「スーパーセーブ!」だと称賛されても、きっと喜んではいないでしょうね・・・(苦笑)



PLAY OF THE YEAR | comments(0) | trackbacks(0)
2018.09.28
GOAL OF THE YEAR 2018 - 6th CANDIDATE
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

9月も残り少なくなりました。

アジアリーグをはじめ、既に開幕を迎えて、熱戦が繰り広げられているリーグも多いので
今日の「語りべ」通信では、その中からピックアップした、、、
の有力候補となるプレーを紹介します!


KHLのジュニアリーグに相当する「MHL」の、スカ1946サンクトペテルブルグで、
今季からプレーしている ワシリ・ポドコルジン 選手(FW・17歳/白#19)が、
昨夜(現地時間)のMHKクリリヤ ソビエトフ戦で見せた ↓ このゴールです !!




鮮やかなスティックワークとスピードを披露したポドコルジン選手については、
KHLの開幕前に「フューチャースター」の筆頭候補として、
「語りべ」が担当している Yahoo!ニュースのサイトで既に紹介をしました。
(ご覧になっていない方は ↓ こちらをクリックしてください)




ロシアのホッケーファンはもちろん、北米のホッケーファンも既に大注目している選手で、
来年のNHLドラフト全体1位指名の最有力候補! との呼び声も高く、
既にMHLの公式戦で6ポイント(9試合出場:4ゴール2アシスト)と、結果も残しています。

それだけに、日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さんは、
「ワシリ・ポドコルジン」
という名前を、お忘れなく!







PLAY OF THE YEAR | comments(0) | trackbacks(0)
2018.09.09
GOAL OF THE YEAR 2018 - 5th CANDIDATE
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

今日の「語りべ」通信も、前回に続いて、、、
を、お届けしましょう!


今回紹介するのは、カザフスタンから唯一KHLに参加している、
バリス アスタナのDF ケビン・ダルマン 選手!





何はさておき、ダルマン選手(白#38)の豪快なスラップシュートを ↓ ご覧ください !!




このシュートには、昨季の王者・AKバルス カザニのファンもビックリ!

センターラインの手前から放たれたパックは、(およそ30メートル先の)ゴールに突き刺さり、
敵地まで応援に駆けつけたアスタナの女性ファンも、思わず 「うっとり」 でしたね(笑) !!



オンタリオ州(カナダ)出身のダルマン選手は、NHLでもプレーしたキャリアの持ち主。

ロサンゼルス キングス在籍時には、福藤豊選手が出場した試合でもプレーをしました。


その後、ダルマン選手は、活躍の場をKHLへ移しアスタナと契約。
さらに国籍も取得して、カザフスタン代表でも活躍中。

4季前の世界選手権(ディビジョン1グループA=2部に相当)では日本と対戦し、
かつてのチームメイトの福藤選手から、試合開始早々に先制ゴールを決めて、
カザフスタンのトップディビジョン昇格に、大きく貢献した経歴の持ち主です。


ご存知の方も多いでしょうが、カザフスタンは冬季アジア大会に参加しています。

かつてのアムール ハバロフスク(現KHL)が、アジアリーグに参加するため、
ゴールデン アムールを新設したのと同様に、
アスタナをはじめとするカザフスタンのチームが、新たにチームを設立してアジアリーグに加盟!
というストーリーを期待したいところ!


「チームが加盟している各国選手の活躍の場を広げ、リーグとチームの活性化を図る」
との方針によって、今季からロシア籍選手も、
外国籍選手枠を用いることなく登録可能になった
のと同様に、
カザフスタンの選手も加われば、アジアリーグのレベルアップにつながる期待も!


ひょっとすると、センターラインの手前からスラップシュートを放って、
ゴールを決めるような猛者たちが、アジアリーグを沸かせる時代がやってくるかもしれません!?


PLAY OF THE YEAR | comments(4) | trackbacks(0)
1 / 10 >>
__