加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< 中国三都物語<9>続々・北京編 | main | ホッケーが変わる !?<2> >>
2020.05.02
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
2006.02.09
ホッケーが変わる !? <1>
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

トリノオリンピックより一足早く、明日から「長野カップ」が開幕します!

坂井寿如 日本アイスホッケー連盟強化本部長が、
「将来を見越して、幅広い層から選考した」
という新生・チームジャパンは、ビッグハットでの強化合宿を終えたあと、
昨夜行われた「チャレンジカップ」で、デンマーク代表を4−1と撃破。
再び長野に戻って、大会に臨みます。

日本アイスホッケー連盟からのリリースによれば、
“バンクーバーへの第一歩” と位置づけられている今回の長野カップだけに、
デンマーク代表と、ドイツトップリーグのフランクフルト・ライオンズを相手に、
チームジャパンが、どんな戦いを演じてくれるか、楽しみなところですが、
もう一つ、今回の長野カップの注目点は、
新たなペナルティーのジャッジです!

既に、日本アイスホッケー連盟レフェリー委員会からの通達が発表されているように、
国際アイスホッケー連盟の反則基準変更が、
国内の大会では、長野カップで初めて導入されます。

その反則基準変更のポイントは、
手、腕、スティックを使った妨害行為を、厳しくジャッジする。
GKの保護と、それに関するゴールとノーゴールのジャッジ。
という2点に要約されます。

特に、,旅猝椶亡悗靴討蓮
ロックアウトが解けて、2季ぶりに再開されたNHLでも、
よりオフェンシブな試合をファンに見せようと改正した、新ルールにも取り入れられたことで、
ペナルティが多発してパワープレーばかり! というような試合も。

その結果、1試合あたりの(両チームの)ゴール数が、
新ルール導入前の、2003−04シーズンの5.14点から、
今季は、6.22点(日本時間2月8日終了時点)と、
NHLでは、1試合につき1回多く、ゴールシーンが見られるようになりました。
(よりオフェンシブにというNHLのルール改正は、他にも数点ありますので、
ペナルティの基準が変わったことだけによる影響とは言えませんが…)

NHLで、新ルールが取り入れられたことで、
NHL選手が多数参加するトリノオリンピックでも、新しいペナルティのジャッジが採用されることに。
今までのオリンピック以上に、パワープレーの出来が、
金メダル獲得へのキーポイントになるかもしれません。

そのトリノオリンピックへの準備段階として、国際アイスホッケー連盟は、
今季のU20世界選手権から、新しいペナルティのジャッジを採用しました。

日本のホッケー界で、初めてこの新しいジャッジと遭遇したのは、U20代表チーム。

12月にスロベニアで行われた、「U20ディビジョン1・グループA」の大会では、
「事前に連絡がなく、現地入りしてから各国に通達された」(鈴木宣夫監督)ということもあって、
「パワープレーとペナルティキリングの連続で、初めのうちは試合にならなかった」(鈴木監督)
ほどだったのだそうです。

この新しいジャッジは、来季から、アジアリーグや国内の大会はもちろん、
国際アイスホッケー連盟に加盟している、世界各国の試合で採用されることが決定しています。

ホッケーが変わる !?
という声すら聞かれる、この新しいペナルティのジャッジ。
次回は、U20世界選手権を視察した、高橋裕一レフェリーに聞きます!

★本日の小ネタは…
新しいペナルティジャッジも含めて、注目の「長野カップ」ですが、
新生・チームジャパンの試合は、2試合ともに、
パソコンテレビ「GyaO」にて、無料インターネット中継されます。

といっても、2月下旬頃からの録画中継の予定ですので、
バンクーバーオリンピックを目指す、チームジャパンの戦いは、
ビッグハットに足を運んで、ご覧ください。

尚、12月のアジアリーグ長野シリーズでもお届けした場内FMは、
3日間とも、全試合生中継!

どちらも「語りべ」が、実況を担当させてもらいますので、
見かけた方は、ぜひ、声を掛けてくださいね!
アイスホッケー | comments(0) | trackbacks(2)
2020.05.02
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/02/09 20:40 |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/02/09 22:06 |
__