加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< 速報!アジアリーグニュース 〜尾野選手がバックスに復帰〜 | main | ドリームマッチ@苫小牧 / ドリームスvsフューチャーズ! >>
2011.06.12
世界で初めての守護神
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

今季のNHLのチャンピオンを決める「スタンレーカップ ファイナル」は、
第5戦を終えて、バンクーバー カナックスが 3勝2敗で、ボストン ブルーインズをリード。

NBAのファイナルとは異なって、
明日(現地時間)、再び TDガーデン へと舞台を移し、第6戦を行います。


そんな今季のファイナルに関する この数字 → 「4試合」

これが何の数字か、分かりますか?
実は、GKがファーストスターに選ばれた試合数 なのです! 

NHLでは、レギュラーシーズンからの全試合で、
その日の活躍度に応じて、スリースターを選出していますが、
今季のファイナルで、ファーストスターに選ばれた選手を見てみると、、、

         第1戦 ロベルト ・ルオンゴ 選手 (バンクーバー GK)
         第2戦 アレクサンダー ・バロウズ 選手 (バンクーバー LW)
         第3戦 ティム ・トーマス 選手 (ボストン GK)
         第4戦 ティム ・トーマス 選手 (ボストン GK)
         第5戦 ロベルト ・ルオンゴ 選手 (バンクーバー GK)
 
というように、先制点とサヨナラゴールを決める活躍をした、第2戦のパロウズ選手以外は、
チームを勝利に導いたGKが、ファーストスターに!

しかも、バロウズ選手がファーストスターとなった試合でも、
ルオンゴ選手は、セカンドスター。

また、トーマス選手にいたっては、

          第1戦 → セカンドスター     第2戦 → サードスター
          第3戦、第4戦 → ファーストスター  第5戦 → セカンドスター

と全ての試合で、スリースターに名前が挙がるほどの働きを披露しています。


今季のファイナルでは、第5戦までのスリースターに輝いた、のべ15選手のうち、
実に半数以上となる8回も、両チームの守護神が選出。

6試合戦って、スリースターに選ばれたGKは、
アンティ ・ニエミ 選手(当時はシカゴ ブラックホークス)の一度だけだった、
昨季のファイナルとは、対照的な展開ですよね。


このように、今季のファイナルの主役となっている両チームの守護神は、
プレーはもちろん、“舌戦(!?)” も含めて、話題になっているようですが
まず、ボストンのゴールを一人きりで守り続けている、トーマス選手に注目してみると、
ファイナルのセーブ率は、 9割6分5厘 という抜群の数字!



追い詰められてしまったとはいえ、第4戦では完封勝利を上げるなど、
戦前に紹介したバンクーバー戦での好成績は、依然として健在な上、
これまでの5試合は、全てホームチームが勝利しているだけに、
まずは地元での第6戦に勝って、逆王手を掛けたいところです。


一方のルオンゴ選手は、第3戦で8失点したのに続いて、第4戦では途中交代してしまったものの、
第5戦でシャットアウト勝利を演じて、存在をアピール!



ここ3年間の優勝チームは、いずれも敵地で、スタンレーカップを手にしていることから、
ルオンゴ選手も、この流れに、あやかりたいかもしれません !?


そんなルオンゴ選手に関する この数字 → 「25人目」

これが何の数字か、分かりますか?
実は、優勝するとメンバーに加わる トリプルゴールドクラブの選手数 なのです! 


以前の記事でも ご覧いただきましたが、
トリプルゴールドクラブは、「オリンピック」、「世界選手権」、「NHL」 で、
全てチャンピオンになった人を称えようと、国際アイスホッケー連盟が制定。

これまでに、24人のプレーヤーと、
カナダ代表とデトロイト レッドウイングスを率いて、3つのタイトルを手にした、
マイク ・バブコック ヘッドコーチが、メンバー入りしています。


ここでルオンゴ選手のキャリアを振り返ってみると、
フロリダ パンサーズ時代に、2004年の世界選手権に出場し、
カナダのメインGKとして世界一!

そして、昨年のバンクーバー オリンピックでは、金メダルを獲得 !!


ということで、もしも、今季のファイナルでスタンレーカップを手にすると、
バンクーバーのメンバーの中では唯一、
新たに、トリプルゴールドクラブのメンバー入りを果たすのです。


ここで、もう一つ紹介したいのが この数字 → 「0」

これが何の数字か、分かりますか?
実は、トリプルゴールドクラブのメンバーの中でGKの数 なのです!


既にメンバー入りを果たした 24選手のポジションを見てみると、
FWが14人。DFも10人いるのに対して、GKだけは、まだいないため、
ルオンゴ選手が、スタンレーカップを手にすると、
トリプルゴールドクラブ制定以来、初めてのGKに !!


今季のプレーオフでは、ファイナルだけでなく、
シカゴとのシリーズでも、大量点を許してノックアウトされ、次の試合の先発マスクを譲るなど、
苦い思いも味わっているルオンゴ選手。

厳しい戦いを、最高の形で締めくくり、
あの ドミニク ・ハシェク 選手! や、マルタン ・ブロデューア 選手 !! らに先んじて、
トリプルゴールドクラブに名を刻む “世界で初めての守護神” となれるでしょうか?

★本日の小ネタは…

ルオンゴ選手は“世界で初めての守護神” となれるでしょうか?


なんていう疑問は、どうやらバンクーバーのファンには無縁のようで(笑)
第5戦で優勝に王手を掛けたあとは、もうスタンレーカップはもらった!
と信じて、誰もが疑わないほどの大フィーバー !!



ファンだけでなくて、おまわりさんも、仕事をする気にならないみたいですね(笑)


このように熱狂しているのは、何もファンだけではありません。
チームマスコットのフィンくんまでもが、早くも天下を取った気分の様子!
(選手と同じように、ヒゲを伸ばし続けているそうですよ)



「勝者あれば、敗者あり」


という言葉がありますが、
敗れたボストンのマスコット(と同じ)クマの行方はというと…




この光景を見て、ボストンのファンも、負けじと第6戦では、大いに盛り上がって欲しいですね。

     〜「語りべ」より〜

     画像提供元の Fotoglif が、
    リニューアルのためと銘打ち、サイトを休止していましたが、
    その後、予告なく閉鎖してしまったため、
    この記事を含めた複数の記事に掲載した写真が、
    表示されなくなってしまったことを ご承知の上、各記事をご閲覧ください。



NHL | comments(3) | trackbacks(0)
2017.07.13
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
じろうさんこんにちは
今回両守護神がみせてくれますね〜
トーマス選手圧巻とおもいまする

一方、ルオンゴ選手、きょうは仕事でみれなかったのですが、どうもまた「炎上」やってしまったみたいですね〜

でもそこも魅力かも、です。ロワでもブロデユーワでもなく、ルオンゴ is ルオンゴ!

今回はまさに彼の「独壇場」のようにもみえます!さすが〜カナダ金奪回の立役者、このハデさ、“器量がちがう”ってところでしょうか〜(笑)???

この試練を乗り越えてのトリプルゴールドクラブ入り、をぜひ期待したいとおもいます。

LUONGO is LUONGO! です。
| デンじい | 2011/06/14 15:22 |
じろうさん。
またもや、コアでためになる話題をありがとうございます。
シカゴを撃墜した(悔しいけど・・)その底力で、バンクーバーにもぎ取っていただきましょう。
チーム創設以来の初優勝、久しぶりのカナダチームの優勝、そしてトリプルゴールドクラブにとそろえていただきたい!
ボストンはいいチームだし、嫌いじゃないが、ここはgame7という火事場なので頑張ってもらいましょう!!
頑張れ、バンクーバー!!
| LOVE HAWKS | 2011/06/15 08:47 |
コメントありがとうございます。

>デンじいさん
失点したシーンを垣間見た限りでは、第6戦、第7戦ともに、おや?というプレーもあった気が…
ただ結果はともかく、コメントしてくださったとおり、ルオンゴイズルオンゴだったのかも?
でも、イースタンウォッチャーと言われていましたので、サンキュールーさま!でしょうか???

>LOVE HAWKSさん
火事場の強さで上回ったのは、ボストンのほうでしたね。
でも、この前も書きましたけれど、ファーストラウンドの第7戦の死闘を制して、
ここまで勝ち上がってきたバンクーバーの選手を称えたいですよね。
それにしても世界で初めてトリプルゴールドクラブ入りする守護神は誰になるのでしょう?
| 「語りべ」 | 2011/06/16 21:36 |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovehockey.jugem.jp/trackback/1089
トラックバック
__