加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< 目指せバンクーバー!<3> オリンピックの街で生まれた選手 | main | 熱線!プレーオフ !! <1> コクド−バックス第1戦 >>
2006.02.14
帰ってきた!「語りべ」通信・コラボ企画<10>
〜「語りべ」からのお知らせ〜
この記事は、バックスファンクラブのオフィシャルメールマガジン、
帰ってきた!「語りべ」通信・第22号 とのコラボ企画です。
PC 版のメルマガを受信されていらっしゃる方は、そちらも併せてご覧ください。

日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

一昨日閉幕した「長野カップ」で、見事に2連覇を達成した日本代表。
今回のメンバーは、2010年のバンクーバーオリンピックを視野に入れ、
現役大学生6人を含め、実に13選手が25歳以下と、フレッシュな顔ぶれが目立ちましたが、
その中で、ピカイチの活躍を見せたのが、飯村喜則選手(日光バックス)です!
飯村喜則選手
飯村選手が、シニアの日本代表に選ばれたのは、
昨年の4月に行われた世界選手権代表候補合宿に続いて、今回が2回目。

しかし前回は、トライアウトを兼ねて行われた代表候補合宿で、
実力を発揮することができずに、
日の丸のジャージに袖を通せませんでした。

「もっとできると思ったんですけど、
息は上がっちゃうし、足は動かないし、ボクのコンディショニング ミスです」

飯村選手自身が、こう振り返ったように、
他の実業団3チームと違って、バックスはプレーオフに進むことができなかったために練習場所がなく、
わざわざ東京まで足を運んで、アイスタイムを求めたものの、
なかなか満足な調整ができずに、「すごく悔しい思いをした」のだそうです。

そんな苦い経験もあっただけに、今回の代表入りに際して飯村選手は、
「とにかく結果を残して、アピールしないと!」
との強い意気込みを持って、試合に臨みました。

その甲斐あって飯村選手は、プレゲームとなった「チャレンジカップ」で先制ゴールをゲット。
第4セットに起用され、シフトは少なかったものの、
「ボクたちのラインは、調子がいいですよ」と笑顔を見せたように、
好調モードで、長野カップへ突入し、
初戦のフランクフルト・ライオンズ戦では、
何度も相手ゴールを脅かすなど、飯村選手はオフェンス面でチームに貢献。

マーク・マホン日本代表監督の口からも、
「活躍度は、チームでトップ3に入る」との言葉が飛び出したほどだったのですが、
飯村選手は、「チャンスはあったんですけど、決められませんでした。
結果を出して、アピールしていかないと」と話し、
自らのプレーに、決して合格点をつけることはありませんでした。
飯村喜則選手
しかし飯村選手は、優勝を懸けた翌日のデンマーク代表との試合で、
鮮やかな同点ゴールをゲット!

デンマークに2点を先行され、
イヤなムードが漂っていたビッグハットの雰囲気を一変させた、
飯村選手の値千金のゴールで、試合の流れを押し戻した日本は、
第3ピリオドに、5人対3人のパワープレーで決勝点を挙げて、
長野カップV2を達成しました。

「もしも決勝点をゲットしたら大会MVP」との声が出たほどの、この日の活躍には、
さすがに飯村選手も、試合後は持ち前の “貴公子スマイル” でニッコリ!

「体力面では、まだ課題が残るけれど、
プレーや気持ちの面では、素晴らしいものを見せてくれた」と、
マホン監督が高く評価したように、
今回の長野カップで、飯村選手は、しっかりアピールすることができたようです。

長野カップ終了後、チームメイトの春名真仁選手とともに、日光へと戻った飯村選手。
今度は、バックスで活躍して、東伏見にゲームスカウティングに来る予定のマホン監督に、
さらなるアピールをしたいところ。

チームの勝利と、昨季、惜しくも逃してしまった世界選手権代表の座を目指して、
飯村選手が、16日から始まるプレーオフで、どんなプレーを見せてくれるか楽しみです!

photos by TAKAYUKI HIDAKA


★本日の小ネタは…
優勝を決めたデンマーク戦で、ベストプレーヤーに選ばれた飯村選手に負けじと、
GKの春名選手(写真右)も大活躍!

フランクフルト戦、デンマーク戦、ともにマスクを被って、
2試合で、実に86本ものシュートを浴びながら、ともに2失点に抑えて優勝に貢献。

何度も飛び出したスーパーセーブで、ビッグハットを沸かせてくれました。
デンマーク戦のベストプレーヤー飯村喜則選手と、長野カップMVPに輝いた春名真仁選手
今回もMVPには、副賞として、長野のホッケーをサポートし続けている、
(株)八幡屋磯五郎から、オリジナルのスノーボードが手渡されました。
(二人が手にしているのが、副賞のスノボです)

毎年、人気沸騰のスノーボードをもらったとあって、
春名選手は、試合後、ドレッシングルームに祝福に訪れた室賀豊社長に、
「早速、使わせてもらいます」と約束。

しかし、そのあとで春名選手は、「スノボはやったことないんですよ」と苦笑い。

もしかすると、ホッケーシーズン終了後、
どこかで、スノーボードに熱中している春名選手の姿が、見られるかも !?
帰ってきた!「語りべ」通信・コラボ | comments(6) | trackbacks(0)
2018.05.19
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
 飯村喜則の今季の成長は当然のことと思われます。12月27・28日、クレインズに大敗して帰ってきたバックスですが、飯村はオフの大晦日に、霧降の屋外400メートルリンクで一人でスケーティングをしていました。氷なんてムカムカしてしばらく見たくもない心境だったでしょうが、その辛さを
顔に出さないところが、バックスを背負ってしまった男の宿命
なんでしょうか?
| 日刊霧降スポーツ新聞社 | 2006/02/15 09:22 |
先日長野カップ3日目(日本対デンマーク戦)を見に行きました♪場内FMよかったです♪私は飯村選手のだんまくを貼って応援していましたが、飯村選手、春名選手両者ともとてもいいプレー続きで本当に最高でした!!
| yuka | 2006/02/15 19:08 |
はじめましてで突然ですが、ご存知でしたら教えてください。
僕は元西武鉄道の小川健太さんと小、中が同じなのですが、引退なさってるのをどこかのページで知って驚きました。あのオガケンが・・・(当時そう呼んでました)と。
正直ショックで・・・。同期の小原選手はがんばってますがね。
何故なのかご存知ですか?
| 05(ゼロゴウ) | 2006/02/16 04:30 |
皆さん、コメントありがとうございます!

>日刊霧降スポーツ新聞社さん
宿命を背負った(?)飯村選手は、プレーオフ第1戦でもゴールを決めてくれました!
初戦は惜しくも敗れてしまいましたが、ぜひ、このあと巻き返して、
日光で「霧スポ」最新号が読めることを期待したいところです!

>yukaさん
ビッグハットの場内FMをお聞きいただいて、ありがとうございました。
また機会がありましたら、「語りべ」がお届けする、
“他では聞けない場内FM” をお楽しみください!

>05さん
小川健太さんは、東伏見での試合の際に、リンクで見掛けることがありますよ。
他にも、昨夜のプレーオフで、チームを離れた選手の姿が数多く見られたように、
引退後も、試合を見に来る方が多いので、ぜひリンクに足を運んでください。

なお、通常、選手の引退に関しては、本人が申し出るケースと、
監督、コーチなどから言い渡されるケースがあるようです。
| 「語りべ」 | 2006/02/17 04:54 |
そうですか。お返事ありがとうございました。
| 05(ゼロゴウ) | 2006/02/17 13:23 |
>05さん
奇遇ですね。
僕も小中とオガケンとは同じとこに通ってましたよw
新〇・景〇ですね。懐かしいです。
| SSK | 2006/11/06 18:13 |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovehockey.jugem.jp/trackback/113
トラックバック
__