加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< Season's Greetings - January 2012 | main | New year is the Free Blades season !? >>
2012.01.03
How about the another Winter Classic ?
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

新年も3日目を迎えましたが、どんなお正月をお過ごしですか?

海の向こうのアメリカでは、
昨日(現地時間)、新春恒例のアウトドアゲーム 「NHL ウインタークラシック」 が開催され、
フィラデルフィア フライヤーズ と、ニューヨーク レンジャーズ が激突しました。


今年の舞台となったのは、フィラデルフィアの シチズンズバンク パーク


MLB フィリーズの本拠地に集まったファンたちを、真っ先に沸かせたのは、
メインイベントに先駆け、大晦日に行われた 「アラムナイゲーム」

    


以前の記事に追記したとおり、残念ながら、ウェイン ・グレツキー氏は欠席したとはいえ
オールドヒーローも含めて、両チームのOBたちが勢揃い!

その中には、グレツキー氏の後継者と言われていた この人や、、、

    


かつて日光アイスバックスでプレーした この選手の姿も。

    


「NHLの選手は、あまりよく知らない…」
という日本のファンの方にも馴染みがある往年のスタープレーヤーが、
楽しそうにパックを追いかける姿が見られました。


そんな姿とは対照的に、メインイベントは、
アトランティック ディビジョンのみならず、
イースタン カンファレンスのトップを争うチーム同士の直接対決とあって、激しい戦いに!

試合は、2点を先制されたレンジャーズが、
マイク ・ラップ選手の連続ゴールで同点としたあと、
第3ピリオド5分過ぎには、ブラッド ・リチャーズ選手がリバウンドを叩いて、
3-2 と逆転に成功。

守っては、ヘンリク ・ランドクウィスト選手が、
試合終了20秒前のペナルティショットも防いで、首位の座を守り抜きました。

    


思わず寒さを忘れて(?) 47000人もの観衆が、声援を送っていただけに、

      「来年のウインタークラシックは、デトロイトで!」

      「いやいや、ホッケータウンのミネソタで!」

との噂が、早くも聞こえ始めていますが、
その一方で、開催前から、北米のメディアや、熱心なファンの中には、
ウインタークラシックの開催自体に、疑問を呈する声も。。。


その筆頭は、NFLとの競合を避けて、今年は元日に行わなかったことや、
天候の影響から、昨年のウインタークラシックと同様に、
間際になってスケジュールが変更となったせいで、開催時期の再考を促すものですが、
この他にも、、、

  ピッツバーグ vs ワシントンという、とっておきのカードに加えて
  カナダ勢同士(カルガリー vs モントリオール)のアウトドアゲームを組んだ昨年と比べて、
  今年は大きく見劣りする!
 
との意見や、、、

   アメリカでの全国中継の放映権を長期更新した、
   3大ネットワークの一つ NBCテレビを、2年前に買収したコムキャスト社が、
   フィラデルフィアに本社を構え、フライヤーズのオーナーでもあることから、
   アメリカ国内の利権だけを主眼に置いたマッチアップだ!

といった、鋭すぎる(?)指摘もあるようです。

特に後者の指摘については、
フィラデルフィアのホームゲームのチケットセールスが、
コムキャスト社とグループ会社によって、(ほぼ)一手に扱われているそうで、
ほとんどのチームが、チケットセールスを委託しているチケットマスター社に比べると、
シートの選択方法や、購入方法の容易さで、見劣りするのは否めないところ。

さらに、チケットプライスの高さや、一般向けの販売枚数などの事情も相まって、
今年のウインタークラシックは、
昨年のように、遠方からグループで観戦ツアーを組んだファンが、少なかった模様。

もしかしたら、お正月休みを利用して、日本から見に行こうと思っていたのに、
前もってチケットが手に入れられず、泣く泣くあきらめた人も?

そんな熱心なファンの方に、おススメしたい試合があります。

それは、「AHLのアウトドアゲーム」


NHLの一つ下のカテゴリーとなるAHL(アメリカンホッケーリーグ)でも、
一昨季からアウトドアゲームを開催していますが、
今季も アディロンダッグ ファントムズ vs ハーシー ベアーズ の試合が、
今月6日に行われます。

しかも、特筆すべき点は、
NHLのウインタークラシックと同じ、シチズンズバンク パーク で開催されること!

こちらもコムキャスト社が、チケットセールスを手掛けていますが、
さすがにソールドアウトとまでは、いかない様子の上、
50ドル出せば、かなりいい席で観戦できるそうですよ。


フィラデルフィアのファームのアディロンダックは、
NHLの試合が行われていたワコビア スペクトラムを、ホームとしていましたが、
老朽化したアリーナの解体に伴って、
400キロ北にあるニューヨーク州のグレンズホールズへ、一昨季に移転した経緯があることから、
“里帰り” の試合に。

対するハーシーは、プレーオフの全ラウンドで、相手チームをスウィーブし、
史上初のパーフェクトシーズンを演じるなど、これまで10回も優勝した強豪。
ホームゲームは常に1万人のファンが詰めかけ、AHL最多の観客動員を誇る人気チームです。


両チームの守護神に注目すると、
アディロンダックは、一昨季のスタンレーカップ ファイナルで先発マスクを託された、
マイケル ・レイトン選手!


一方のハーシーは、昨季のNHL週間ファーストスターにも輝いた、
「ミスター改善」こと(笑)、ブレイデン ・ホルトビー選手!
   Braden Holtby


実績のある二人の守護神をはじめ、NHLでのプレーキャリアを誇る選手や、
次代の主力として期待が集まる、プロスペクト選手も揃うとあって、
コストパフォーマンスは、ウインタークラシック以上かも !?


また今季は、AHLでは初めて、
シーズン2回のアウトドアゲームを開催することも決定し、
今月21日には、ハミルトン ブルドッグス vs トロント マリーズ の試合も行われます。

   


「アウトドアクラシック」 と銘打たれた試合は、
モントリオール カナディアンズと、トロント メイプルリーフスのファームチームの対戦となるだけに、
“代理戦争” として、大いに盛り上がるのは必至。

フェニックス コヨーテスの移転先最有力候補地とも言われている、
カナダのオンタリオ州ハミルトンにあるアイヴァーウィン スタジアムには、
昨季のアウトドアゲームで樹立したリーグ記録の 21673人 を上回る、
熱いファンが詰めかけそうですね。


このように、ウインタークラシック以外にも、
北米プロリーグでは、様々な試合が企画されていますので、
「一度でいいから、アウトドアゲームを見てみたい!」
というファンの方は、手頃な価格で楽しめるAHLの試合をご覧になってみては、いかがですか?


★本日の小ネタは…


今回の記事では、一味違う(?)ウインタークラシックを紹介しましたが、
本家 ・ ウインタークラシックでも、趣向を凝らした、こんな試合が開催されました。

    


「ボストン警察 vs フィラデルフィア警察」の対戦!

普段は見ることができない試合だけに、ウインタークラシックよりも、貴重な映像ですね(笑)


NHL | comments(4) | trackbacks(0)
2018.04.19
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
新年おめでとうございます。
今年もじろうさん独自の大ネタ小ネタを楽しみにしてます。

毎年このウインタークラシックの記事を見るたび、私自身高校の時、屋外リンクで練習・試合をしていたことにささやかな優越感を感じます。第3ピリオド半分で攻守を交代する経験をしているのが自慢です。

あと、小ネタの警察対決、この人たちは私たち社会人チームと同じって事ですよね。でもレベルはうちらの比じゃないでしょうね…。
| くま三郎 | 2012/01/04 16:32 |
>くま三郎さん
あけましておめでとうございます! コメントありがとうございます。
最近は少子化とともに、スティックを握る子供さんたちの減少で、
アウトドアリンクでホッケーをすることもなくなってきたそうですから、
「ささやかな」ではなく、「かなりの優越感」を感じられてもいいのでは(笑)

余談になりますが、小ネタのボストン警察 vs フィラデルフィア警察の試合は、
2年前のフェンウェイパークでのウインタークラシックの前座試合に続く対戦だそうですよ。
3年越しのバックトゥパック・アウトドアゲームを企画するなんて…。
レベル云々よりも、スケールが違いますよねぇ。。。
| 「語りべ」 | 2012/01/05 23:48 |
じろうさん、本年もたくさんの興味深い記事よろしくお願いします。
AHLのアウトドアゲーム、とってもいいですね。日本でも観られないですかね、アウトドアゲーム。話題性も抜群だとは思うのですが。
ハバロフスクの地域ニュースビデオでも、アウトドアのアマチュアホッケーを取り上げていたりして、モギルニーもそこでプレーしてたりするのですが、ロシアでも一風景として行われてるのだなぁと感嘆してます。当地ではヴァンディもアウトドアで行われています。
ホッケーの原風景、ぜひ日本でも残していってもらいたいです。
(うちのチビは1歳ですが、いずれプレーさせる腹積もりです・・)
| 青い矢 | 2012/01/06 23:38 |
>青い矢さん
コメントありがとうございます。

アウトドアゲームといえば、KHLのオールスターゲームもアウトドアだったことがありましたよね。
(今年はラトビアで開催されるので、チームオゾリンチというのもスゴイですね)
そのオールスターゲームに今年も選ばれたクズネツォフ選手のU20での活躍は出色でしたね。
NHLドラフト全体1位指名候補のヤクポフ選手や、18歳と17歳のGKコンビなど、
魅力あふれるロシアのタレントたちを紹介したかったのですけれど、、、
決勝で敗れてしまったので、見送りました(苦笑)
| 「語りべ」 | 2012/01/08 00:36 |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovehockey.jugem.jp/trackback/1215
トラックバック
__