加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< Detroit Red Wings is aiming for new NHL records | main | クイズ・LOVE HOCKEY !! 〜第20問〜 >>
2012.02.10
HOCKEY WEEKEND IN ASIA
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

突然ですが、明日(2月11日)は何の日か、ご存知ですか?

日本では、建国記念の日なのは、もちろんお分かりでしょうが、
海を越えたカナダは、“ホッケーの日” なのです。


カナダ最大の放送局 CBC は、
毎年、ホッケーシーズンが、たけなわとなる時期の土曜日を、
「HOCKEY DAY IN CANADA」 と定めていますが、
今年は明日(現地時間)が、“ホッケーの日” !

5年前に紹介した記事を、覚えていらっしゃるかもしれませんが
例年どおり、カナダのNHLチーム同士が対戦する3試合に加えて、
今季は、ウィニペグ ジェッツのロードゲームを、全て生中継。

それに先駆けて、8日からは、
今年のホストエリアに選ばれたプリンスエドワード島をはじめ、
カナダの各地で、ホッケーイベントを実施しています!

  



うーん、まさしくホッケー大国だと自負する、カナダならではのイベントですね〜。

これに負けじと、来週末には、アメリカホッケー協会が主催する、
「HOCKEY WEEKEND ACROSS AMERICA」 も開催されます。

こちらも各地でイベントがあるのとともに、
CBCと違って主催ではありませんが、三大ネットワークの一つ NBCも、
(二番煎じの感は否めませんけれど…)アメリカでのNHLの試合を生中継。

このように北米では、
ホッケーシーズンたけなわの時期にふさわしいイベントが、毎年催されていますが、
今週末は、アジアでも、ホッケーファン大注目! の試合がありますよね。


まず国内では、日本一の座を争う全日本選手権

79回目の今大会は、7日から青森県八戸市を舞台に行われていますが、
いよいよ明日は準決勝。アジアリーグ勢の激突となります。


ベスト4の中で、やはり注目されるのは、
八戸を活動拠点としている 東北フリーブレイズ!

ここのところ全日本選手権は、
5年続けて、アジアリーグのチームのホームアリーナがある都市で、開かれていますが、
過去4年のうち、地元のチームが優勝したのは、
3季前の SEIBUプリンスラビッツ だけ。


最近の全日本選手権では、地の利を活かすことは難しいようですが、
フリーブレイズにとって明るい材料は、田中豪 選手の存在!

   Go Tanaka


ラビッツ在籍時、西東京をメイン会場に行われた3季前の大会では、
MVPに選ばれたほどの働きだった
とあって、
今度は八戸のファンの前で、
フリーブレイズを初の日本一へ導く活躍が、期待されます。


さらに、もう一人、八戸での活躍が期待される選手といえば、
日本製紙クレインズの 飯塚洋生 選手です!

   Hiroo Iizuka


というのも飯塚選手は、5年前の八戸での全日本選手権では、
準決勝と決勝で、いずれも2得点を上げ、MVPを受賞。

その勢いに乗って、アジアリーグのファイナルでも、ハットトリックをマークするなど
“もってる!” ところを発揮して、クレインズが初めて二冠を勝ち取った原動力に。

全日本選手権では、実に13年ぶりの快挙となる、
3年連続日本一を達成するチームが現れるのか !?
ベテランのプレーが、カギを握るかもしれません。


対して、ともに昨年は、準決勝で敗れた王子イーグルスと、日光アイスバックスが、
両チームの前に、どう立ちはだかるのか、気になる人も多いのでは?

イーグルスは、7年ぶり。
バックスは、(古河電工時代以来)49大会ぶりの日本一を目指して戦います。



一方、韓国では、アジアリーグ終盤戦のヤマ場と言えそうな、
「アニャンハルラ vs High1(ハイワン)戦」 が、明日と明後日に行われます。


High1は、今季ワーストの3連敗中で、プレーオフ圏外の5位に後退。
来週末から、まだ白星がないチャイナドラゴンとの3連戦を、残しているとはいえ、
そろそろ連敗を止めないと! というのが本音のはず。

プレーオフ進出のための正念場となるだけに、
ハルラとの2連戦で、マイケル ・スウィフト 選手のプレーは、見逃せません!

   Michael Swift


昨季、田中豪選手が作った連続試合ポイント記録へ向けて、
着々と数字を伸ばし続けているスウィフト選手。

アジアリーグ初の三冠王(ゴール、アシスト、ポイント)誕生
との期待も高まっていますが、各チームが対策を講じてきているからか、
前半戦の驚異的な活躍に比べると
(当然かもしれませんけれど)ポイントペースがダウンしています。

とはいえ、ハルラ戦では、チームトップのポイントをマークしているだけでなく、
韓国総合選手権でも、優勝を決める GWS を決めて、MVPに輝いたとあって
ライバルチームを倒すためには、スウィフト選手の活躍が不可欠となるでしょう。


対するハルラも、5年ぶりの4連敗を喫してしまい、順位を3位に下げてしまいました。

今週末の “韓国ダービー” で、もし連敗してしまうと、
これまでのチームワースト記録「5連敗」を、塗り替えしてしまうため、
こちらも背水の陣で、High1を迎え撃ちます。

そのハルラを率いる シム ・ウィシク監督は、
レギュラーシーズンが半ばに差し掛かった際に、
「この二人に奮起してもらいたい」 と言って名前を挙げていたのが、
アレックス ・キム 選手と、ブロック ・ラドゥンスキ 選手。

どちらも、得点王とポイント王のタイトルを、手にした実績があることを思うと、
今季の成績に物足りなさを感じてしまうのは、否めません。

なかでもアレックス ・キム選手は、ヒザの故障で、10月を棒に振ってしまっただけに
欠場分を取り戻すような、これからの活躍が望まれます。

   Alex Kim


紹介してきたように、カナダやアメリカに限らず、
アジアでも、今週末は大事な試合が予定されています。

寒さを吹き飛ばすような熱戦を、見せて欲しいですね!

尚、明日の ハルラ vs High1戦が行われる アニャンアイスアリーナ は、こちらの記事 を。
明後日の High1 vs ハルラ戦が行われる コヤンアイスリンク は、こちらの記事 を、
アクセスされる際などには、それぞれご参照ください。

◆ 1st and 3rd photos by iSONIC




アイスホッケー | comments(5) | trackbacks(0)
2017.07.13
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
じろうさん、こんばんは。ご無沙汰しています。それにしてもさすがですね。全日本で地元チームが勝てないことやハイワンのスウィフトの活躍、ズバリですね!
明日はゴマ活躍が当たってくれるように念を送ります。
| クレ太 | 2012/02/11 23:27 |
じろうさん、こんにちは。

バックスの決勝進出を期待してたんですが、クレインズのここ一番での勝負強さはさすがですね。
これで全日本3連覇、アジアリーグもハイワンの連敗で、POも見えてきましたね。
バックスは結局4位。アジアリーグに向けて立て直してもらいたいものです。
| NON | 2012/02/13 09:37 |
コメントありがとうございます!

>クレ太さん
飯塚選手ではなかったですけれど、
記事の内容は、いい線をついていたことにしておいてください(笑)
二冠達成へ向けて、まず週末の地元でのバックス戦と、
来週末のイーグルス戦が注目されますね。

>NONさん
ベストオブファイブの短期決戦とはいうものの、一発勝負のトーナメントとは違いますし、
レギュラーシーズンの半ばには、プレーオフ進出はほぼ当確と言える状況だったので心配無用では?
お時間があるようでしたら、日光、北海道、もしくは(実は一番近い)韓国へ、
お出かけになってみては、いかがですか?
| 「語りべ」 | 2012/02/13 22:14 |
こんにちは、アジアリーグの詳しい情報をどうもです。

 スウィフト選手の3冠王の可能性は高まってきましたよね。ゴールとアシスト数を共にリーグトップに立つのは、中々できませんよね。2010年に、語り部で質問させていただきましたが、旧日本リーグで3冠王は、5人ほどいらっしゃったんですよね。

 NHLの単独三冠王は、グレツキーが、4年連続5回、フィルエスポジトとゴーディ・ハウがそれぞれ1回ずつです。

 もう一人のスターマリオ・ルミューは、1988-1999シーズにゴール数85、アシスト数114、計199ポイント上げましたが、あゴール数とポイント数はトップで、アシスト数は、グレツキーと一位タイだったようです。
 
 1995-1996シーズンも、ゴール数69、ポイント数161はNHLでトップでしたが、アシスト数92は、ロンフランシスと1位タイで並んでいました。

 ゴール数とポイント数で単独トップで、アシスト数が一位タイだった場合、3冠王といえるのか、微妙ですよね。

 ゴーディ・ハウもアシスト数が一位タイで、ゴール数とポイント数がトップだったシーズンは1試合あるようです。
| KS | 2012/02/20 14:14 |
>KSさん
コメントありがとうございます。

個人成績の上積みはどれだけでも可能ですから、決定ではありませんけれど、
スウィフト選手の三冠王は、ほぼ間違いなさそうですね。
それからスウィフト選手のアシストは、現時点で単独トップですけれど、
もし同数だったとしても、NHLや昔の日本リーグと同様に、
両者がタイトルホルダーになりますから、
決して「微妙」ではなく、文句なしの三冠王でしたよ。
| 「語りべ」 | 2012/02/23 17:56 |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovehockey.jugem.jp/trackback/1250
トラックバック
__