加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< “$550,000” is more valuable than “$5,000,000” !! | main | Toughest playoff finals in the world !? >>
2012.04.29
Former Cranes players are trying for the Kelly cup
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

前回の記事で紹介したとおり
NHLのプレーオフは、カンファレンス セミファイナル(CSF=セカンドラウンド)に入りましたが、
同じ北米のプロリーグの中で、
一足早く、カンファレンス ファイナル(CF=サードラウンド)が繰り広げられているのは、
ECHL(イーストコースト ホッケーリーグ)です!

ECHLという名前ながら、
ウエストコーストリーグを吸収して、エクスパンションした経緯があることから、
アメリカの西海岸近郊や、中西部の都市にもチームがあり、
今季は、イースタン カンファレンスが12チーム。
ウエスタンは8チームの合計20チームが、それぞれ72試合のレギュラーシーズンを実施。

そのうち、イースタンの上位8チームと、ウエスタンの上位7チームが、プレーオフに進み、
今月13日(現地時間)から、激戦を繰り広げてきましたが、
いよいよ両カンファレンスを勝ち上がったトップ2チームによるCFが、26日にスタート。

スタンレーカップならぬ、
チャンピオンチームに送られる ケリーカップ を目指します!

      Last season Kelly cup playoffs winner Araska aces



ところで、ケリーカップを目指して戦っている選手の中に、
日本のファンの皆さんにもお馴染みの選手がいるのを、ご存知ですか?

それは、マイク ・マディル 選手(写真左)と、アッシュ ・ゴールディ 選手(右)!

  Mike MadillAsh Goldie


昨季は日本製紙クレインズの一員だった両選手ですが、
今季は北米に戻り、揃ってECHLの ラスベガス ラングラーズと契約。

Mike Madillどちらも主力セットの一員として、起用されているようですが、
なかでも、来日前にもラスベガスに所属していたマディル選手は、
Aマークをつけていた経歴を買われ(写真)、今季はキャプテンに就任。
クレインズ時代にも見られた闘志を前面に出したプレーで、
チームを牽引しているとのこと。

一方のゴールディ選手は、
CFで対戦している昨季の王者 アラスカ エイセスに、
ECHLの歴代通算得点記録を更新した、
兄の ウェス ・ゴールディ 選手が在籍しているとあって、
こちらも闘志満々の様子です!


ラスベガスで行われた第1戦と、第2戦では、両者一歩も譲らず1勝1敗。

今夜からは、アンカレッジに舞台を移して、シリーズが進んでいきますが、
昨季は日本一に輝いた二人が、今季はケリーカップを勝ち取ることができるのか !?

日本のファンの皆さんも、ECHLのオフィシャルホームページや、
ストリーミングライブなどで、注目してみてくださいね。

◆ 1st photo courtesy of ECHL



アイスホッケー | comments(2) | trackbacks(0)
2018.04.19
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
アッシュは退団の挨拶がありましたが、マディルはシーズン前に突然辞めてしまったので、びっくりしました。

クレインズ時代に二人とよく話していたので、その後が気になっていました。

二人とも元気そうで良かったです。

二人の写真があるのでチームに送りたいのですが、送っても大丈夫なものでしょうか?
| ciel | 2012/05/03 22:53 |
>cielさん
コメントありがとうございます。
マディル選手は、当初今季も残留の見込みだったものの、
プライベートな事情でラスベガスとの契約に至ったと聞いています。

チームに写真を送って手渡されるか否かは何とも言えませんけれど、
(特にゴールディ選手は)シーズン終了後にラスベガスを離れてしまうと思いますから、
送られるのであれば、大至急のほうがいいと思います。
| 「語りべ」 | 2012/05/06 21:43 |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovehockey.jugem.jp/trackback/1283
トラックバック
__