加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< Hockey town's symbolize place finish the big role | main | Los Angels won't change !? >>
2012.06.12
STANLEY CUP first travel to LOS ANGELES KINGS !!
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

NHLのチャンピオンを決めるスタンレーカップファイナルは、
昨夜(現地時間)ステイプルズセンターで、第6戦が行われ、
ロサンゼルス キングス が、6-1 のスコアで、ニュージャージー デビルスを下して、
地元ファンの前で、初優勝を飾りました!


以前の記事でも触れましたが、
ロサンゼルスは、現行のフォーマットになって以来、初めてとなる、
8番目のシードからチャンピオンに!

それとともに、2007年に優勝したダックスのホームタウンのアナハイムを越えて、
スタンレーカップが、これまでで最も西のチームの手に渡りました!


カリフォルニアという土地柄から、
「キングスファンだ!」 とアピールしても、
「(NBAの)サクラメントを応援しているのかい?」
と聞かれていたロサンゼルスファンの人たちも、きっと喜んでいるのでは?(笑)


もっとも、こんな話がジョークに聞こえない理由は、こちらの ↓ 映像。

   


ホームゲームの放映権を持つFSNは、さすがに違いますけれど、
その他の地元テレビ局では、
「ロサンゼルスがファイナルに進んだのは初めて」 だと報じたり・・・
ウエイン ・グレツキー氏在籍時にもファイナルに勝ち上がったのに!)

レキュラーシーズン中から、ニュースで試合結果を放送する際は、
選手の名前を間違えて紹介するのは日常茶飯事 !?
という状況だったそうなので (笑) …って笑えないですね。

初優勝を機に、NHLや、ロサンゼルスへの認知度が、
地元のテレビ局の中で、アップしていくでしょうか?


ところで、テレビ局と言えば、
近年のNHLで、優勝チームだけの特権となっているのが、
このセレブレートビデオ!

   


皆さんもご存知の カナダ CBC の「HOCKEY NIGHT in CANADA」では、
ファイナル最終戦のあとに、
優勝メンバーが揃って登場する、このような映像を流していますが、
実は、プレーオフを勝ち進んでいるチームには、早めにオーダーを出して、
数チーム分のセレブレートビデオを、予め収録しておくとのこと。

つまり、ほとんどが “ボツ” になってしまう中、
「世界一のホッケー中継」と称される番組で、
シーズンの締めくくりとしてオンエアされるのは、
(カナダ出身の選手も多いだけに)最高の記念になるでしょうね。



ではここで、セレブレートビデオがボツにならずに済んだ、
チャンピオンのロサンゼルスに関する、この数字 ↓

           9チーム目

これが何の数字か分かりますか?


正解は、

ここ9年間でスタンレーカップを手にしたチーム数


なのです。


シーズンキャンセルになった年を除くと、
NHLでは、2003年以降、毎年異なるチームがチャンピオンに輝いていて、
これは、NFL、NBA、MLBを含め、北米4大スポーツでは初めてのこと。

NHLに限って言えば、
連覇どころか、王者に返り咲くことすら、至難の業になっているのは、
サラリーキャップ制度(=くわしくは こちらの記事 をご覧ください)が導入され、
主力選手を抱え続けるのが、難しいシステムになっている証し、、、

なのですが、ロサンゼルスは、その壁を破るかもしれません!


というのも、ロサンゼルスのロースターを見ると、
このオフに、(制限なし)FA権を有する主力選手は、
FWの ジャレット ・ストール 選手と、ダスティン ・ペナー 選手ら、数えるばかり。


逆に、キャプテンの ダスティン ・ブラウン 選手とは「2014年」まで。

卓越したスキルが光る アンジェ ・コピタ 選手とは「2016年」まで。

DFの要の ドリュー ・ダウティ 選手とは「2019年」まで。

そして、抜群の存在感を発揮した マイク ・リチャーズ 選手とは「2020年」まで。

トレードで獲得した ジェフ ・カーター 選手にいたっては 「2022年」まで。


このように、多くの長期契約を結んでいるのをはじめ、
既に20選手と、来季の契約が完了している上、
サラリーキャップにも、まだ余裕を残している状態。

それだけに、さらに有力選手を招き入れて、
来年の今頃には、ロサンゼルスのセレブレートビデオが、またまたオンエアされているかも???


しかし! 

ロサンゼルスが来年も優勝するためには、
解決しなくてはならない、大きな問題があるのです !!

それは、、、

「September 15th」 が心配なのですけれど、それはまた別の記事で(笑)

とにもかくにも、日本全国津々浦々のロサンゼルスファンの皆さん、どうぞ素敵な夜を !!





NHL | comments(7) | trackbacks(0)
2018.04.19
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
お久しぶりです。帰国時はお会いできず残念でした。
終わってみれば圧倒的な強さだったLAと、渋い戦いぶりをみせたNJですが、プレーオフ前に誰がこのファイナルの顔ぶれを予想したでしょうか?と、思ったら私の知人のウクライナ人コーチが予想してました、、、こりゃもはや予言ですね。
それにしてもまさかサンノゼがカリフォルニアチームで唯一カップを獲得していないチームになってしまうとは、、、旬のうちにカップ獲っちゃうって大事ですね。
こちらもまた今後が決まりましたら報告いたします。
それでは。
| ヘローキィ | 2012/06/13 08:41 |
>ヘローキィさん
ご無沙汰しています。コメントいただき感謝です!
ホントに長いシーズンでは何が起こるかわからないですね。
ただ「旬のうちに」という言葉は納得です。
コメントにあったサンノゼは「旬」を越してしまったような気も・・・。

ワインの宴への誘いを泣く泣く断念した時と同じ仙台から、
次のステップがいい方向へ踏み出せるように、微力ながら祈っています!
| 「語りべ」 | 2012/06/13 09:00 |
負けてしまいました。それも6点も取られて。
ブロデュ−アは最後にどうしちゃったのでしょうね。
最終戦まで行けばデビルズが優位だったかもしれないのに。
シコラにしても今年がある意味カップを掲げる最後のチャンスではないかと思っていたのですが・・残念です。
負けてしまうと、たら、れば、の愚痴ばかり出ます。
そこでシコラの来季ですが。またデビルスでプレ−できるでしょうか・・・
| シコラ大好き | 2012/06/13 13:24 |
楽しい情報ありがとうございます!
あの五分のペナルティーが、、、。
全く別のことですが、翌日サッカーW杯の予選のPKも、、、。
ホームとアウェイの違いでしょうか。
最終戦まで観たかったです。
| キータ | 2012/06/13 18:57 |
映画クラッシュをみたとき、LAでもアフロアフリカンにも人気があるのかとおもいましたが存外なんですね〜でもザ・グレートワンのときはこのひとたちもモノゴコロつくまえ?だったかも。。。オレンジカウンティまではカップがきてたのにですね〜!

ブラウン選手たち中軸が期待どおりに活躍、伸び盛りのGKを擁し、しかもPHIのダブルエースだったふたりをゲット、でイイカタチにみえまする。ご指摘のとおりNHL久々の連覇がありえるか、来季に注目したいとおもいます。

相手にリーフスがくる可能性はきわめてキビシイとおもいますが〜。。。
| デンじい | 2012/06/14 17:17 |
じろうさん、こんにちは。

ファイナル、終わりましたね。
バーニエのメジャーペナはダブルマイナーでも良かった気もしますが。
しかし、その5分間で3点も入れたLAのオフェンスはみごとですね。
それまでのPPがパッとしなかっただけに、この重要な場面で機能するとは、って感じです。

オフシーズンとなり、選手の動きが気なる時期になりました。
早くもDETとSJでDF同士のトレードもありましたし。
で、肝心の協定がどうなるか、これが一番心配ですね。ロックアウトでのシーズンキャンセルを経験しているんで、無茶なことはしないと思いたいものです。
| NON | 2012/06/15 09:56 |
皆さん、コメントありがとうございます。

>シコラ大好きさん
ニュージャージーは残念でしたね。
(アイスタイムは多くなかったですけれど)シコラ選手も最後はフル出場していましたけれど…。
で、そのシコラ選手ですが、ニュージャージーはこのオフにFAとなる有力選手が多いので、
「語りべ」の予想では、再契約の可能性は少ない気が。。。

>キータさん
ペナルティに関しては、ホームだからというのではなく、
ジャッジなので従うしかなかった思いますし、そこを切り抜けられなかったのが敗因なのでしょうね。
ちなみにAHLのファイナルでは、第3戦のオーバータイムで、
この試合よりはるかにシビアな結末となりましたよ。
(動画がアップされていますから探してみてください!)

>デンじいさん
次の記事で紹介しましたけれど、
ロサンゼルスのメディアは、まだまだキングス認知度が低いようです(苦笑)
ロサンゼルスのメディアの認知度がアップするのが先か?
それともトロントのスタンレーカップ奪還が先か? どっちでしょうね(笑)

>NONさん
コメントしてくださったとおり、労使協定の行方が気がかりですね。
ロサンゼルスのメディアについて触れましたけれど、
アメリカでの扱いがダウンするキッカケになったのが、以前のシーズンキャンセルでしたから、
最悪の事態が再現されることだけは勘弁してほしいですよね。
| 「語りべ」 | 2012/06/16 00:41 |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovehockey.jugem.jp/trackback/1313
トラックバック
__