加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< DALLAS STARS VICTORY !! | main | No, thanks ! Not Thanksgiving !! >>
2012.11.15
Asia League's Foundation Day
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

突然ですが、今日は何の日か、ご存知ですか?

知ってるよ! と言うホッケーファンの方も多いと思いますが、、、

今日11月15日は、「アジアリーグの誕生日」 なのです!


9年前の2003年11月15日に、まず苫小牧で。
続いて1時間後に横浜で、熱戦の火ぶたが切って落とされたアジアリーグ
は、
今季が10年目。

加藤じろう直営!「語りべ」通信では、
メモリアルイヤーを迎えた “アジアリーグの創設記念日・特別企画” として、
栄えある初代MVPを受賞した ライアン桑原(日本名=桑原ライアン春男)氏の
インタビューをお届けしましょう!


     ────────────────────────────────────────


   「語りべ」:
   桑原さんは、日本リーグ時代にコクドの一員になって、日本代表でも活躍され、
   その後、1年間だけイギリスでプレーをしたあと、
   日本製紙クレインズと、High1(ハイワン)で、アジアリーグを戦いましたけれど、
   アジアでのホッケーキャリアを振り返って、いかがでしたか?

  ライアン桑原氏
  「22歳の時に、日本でプレーをするチャンスが巡ってきたのは、とても幸運でした。
  何と言っても、長野オリンピックに出場できたのは、
  私にとっても、家族にとっても、決して忘れることができません。

  もちろん日本リーグやアジアリーグでも、たくさんの良い思い出があります。
  コクド、クレインズ、High1の3チームに在籍をしましたけれど、
  どのチームでも、仲間たちと一緒にプレーをすることが、
  私にとって、最も楽しい時間でした」

Ryan KuwabaraRyan KuwabaraRyan Kuwabara




   「語りべ」:
   日本リーグとアジアリーグでプレーをされて、違いを感じた点はありましたか?
   
  桑原氏
  「最も大きな違いは、アジアリーグによって、
  より多くのチームや選手と対戦するチャンスが、もたらされたことだと思います。

  日本リーグでプレーしていた選手の大半は、
  高校や大学でチームメイトだったり、対戦相手だったりして、
  お互いをよく知りあっている選手ばかりでしたから、
  知らない国の相手と対戦することは、レベルアップにつながったはずです」




   「語りべ」:
   知らない国と言えば、カナダで生まれた桑原さんも、初めて日本へやってきて、
   そして韓国でもプレーをされましたけれど、アジアでの生活は、いかがでしたか?

   桑原氏
   「日本も韓国も、私と家族にとって、間違いなく特別な場所でした。

   それぞれの文化や習慣に食べ物。
   そして、ともに戦った選手と、支え続けてくれる家族と会社の方たち。
   さらに、素晴らしいファンの皆さん。
   貴重な経験を与えてくれた全ての人たちに、深く感謝をしています」




   「語りべ」:
   今度はホッケーの話をうかがいますが、
   足掛け15年もの間、アジアを舞台に戦ってきて、一番の思い出は何ですか?

   桑原氏
   「たくさんありますよ(笑)
   先ほど話したオリンピックも、もちろんですけれど、
   何度もチャンピオンになって、チームメイトと一緒に喜べたことは忘れられません。

   特に、2006-2007シーズンに、
   全日本選手権とアジアリーグで優勝したのは格別でした。
   クレインズが二冠を達成したのは、初めてでしたから、
   釧路の街全体が、エネルギッシュに盛り上がっていたのが、
   とても印象深いです」
 
   Ryan Kuwabara and His Teammate
     



   「語りべ」:
   最後になりますが、アジアリーグの今後へ向けて、どのようなことを期待されますか?

   桑原氏
   「最も大事なのは、改善と挑戦を続けていくことだと思います。
   アジアリーグが続くにつれて、チームはもちろん、
   国境を越えて移籍する選手が増えてきました。
   これは前向きな一歩ですし、
   それぞれのチームの競争力がアップすることにも、つながっていくはずです。

   レギュラーでない選手や、次の世代の選手たちも含めて、
   改善と挑戦を続けながら競争していけば、
   日本は近い将来に、また世界選手権のトップディビジョンへ、
   上がることができると確信しています」



     ────────────────────────────────────────


    
長野オリンピックへの強化の一環として、
1994年に日本リーグのチームに対し、獲得が許された日系外国人選手一期生の中で、
22歳という若さと大きなサイズ。
さらに、モントリオール カナディアンズにドラフト2巡目(全体39位)指名された経歴から、
最も注目されたのが、桑原氏でした。

来日当初は、やや空回りしている様子でしたが、すぐさま本来の力を発揮して、
コクドの優勝に貢献。

日本国籍を取得して、長野オリンピックに出場したのに加え、
世界選手権ではキャプテンを務めるなど、日本代表でも存在感を見せつけました。

2002年にイギリスのチームと契約するも、翌年には日本へ戻り、クレインズの一員に。
アジアリーグ初代王者へ導いたのとともに、自らもMVPと最多得点賞を受賞。

2008年に High1へ移籍し、1年間プレーしたあと、
カナダへ戻って、シニアリーグのチームで2シーズンを過ごして引退。

昨季からは、カナダ・オンタリオ州にある、
Jr.Bクラスのチーム ストーニークリーク ウォーリャーズ のGMに就任。

今季は、同チームのヘッドコーチに転じ、
未来のスター選手たちの育成に力を注いでいる一方で、
プライベートでは、4人のお子さんのパパでもあるそうです。


今回お届けしたインタビューは、
「アジアリーグアイスホッケー・オフィシャルプログラム」用の取材だったのですが、
前述のように、ヘッドコーチに転じたばかりの桑原氏は、多忙を極めていた様子で、
返事が届いたのは、アジアリーグの開幕後・・・。

というわけで、10年目を迎えたアジアリーグの誕生日の特別企画として、
「語りべ」通信で、紹介をさせていただきました。


桑原氏は間に合いませんでしたが・・・、
「2012-2013アジアリーグアイスホッケー オフィシャルプログラム」 では、
これまでアジアのホッケー界を彩った男たちのプレー写真と、
メッセージが掲載してあります。

試合会場などでお買い求めの上、ぜひご覧ください!




アジアリーグ | comments(9) | trackbacks(0)
2018.04.19
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
 こんにちは、そうですか。アジアリーグ9周年だったのですね。桑原氏のことは知っています。長野オリンピックに出ていましたものね。98年2月7日の開会式の夜に、日本対ドイツ戦が行われていたことを覚えています。当時小学生だったのですが、クラスメイトの多くの人が、この試合を見ていました。語り部さんもご存知ですか。

 桑原氏の足跡を書いていただきありがとうございます。とても参考になりました。カナディアンズにドラフトで指名された経歴を持っていたのですね。

 彼の言葉にあるように、アジアリーグ内で、国境を越えて選手の移籍が活発になるといいですよね。

 話が変わりますが、よろしいですか。

語り部さんは、11日(日)に日光で行われた五輪1次予選を入り口と反対側のメディア席でごらんになっていましたか?私自身すぐ近くにいてプレスルームに座る語り部さんのことを見ていました。第1ピリオドの終了後、プレスルームの席を立っておられたので「ホームページでお世話になっています」と挨拶しようとしましたが、他の人と話している最中だったので、遠慮させていただきました。お声をかけられることはありますか?

 前回の記事でコメントが反映されなかったと書いてしまいましたが、こちらの不具合だったようで、申し訳ございません。また情報を提供してください。よろしくお願いします。
| KS | 2012/11/15 16:31 |
じろうさん,おはようございます。

アジアリーグが満10歳ですか。
なんか感慨深いですね。
アジアリーグだけが理由ではないでしょうが,この10年で韓国のホッケーのレベルは相当高くなりましたね。
リーグ発足前に釧路の練習に来ていたハルラの姿を思い出せば,「まさか」って感じです。
(^_^;

クレインズに関しては,やはり東伏見の激闘を制し,初めてプレーオフを勝ち上がって優勝を決めた瞬間が忘れられません。
あの時は自分も含めて各方面にものすごい勢いがあったと思います。

桑原選手は,相手チームにいたときは本当に嫌な選手で私のヤジの対象でした。
(^_^;
しかし,クレインズに来てからの活躍はご存じの通り。
頼りになる選手でした。
まだ小学校に上がる前の長男と私とのスリーショットの記念写真は大切な思い出です。

桑原選手の活躍を期待したいです。
| jimmy | 2012/11/16 08:19 |
じろうさんこんにちは!
10年ですね。Time flies so quicklyです。この10年、日本人NHLプレイヤー出現、「西武時代」終焉、韓国の力量超アップ!などいろいろありましたですね。。。

そんななか、アジアリーグのハイライトシーンをおおいに彩ってきてくれた桑原氏の話題をありがとうございました!抜群のプレゼンス、独特の輝きを放ってましたし、ジュニア選手たちにも「動物くん」(失礼!)などとも呼ばれて人気がありました!

こどもたちを引き寄せるある種のオーラがあるかたとおもいます。これまでプレイで楽しませてくれたことに感謝しつつ、優秀な選手たちをおおいに育てていってくださるようエールをおくりたいです!

で、彼が育てた選手、クワバラチルドレンたちがいつかアジアリーグでもおおいに活躍してくれるような「ご縁」が生まれたら最高にすばらしいこととおもいます!
| デンじい | 2012/11/16 09:24 |
こんにちは!☆
私はすごく生まれてばかりの頃から日本リーグの試合に連れて行って貰ってました♪
今では中学生になりました!でも、今でもアイスホッケーが、大好きで、関東でやる試合は毎回のように観にいっています!!!

私は今CRANESの大ファンですが
私が好きになったのはライアンを追いかけていて
CRANESの大ファンになりました&#8252;&#9825;
今でもライアンから貰ったサインや撮ってくれた写真は大切にがくにいれて飾ってあるくらい大好きで、high1に行った時も1度試合を観に行って
それが、ライアンのプレーを観たり、出待ちできる最後のことになるなんて思ってなくて、

次のシーズンのメンバーを見た時
ライアンがいなかったのがショックで泣いた記憶もあります…そのぐらい大好きでした&#9825;

なので、今回語りべでライアンが
特集されていて、また
オフィシャルプログラムでもライアンが載っていて本当に嬉しかったです!!!

本当にありがとうございました(^-^)

| mai71 | 2012/11/16 20:08 |
じろうさん、おはようございます。
桑原選手と云えば、クレインズ時代の東伏見での国土戦で伊藤雅俊選手とプラント選手とのラインで当時の国土福藤選手との対戦が特に印象に残りますね。手が付けられない位好調で1分半の間にこのラインで3得点した試合を観戦した事があります。
| iceb55 | 2012/11/17 11:02 |
じろうさん、ご無沙汰しております。


アジアリーグ10周年おめでたいですね!!
私も嬉しく思います。

また、桑原選手については、身近な“いかれぽんち”から情報を見聞きしていたので興味深く読ませて頂きました。
寄せられている「改善と挑戦」って新参者ながらちょっとわかる気がします。


私もアジアリーグと出会って早3年になります。
今ではすっかり虜に☆
11/17・18も韓国遠征に行ってきました。

その際、ちょっとびっくりしたので、質問させてください。
と言うのも、ホームチームの応援に会場のマイクが使用され、競技中や協議中にもマイクを通して応援の音頭が取られたり、音楽が流れました。前回の韓国遠征ではそのような事がなかったし、今まで経験の無いことでびっくりしました。
上記のような会場運営?応援?は世界各国で共通の方法なのでしょうか?

もし、変な質問でしたらすいません。
私自身もスポーツをしているので、「これってあり?」って疑問に感じました。


以上です。
| 理ぃ系 | 2012/11/19 11:41 |
皆さん、コメントありがとうございます。返事が遅くなって申し訳ありません。

>KSさん
ご丁寧なお返事をくださり恐縮です。
もしまたどこかでお見かけ下さった時は、気軽にお声掛けください。

>jimmyさん
お互いに世代的なものなのか(失礼!)
「あの時は自分も含めて各方面にものすごい勢いがあったと思います」
とのコメントには、深くうなづいてしまいますねぇ。
リーグ全体に何が起こるかわからない期待感というか、ワクワク感が満ちていましたよね。

>デンじいさん
記憶に間違いがなければ、ジュニアくんは桑原選手のファンだったのでは?
桑原氏と一緒にプレーするのはもう無理にしても、
彼の教え子と一緒にプレーする日は、いつか実現するかもしれないですね。

>mai71さん
桑原選手、、、じゃなくて桑原ヘッドコーチが頑張って、
有名な選手を育てた名指導者になれば、サインが超レアものになりますね(笑)
ウェブサイトなどをチェックして追い続けてみてくださいね。

>iceb55
おそらく雅俊選手ではなく、佐藤匡史選手だと思いますけれど、
コメントしてくださったラインは強力でしたよね。
破天荒なオフェンス力で勝負するチームがあっても、個人的には歓迎なのですが…

>理ぃ系さん
異なる応援スタイルを楽しむのも、アジアリーグの醍醐味だと思いますよ。
身近な“いかれぽんち”の方も体感されたかもしれませんけれど、
ハバロフスクや(運営会社が財政難前の)首都体育館に、シャークス2年目の上海開幕戦。
それとまた違う意味でハルビンもスゴイ雰囲気でしたよ(笑) 次の機会にぜひ!
| 「語りべ」 | 2012/11/23 21:41 |
ライアンのWebサイトってあるんですか?
| mai71 | 2012/12/03 17:46 |
>mai71さん
こんにちは。本人のサイトについては分かりませんけれど、
本文の中で紹介した彼がHCを務めているチームには、オフィシャルホームページがありますよ!
| 「語りべ」 | 2012/12/04 17:13 |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovehockey.jugem.jp/trackback/1370
トラックバック
__