加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< Korean Armed Forces Team Join in Asia League | main | Ilya Kovalchuk Retires From NHL >>
2013.07.11
QUIZ LOVE HOCKEY !! #22
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

まず、こちらの写真 ↓ をご覧ください。

   Pekka Rinne

ナッシュビル プレデターズ の ペカ ・リネ 選手 と、、、


   Tuukka Rask

ボストン ブルーインズの トゥッカ ・ラスク 選手


皆さんも、よくご存知のNHLを代表する、二人のGKですけれど・・・

突然ですが、問題です!


この二人には、スゴ〜イ共通点があります。それは一体、何でしょうか?


正解は ↓ こちらをクリック!

正解は、、、 NHL最高給GK なのです!


既にお伝えしたとおり、NHLではFA(フリーエージェント)資格を有する選手とチームとの交渉が、
5日(現地時間)から始まり、連日、多くのニュースが報じられていますが、
昨日 ボストンは、昨季のフレーオフで大活躍したラスク選手と、
総額 「56万USドル」 で、「8年契約」(延長)を結んだと発表。


日本円に換算すると、年俸は、ナント 「約7億円 !!」 (1USドル=100円で計算)


この金額は、昨季からの7年契約を結んでいるリネ選手と並んで、
NHLの全てのGKの中で、ナンバーワン!


スタンレーカップを3度も手にした マーティン ・ブロデューア 選手をはじめ、
ニューヨークのファンから「キング」と称される、ヘンリク ・ランドクウィスト選手

さらに、ライアン ・ミラー選手や、ロベルト ・ルオンゴ選手といった、
輝かしい実績を誇るベテランGKだけでなく、
ソチオリンピックで、カナダの守護神最有力候補と言われる、キャリー ・プライス選手や、
アメリカ代表のゴールを守るのが確実視されているジョナサン ・クイック選手 よりも、
お給料が高いのです〜(笑)


お気づきでしょうけれど、ラスク選手も、リネ選手も、フィンランド生まれ。

このニュースを知ったホッケー少年たちの中に、「GKをやりたい!」という子供が増えてきて、
フィンランドが、近い将来 “ゴーリー王国” になっていくかもしれませんね!


注)サラリーキャップ制度のキャップヒット額で紹介しています。




QUIZ LOVE HOCKEY !! | comments(3) | trackbacks(0)
2017.11.18
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
じろうさんこんにちは。おっしゃるとおりで、ほかにもニエミ選手、キプラソフ選手。。。天下のゴーリイどころですねえスオミのくには!

けど、日本も東洋の伝統的ゴーリイ産地、といってよいとおもっております。

それにしてもラスク選手、大活躍は今季だけなのに!ここのところ話題の長期大型契約ですけど、かれに限っては、チームサイドの評価は妥当なきがいたします。

彼とトロントとのご縁がもう少し深ければ、とおもうジジイより
| デンじい | 2013/07/12 12:22 |
名前はスウェーディッシュみたいだけどフィンランド国籍のミネソタのバックストロームも忘れないでね
| Harry | 2013/07/14 11:47 |
コメントありがとうございます。

>デンじいさん
まさに、レイクロフト選手のトレードが命運を分けてしまいましたね。
今季はバーニエ選手を獲得し契約にこぎつけましたから、
ライマー選手の処遇とともに、最後の砦がポイントになりそうですね。

>Harryさん
バックストローム選手もチーム内でのウエイトの大きさを考えると、
サラリーが紹介した二人の半額以下というのも。。。
今にして思えばプレーオフ初戦のウォームアップでケガをしていなければ、
シカゴの優勝もなかったかもしれませんね !?
| 「語りべ」 | 2013/07/20 10:16 |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovehockey.jugem.jp/trackback/1463
トラックバック
__