加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< QUIZ LOVE HOCKEY !! #22 | main | NHL Announced Detail of Realignment Season >>
2013.07.12
Ilya Kovalchuk Retires From NHL
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

2001年のドラフトで全体1位指名されて以来、
アトランタ スラッシャーズと、ニュージャージー デビルスで、
11季にわたってプレーをしていた、イリヤ ・コバルチャク 選手が、
NHLでのキャリアにピリオドを打つと発表。

祖国に戻って、KHLのスカ サンクトペテルブルグでプレーすることを、決意しました。

   Ilya Kovalchuk


コバルチャク選手と言えば、小さい頃から図抜けた得点センスの高さを発揮して、
来日時には(オフアイスも含めて!?)日本の関係者をビックリさせたほど。

前述のとおり、全体1位指名を受けて、NHLを活躍の場にしてからも、
得点センスの高さは際立ち、3季目にはモーリス リシャード トロフィー(得点王)を獲得。

また、キャプテンとしてもチームを率い、
2007年には、アトランタを初めてプレーオフに導きました。

   Ilya Kovalchuk


それから3年後、ニュージャージーへ電撃トレードされたあとも、
オフェンスの核を担っていましたが、
昨季のロックアウト期間中に、
知人がチームの要職を務めている、サンクトペテルブルグでプレーした
ことから、
大きな心境の変化が生じたとのこと。

ニュージャージーの ルー ・ラモリエロ GMも、
(変則的ながら)あと13年残っている契約の解除を受け入れ、本人の意向を優先するそうで、
今季はコバルチャク選手が、ロシアのファンを沸かせる姿が見られそう。

加えてコバルチャク選手は、世界選手権でMVPを受賞し、
祖国の優勝に大きく貢献するなどしてきた実績もあるだけに、
来年2月の「ソチオリンピック」でのプレーも、大いに注目されますね!




NHL | comments(3) | trackbacks(0)
2017.11.18
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
スラッシャーズ時代にコバルチャク選手を一度だけライブでみたことがあります。1点ビハインドのラスト1分、ワンタイマーショットをファインセイブに阻まれ、「天を仰いで」いた姿が、非常に、印象的でした。。。

いろんな意味で、もってる選手で、カリスマでした。NHLから消えてしまうのは残念で本当にさびしいですけど、ご当地の、ご母国の、ファンやとくにアイスホッケーを愛するこどもたちにとって輝かしい目標になってほしい、と願います。
| デンじい | 2013/07/12 12:28 |

 こんばんは、NHLのスタンレーカップは7月に第1戦から観戦していましたので、記事を読むのが遅くなってしまいました。すでに来期に向けて、30チームは動き出していますね。

 スタンレーカップは、ブラックホークスが4勝2敗でブルーインズを下しましたが、力の差はほとんど無かった気がします。第1戦は3rdオーバータイムまでもつれ込むなど、力が拮抗していることが分かります。

 コバルチェク選手は、もうNHLでプレーする気はなく、KHLでキャリアを終える予定でしょうか?

 やっぱり祖国が一番なんですかね。ソチオリンピックが楽しみです。
| KS | 2013/07/15 19:20 |
コメントありがとうございます

>デンじいさん
30台を迎える今季も、シュートを外して少年のように悔しがっていた姿も見られましたよ(笑)
大きなリスクを招致の上で、本人の意思を尊重してリリースした
ニュージャージーもスゴイですよね。

>KSさん
これまでにも触れましたけれど、ファイナルの注目度がかなり低かったせいもあって、
プレーオフはもう遠い彼方ですよねぇ(笑)
そのくらい動きがあるのは、見る側を楽しませてくれるから歓迎ですね。
しばらく落ち着いていますけれど、そろそろまた大物の動きが出そうな頃かも???
| 「語りべ」 | 2013/07/20 10:24 |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovehockey.jugem.jp/trackback/1464
トラックバック
__