加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< Cranes Hope To Make “History Repeats Itself” | main | Here is The HOCKEY NATION >>
2014.03.29
Cranes Will Grab 4th Time Opportunity ?
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

アジアリーグのプレーオフ ファイナルは、
苫小牧での3試合を終えて、今夜から舞台を釧路に移して行われます。


皆さんもご存知のとおり、ここまでの試合結果は、
初戦こそ王子イーグルスが勝利して、今季の地元での連勝を「19」に伸ばしたものの、
続く第2戦と、第3戦で連敗を喫してしまい、
トップリーグや全日本選手権の “メジャータイトル” を、
実に、9970日ぶり に苫小牧で勝ち取ることは、できませんでした。



一転して、対する日本製紙クレインズには、
地元の釧路でメジャータイトルを手にする 絶好の機会が!

そんなクレインズに関する、この数字 ↓
4度目


これが何の数字か分かりますか?

正解は、、、
釧路のファンの前で行う

メジャータイトル制覇のかかった試合の数
なのです。


覚えていらっしゃる人も多いでしょうが、
これまでクレインズには、、、、




と3度ほどチャンスがめぐってきたものの、いずれも黒星・・・。

それだけに、今年の「アジアリーグ・ファイナル」で、
チーム創部以来、初めてとなる “釧路で胴上げ” の期待が集まります。



さらにもう一つ、クレインズに関して、ご覧いただきたい この数字 ↓
0 対 36


これが何の数字か分かりますか?

正解は、、、
イーグルスとの初めての公式戦の結果
なのです。


クレインズは、1949年の末に「十條製紙アイスホッケー部」として誕生し、
翌々年の「全道選手権」で、初めてイーグルス(当時は王子製紙)と顔を合わせましたが、
結果は、「0対36」 と惨敗・・・。

もっとも、それもそのはずで、
創部して間もない頃の十條は、ホッケー好きの男たちが集まったチームで、
既に強豪として名を馳せていた王子から、指導者を招いていたほど、
大きなレベルの差があったのだそうです。



それから、60年あまりの時を経て、
日本のホッケー界で “盟主の座を争う戦い” を繰り広げ続けている両チーム。


クレインズが「4度目の機会」で勝利をつかみ、
地元ファンの前で、アジアの頂点へ返り咲くのか !?

それともイーグルスが、14季ぶりのトップリーグ制覇を果たし、
強豪復活を遂げた釧路の地
で巻き返すのか !?


今季のチャンピオンが決まる「プレーオフ ファイナル ・釧路ラウンド」の試合は、
相沢浩二 氏(前クレインズ監督)の解説ともに、
エフエムくしろ が、ラジオとインターネットで生中継!

また、Jスポーツでは、録画中継の予定です。

どうぞ、ご期待ください!





アジアリーグ | comments(3) | trackbacks(0)
2018.07.04
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
じろうさん
おはようございます。

クレインズ地元初優勝については,別に記してくれると思うので,ここでは簡単に(笑)。

初戦で大敗した時にはどうなることかと思いましたが,最高の場面を地元で見ることができて良かったです。
| jimmy | 2014/03/30 09:08 |
じろうさん、こんばんは。
解説おつかれさまでした!
すばらしい試合でした。まさにがっぷり四つでしたね。また来シーズン熱い試合を見せてくれることを楽しみにしてます。
| mine | 2014/03/30 18:44 |
コメントありがとうございます。返事が遅くなって大変申し訳ありません。

>jimmyさん
ある意味、初戦敗退したからこそ、初めての地元胴上げ実現!となりましたよね。
そうやって考えると、「ほぼ全勝」だったジミーさんの遠征時の勝率が、
少しダウンしましたけれど、きっとノープロブレムですね(笑)

>mineさん
コメントしてくださったとおり、スタンドが沸くシーンが多く見られましたよね。
これを見ると、以前のようなベストオブセブンシリーズにしても、
面白いような気がするのですけれど・・・。
世界選手権があるのなら、そのあとにプレーオフをやってもいいですし、
NHLが終わっても、まだアジアリークのファイナルをやっている!
というスケジュールだっていいですよね!
| 「語りべ」 | 2014/04/05 00:06 |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovehockey.jugem.jp/trackback/1561
トラックバック
__