加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< Best All-Star Game | main | Meet Again With President OBAMA >>
2015.01.28
Martin Brodeur Decided to Retire
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

セントルイス ブルースは、
マーティン ・ブロデューア 選手が 現役引退を決意!
したことを、昨日(現地時間)発表しました。



昨オフに紹介したとおり、19歳で NHLデビューを飾って以来、
ずっとプレーをしてきたニュージャージー デビルスから、契約延長の提示がなく、
所属チームが決まらないまま、今季の開幕を迎えたブロデューア選手でしたが、
メインGKが負傷したセントルイスのオファーを受けて、先月2日に契約。

セントルイスのファンはもちろん、
ニュージャージー ファンからも大きな声援を受けたブロデューア選手は、3つの白星を上げ、
昨年末の試合では、42歳にして移籍初完封も達成しました。

Martin Brodeur


しかしながら、メインGKの負傷が癒えたことから、
セントルイスは、チームの組織に入り、スタッフへの転身を打診。

先日の記事で紹介したように
今月14日(現地時間)からチームを離れていたブロデューア選手は、
当初の予定の一週間を超えて、オールスターブレイク明けまで、熟慮を続けた模様ですが、
29日に行われる会見の席上で、自ら引退を発表するそうです。




ベジナトロフィー (最優秀GK賞)に輝くこと 「4回」

スタンレーカップ を手にすること 「3回」

オリンピックの金メダル を勝ち取ること 「2回」

ワールドカップで世界一 になること 「1回」

という輝かしい実績に加えて、
セントルイスに移籍してからも積み重ねた、、、

通算出場 = 1266試合

通算勝利 = 691勝

通算完封 = 125回

この数字は全て、長いNHLの歴史の中で、ナンバーワン!


参考までに紹介すると、
現役のGKで、2位につけている 35歳の ロベルト ・ルオンゴ 選手が、
あと「426試合」に出場して、「301勝」「57完封」をマークしなければ、
肩を並べることができないだけに、ブロデューア選手の積み重ねた数字は、
永遠にナンバーワン のままかもしれません。

Martin Brodeur




<追記>
現地メディアの第一報と、チームが発表した会見日が異なっていたため改めました。






NHL | comments(3) | trackbacks(0)
2020.05.02
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
じろうさんお元気でせうか〜寒中お見舞い申し上げまする〜

パトリック・ロワ氏について「ロワの前にロワなし、あとにもロワなし」という意味のことをいったひとがいましたが、記録的にはブロデューワ氏についても同じことがいえるのかもしれませんね。彼のファンではありませんでしたが、NHL史を飾った偉大な守護神の引退で、ひとつの時代が終わったな、という感慨をおぼえまする。それに700勝はさせてあげたかったな、という気持ちにはなりまする。。。長い間ごくろうさまでしたといいたいですね。

なんともいえない寂寥感をおぼえる古代のGKのジジイより

| デンじい | 2015/01/29 17:03 |
コメント欄では大変ご無沙汰しております。でもブログは毎回欠かさずチェックさせてもらっています。

個人的には、青いユニホームも好きでしたが、なんかあっけない感じで残念でした。試合勘が戻れば、と思っていたので…。

※今年はじろう節がたくさん聞けてうれしいです。そして落ち着いて試合が見れます。


| くま三郎 | 2015/01/31 20:56 |
コメントありがとうございます。

>デンじいさん
最後の一文にも書かれていたように、一時代を築いたスタープレーヤーが、
次々とレジェンドになっていくのは、時代の流れとは言えさびしいですねぇ。
気持ちを切り替えて、ロワvsブロデューアのヘッドコーチ対決が見られる日を待ちましょう(笑)

>くま三郎さん
ご無沙汰しています!
復帰後、途中出場も含めて3勝していますし、サラリーも手ごろでしたから、
メインでなくても、コーチ補佐的なバックアップゴーリーとして、
選手登録をしておいても良かったようにも思いますけれど・・・。
というより、某チームに行けば、まだまだメインゴーリーでプレーできそうな気もしませんか !?
| 「語りべ」 | 2015/02/03 20:37 |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
__