加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< Toronto Set Worst Record | main | DO or DIE !! >>
2015.02.08
SUBBAN vs SUBBAN !?
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

前回の記事で紹介した トロント メイプルリーフス は、
昨夜(現地時間)の試合で、先月9日以来の白星を手にして、連敗が「11」でストップ。

久々の勝利に、トロントのエアカナダセンターは、大いに沸きましたが、
それにも増して沸き上がったのは、
ボストン ブルーインズのホームアリーナの TDガーデン!

どうして大いに沸きあがったのかと言うと、
今季のスーパーボウルを制した ニューイングランド ペイトリオッツ の選手たちが、
やってきたからです !!






このように、試合前から大いに沸いた興奮の余韻も冷めやらぬTDガーデンでは、
今夜も試合が行われますが、
最大の注目は、、、「ボストンの先発GK」 です。



ボストンのメインGKと言えば、
皆さんも よくご存知の トゥッカ ・ラスク 選手

Tuukka Rask



一昨季にベジナトロフィー(最優秀GK賞)を手にした守護神をメインに据えて、
バックアップには、25歳の ニクラス ・スベドバーグ 選手という二人で、
今季は戦ってきました。



しかし、ラスク選手中心の起用が続いたことから、
ボストンの クロード ・ジュリアン ヘッドコーチ(HC)は、
試合感を失わないように出場機会を与えるため、
スベドバーグ選手を、先月30日に傘下のAHLチームの プロビデンス ブルーインズ へ。

その代わりに、バックアップ役として昇格させたのが、
マルコム ・スバン 選手でした!





ドラフト指名された際に、お伝えしたとおり
マルコム選手は、モントリオール カナディアンズの、、、
もとい、NHLを代表するDFである P.K.スバン選手(4歳年下の次男)


これまでマルコム選手は、プロビデンスでプレーを続けていましたが、
プロ契約2年目にして、初めてNHLチームの一員に!

ただ、現地のメディアは、
バックアップながら、2回も完封勝利をマークしているスベドバーグ選手が、
プロビデンスで1,2試合プレーしたあと、ボストンへ再昇格するだろうと報じていましたが、
ここまでテリアンHCに動きは見られず、今夜のモントリオール戦を迎えます。



NHLの多くのチームでは、「バック トゥ バック」と呼ばれる2連戦の際には、
先発GKを交代させることが多いのですが、
先月10日以来、10試合連続先発中の ラスク 選手は、
「(先発に起用されれば)ボクは行けるよ!」とキッパリ。


対して、ボストンのホームゲームを中継する NESN では、
2連戦の2試合目でのラスク選手の成績が、芳しくない数字を示して
スバン 選手の初先発を示唆するレポートをオンエア。




一方の スベドバーグ 選手は、
プロビデンスで、一昨日の試合に先発したあと、昨夜の試合には出場せず、
今夜のボストンでの試合に、備えているようにも見えますが・・・。



果たしてテリアン HCは、今夜のモントリオール戦の先発GKに、誰を起用するのか !?

そして、スバン兄弟の “NHL初対決” は見られるのか !?


ボストンとモントリオールのファンでなくとも、注目の一戦となりそうです!







NHL | comments(2) | trackbacks(0)
2017.11.18
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
こんばんは、なるほど、スバンの弟を起用するかもしれないのですね。とても楽しみです。

 確かに2番手ゴーリーの出場機会がなければ、AHLに送り、試合感覚を見に付けさせるのも一つの手ですよね。

 例えば、ペンギンズでは、フルーリーが絶対的な力を持ち、2試合連続完封勝利を果たしました。現地時間7日(土)のカナックス戦では、バンクーバー五輪ドイツ代表のグレイスを起用し、5失点を喫しました。ゲームの模様は見ていないのですが、試合から遠ざかっていると、感覚が鈍るのかなぁーと思いました。

 野球の大リーグのように、登録抹消制度はNHLにはないですかね。

 例えると、NHLの登録ベンチ外を含め25人位から外すと、2週間は戻ってこれないという制度です。

 もしスバーン選手の弟が先発ゴーリーに起用されれば、楽しみですね。

 
| KS | 2015/02/09 00:18 |
>KSさん
コメントありがとうございます。

詳細は異なっても、NHLでもサラリーキャップとの兼ね合いで、
アフリエイトチームとの動きはありますよ。
| 「語りべ」 | 2015/02/09 22:36 |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovehockey.jugem.jp/trackback/1690
トラックバック
__