加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< DISAPPOINTED・・・ | main | KHL Gagarin Cup Final Game7 will Face-Off Tonight ! >>
2019.05.25
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
2016.04.16
Nagano Olympics' Team Japan Player Come Back !!
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

アニャンハルラが、5季ぶり3度目のチャンピオンに輝き、
今季のアジアリーグは全日程を終了しましたが、
他のリーグへ視線を移すと、
KHL のプレーオフは、ファイナルが大詰めに!

北米では、カナダの3つのメジャージュニアリーグが、プレーオフの真っ只中。

NHLをはじめとする北米のプロリーグでも、プレーオフシーズンを迎えたとあって、
ホッケーシーズンは、佳境へ向かっていきます。


一方、南半球では、秋の訪れとともに、
(あまり盛んだとは言えませんけれど・・・)ホッケーシーズン到来!

なかでも、オーストラリアでは、先月半ばに、プレシーズンのカップ戦 が始まったのに続いて、
丁度一週間後の23日(現地時間)から、
オーストラリアリーグ」のレギュラーシーズンが、スタートします。


オーストラリアのチャンピオンを目指して参戦する8チームの中で、最も注目されるのは、
ズバリ! メルボルン アイス !!

2010年〜12年までプレーオフを制して、3連覇を達成しながら、
ここ2年は、いずれもファイナルで敗れ去っただけに、王座奪還への意気込みが高そうです。


そんなチームに、日本のファンの皆さんも よくご存知の選手が、新たに加わりました。

長野オリンピックや世界選手権(トップディビジョン)で、日本代表のポイントゲッターとして鳴らした、
クリス・ユール 選手(元コクド&日本製紙クレインズ)です!

Chris Yule



3季前にクレインズを離れたあとは、本格的なプレーから遠ざかり、
2年間のブランクがある模様ですが、
背番号「9」のジャージに袖を通して迎える、オーストラリアでの開幕戦では、
日本リーグのデビュー戦のように、センセーショナルなスタートを飾れるでしょうか?


かつて High1 と、チャイナシャークスに在籍し、
オーストラリアリーグでもプレーをした スティーブ ・マッケンナ 氏(元オーストラリア代表監督)が、
「多くの選手が仕事をして生計を支えながら、ハングリーにプレーしている」
と評した南半球のリーグを、元オリンピック代表選手の活躍で、沸かせて欲しいですね。






★ special thanks to Mr. K.M.


<追記>
当初に発表されていた背番号と改まった模様のため、本文も修正しました。
また、チームがアップしたオフィシャルフォトを掲載しました。



アイスホッケー | comments(0) | trackbacks(0)
2019.05.25
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovehockey.jugem.jp/trackback/1991
トラックバック
__