加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< Which Goalies Will Start in Game 5 ? | main | Patrick Marleau Has Lead Over Jay Bouwmeester >>
2016.05.23
Finland Unhappy But Finnish Prospect So Happy
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

今月6日(現地時間)からロシアで行われていた「世界選手権(トップディビジョン)」は、
昨夜の決勝戦で、フィンランドを 2-0 のスコアで下したカナダが、
2年連続26回目の優勝
を果たして、全日程を終了しました。




今大会でカナダのキャプテンとしてを務めた コーリー ・ペリー 選手(アナハイム ダックス)は、
トリプルゴールドグラブのメンバーに!

世界一とともに、(選手として)26人目の栄誉を手にしました。





一方で、U20、U18に続いて、シニアの世界選手権も制して、
史上初めて同一シーズンに3つのカテゴリーで優勝
快挙を狙ったフィンランドは、あと一歩、、、
もとい、「あと一勝」及ばず準優勝。


しかし、フィンランドの中には、
今年の世界選手権で、いい思い出ができた選手もいるようです。

それは、パトリック ・ライネ 選手


先月に 18歳 の誕生日を迎えたばかりにもかかわらず、
ライネ選手は、今季の「U20世界選手権」で得点王となり、優勝に大きく貢献したのに続いて、
今大会でも得点王に輝き、MVPに選ばれました!





見事なまでの活躍を見せたライネ選手は、
NHLのドラフト指名候補選手の公式ランキングで、
何かと話題の多い(!?)オーストン ・マトュース 選手に続き、
第2位(ヨーロッパでプレーするFWとDF部門)の評価を受けているプロスペクト!



しかしながら、カナダに敗れてしまったとあって、
上の写真でご覧いただいたように、MVPを受賞したあとの表情は、イマイチの様子・・・


ではありましたが、
ライネ選手は、今年の世界選手権で “とびっっっきりの思い出” ができたのです!


どのような思い出かと言うと、、、





ロシアとの試合で、小さい頃から憧れている アレックス ・オベチキン 選手からチェックを受けて、
「(試合で着ていた)このジャージは、

ずっと洗わないでおくよ!」
と試合後のインタビューでコメント(笑)


未来のスター候補と呼ばれるスター候補も、
“18歳のホッケー少年” である一面を、垣間見せていたようです。


<追記>一部表記を改めました。



アイスホッケー | comments(0) | trackbacks(0)
2017.09.21
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovehockey.jugem.jp/trackback/2037
トラックバック
__