加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< Stanley Cup Final Notable Player | main | 5 Years Ago Today >>
2020.05.02
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
2016.05.30
Toronto Fans Satisfied With Playoff Final
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

NHLのプレーオフは、
今夜(現地時間)から「スタンレーカップ ファイナル」がスタート。

さらに、NHLの一つ下のリーグにあたる AHL でも、
明後日から「カルダーカップ ファイナル」が始まります。


いよいよ北米のホッケーシーズンは、クライマックスに差し掛かりましたが、
今季のプレーオフの結果に、きっと満足しているはずなのは、、、
「トロント メイプルリーフスのファンたち!」



え !? トロントは、NHL最下位の成績で、プレーオフには無縁だったし、
AHLのマリーズも、負けてしまったのに・・・

という声が聞こえてきそうですが、トロントファンが満足しているはずなのは、
CHL のチャンピオンを決める メモリアルカップ の結果です !!



カナダとアメリカ西部のメジャージュニアチームには、
WHL(ウエスタン ホッケーリーグ)、OHL(オンタリオ リーグ)、
そして、QMJL(ケベック メジャージュニアリーグ)という3つの主要リーグが存在し、
総称として CHL(カナディアン ホッケーリーグ)と呼ばれています。


各リーグの優勝チームと、開催地のホストチームが、
“ジュニアチーム ナンバーワン” の座を目指し、激しい戦いを繰り広げる「メモリアルカップ」は、
皆さんも知っている中では、河合卓真 選手(東北フリーブレイズ)も出場しましたが、
毎年、ハンパではない盛り上がり!


カナダはもちろん、ヨーロッパのホッケー強国などからも、多くのメディアが集まり、
テレビやラジオ中継は当たり前 !!

大手カード会社がスポンサーにつき、様々なイベントも行われ、
掛け値なしの大フィーバーになっています !!!



アルバータ州 レッドディアで行われた今年のメモリアルカップは、昨夜 決勝が行われ、
OHLのチャンピオンロンドンナイツ が、
OTに及ぶ熱戦を制して、11季ぶりのチャンピオンに輝きました!







優勝したロンドンは、以前の記事でも紹介したとおり
NHLのヘッドコーチ(HC)も務めたことがある デイル ・ハンターが、
オーナー、社長、そして ヘッドコーチという “三足のわらじ” を履いて率いているチーム。

今季のプレーオフでは、
OHLのカンファレンス クォーターファイナル(1stラウンド)第4戦で敗れたのを最後に、
ナント 「17連勝!!」

圧倒的な強さを見せつけて、
コーリー ・ペリー 選手(現アナハイム ダックス)選手が在籍していた2005年以来となる、
メモリアルカップを手にしました。


そんなロンドンの中核を担ったのが、、、
ミッチ ・マーナー 選手 (RW 18歳)






「ウェイン ・グレツキー 99 アウォード」
との名がつけられた OHLのプレーオフ MVPを受賞!

続いて、メモリアルカップでも MVP !!

さらに加えて、CHLの年間 MVP にも選ばれました !!



このように、MVPを受賞しまくった(笑) マーナー選手は、
トロントファンの方なら、ご承知でしょうが、、、



昨年のドラフトで、トロントが1巡目(全体4位)指名したトッププロスペクト!


「今季のことは全部忘れたよ!」という人が、ほとんどの(!?)トロントファンには、
マーナー選手の大活躍が、明るい話題になっているはず。



1巡目から4巡目まで、二つずつ指名権を持つ今年のドラフトを前に、
“フューチャーヒーロー” が台頭し、
名門チームの再建を待ち望むファンたちは、期待を高めていきそうですね。




アイスホッケー | comments(0) | trackbacks(0)
2020.05.02
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
__