加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< AHL Champion Invited NHL Stanley Cup Winner | main | KHL's Gorgeous Kids Game >>
2016.09.01
Kunlun Red Star Set Sail For First Season
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

9月に入り、新学期を迎えた方も多いでしょうが、
アイスホッケー界を見渡すと、新しい一歩を踏み出すチームがあります。

そのチームとは、クンルン レッドスター です!





既に「語りべ」通信で紹介してきたとおり
今季から北京をホームタウンにして、KHLへ加盟した新たなチームですが、
レギュラーシーズンの開幕から10日遅れて、今夜(現地時間)ハバロフスクで初戦に挑みます。

プレシーズンゲームでは、とんだ災難に遭った選手もいたようですけれど(苦笑)、
どんな一歩を踏み出すのか楽しみです!


とは言うものの、チーム新設が報じられた直後にも ↓ ご覧いただきましたが、、、

6月25日付記事の追記を再掲】

「語りべ」通信で、これまでに何度か触れましたが、
KHLは、「中国人選手がメインのチーム」を新たに参戦させるのではなく、
他チームと同様に、、、
「ロシア人選手を中心に構成する新チーム」
を北京に新たに設けるのが、基本路線の模様です。


モスクワやサンクトペテルブルグをはじめ、
人口の多いロシア西部をホームとするチームにとって、
ハバロフスクや、ウラジオストックへの遠征よりも、
近くて渡航手段も多い上、ビッグマーケットとしての魅力があることから、
北京へのエクスパンションに至ったのが、実情だと見られます。

但し、近年のNHLドラフトで指名された中にもいましたが、
中国系カナディアンなど、北米やヨーロッパのトップリーグとは契約を結べない選手たちは、
話題性も加味されて、
“クンルン レッドスター 一期生” のターゲットになるかもしれません。

(アジアリーグを観戦されるファン方に分かりやすい例では、
2005-2006シーズン当初の ノルディック バイキングス と同じスタイルですね)



このようなチームとあって、
(中国でプレーしてきた)中国人選手を、大きな戦力として見込んでいないのは明らかな様子。

それだけに、ロシアをはじめ、レベルの高い国のリーグで、
キャリアを積み重ねてきた選手たちとの契約を、進めているようですが、
ここへ来て、ビッグニュースが!

ロシアのタス通信が伝えたところによると、クンルンは、初戦を目前に控えた27日に、
アレクセイ ・ポニカロフスキ 選手と契約を結びました !!

ALEXEI PONIKAROVSKY



4季前のニュージャージー デビルスでの姿を最後に、
KHLへ活躍の場を移したポニカロフスキ選手は、
ニュージャージー時代もチームメイトだった イリヤ ・コバルチャク選手とともに、
スカ サンクトペテルブルグに、昨季まで在籍していましたが、
クンルンと1年契約を結び、新天地で開幕を迎えます。


ウクライナ代表として、ソルトレイク オリンピックにも出場し、一昨季にはKHLで優勝。

そして、トロント メイプルリーフス在籍時には、FWの柱として起用されていただけに、
36歳のベテランの存在は、新しいチームにとって、大きな戦力になりそうです。



KHL | comments(2) | trackbacks(0)
2017.03.17
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
じろうさん、懐かしい選手の話題をありがとうございます!!!

ポニカロフスキー選手はもうかなり年齢がいっているのではないかとおもいますが、2000年代のトロントではタッカー選手などと並んで貴重なスコアラーでした。いわゆる「もっている」選手だったとおもいますし、ラインメイトとくにセンターにもよるのでしょうが、まだまだ活躍してほしいものです。

そのあと日本チームにきてくんねんかな〜などと夢想するジジイより
| デンじい | 2016/09/01 12:36 |
>デンじいさん
コメントありがとうございます。
当時のトロントでは、偉大な13番に続いて、
ダーシ―・タッカー、ポニカロフスキ両選手もオフェンスをけん引していましたよね。

北米サイズと違ってリンクが広い分、ポニカロフスキ選手のプレーがいきてきそうだけに、
数字を残して、チームを引っ張っていって欲しいですね。
| 「語りべ」 | 2016/09/03 20:39 |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovehockey.jugem.jp/trackback/2127
トラックバック
__