加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< 日本製紙くまモンズ !? | main | Same Man ? Same Player ?? Same Ovi ??? >>
2016.10.01
DYK ? <TRIVIA of SAKHALIN@FREE BLADES>
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

10月最初の週末は、日本国内で、アジアリーグの3カードが予定されていますが、
そのうち、今季初めての顔合わせとなるのが、、、

「東北フリーブレイズ vs サハリン」



フリーブレイズが、活動拠点の八戸にサハリンを迎えて、
今日、明日、そして4日に予定されている3連戦は、2位と3位の直接対決になりますが、、、


【Did You Know?】

フリーブレイズは、

これまでサハリンとの対戦では、

第3ピリオドに苦戦を強いられている

ことをご存知でしたか???



サハリンがアジアリーグに加盟してからのレギュラーシーズンの対戦成績は、
初年度(2014-15シーズン)こそ、3勝3敗と星を分け合ったものの、
昨季はサハリンが5勝1敗と圧倒。

なかでもピリオド毎の得失点を見てみると、
フリーブレイズは、昨季のサハリン戦で、第3ピリオドの総得点が 「3」 だったのに対し、
総失点は 「11」

レギュラーシーズンで6回対戦し、第3ピリオドの得失点差は、「マイナス8」

対戦相手を限らず、全ての試合の全てのピリオドの得失点差が、「マイナス3」 だったのと比べると、
フリーブレイズにとって、サハリン戦の第3ピリオドは、まさしく、、、
「魔の3ピリ」
だと言えますね。


実際に昨季の対戦では、
第3ピリオドを迎える時点でサハリンにリードされていた4試合は、全て敗戦。


さらに、サハリンがアジアリーグに加盟した一昨季にさかのぼっても、
このカードで、フリーブレイズの第3ピリオドの得失点差は、「マイナス4」

サハリンにリードを許して第3ピリオドに入ったのは、1試合だけでしたが、
その時も黒星を喫していることから、
これまでサハリンとのレギュラーシーズンの対戦では、、、
「リードされて第3ピリオドを迎えると5戦全敗」
という結果になっています・・・。


サイズの大きな選手が揃うサハリンとの試合では、
ボディブローのように、試合終盤になるとダメージが出てしまうのでしょうか?
(今季の登録では、平均身長の差が約5.5cm 平均体重の差は約4kg)



しかし、フリーブレイズファンの方は、思い出してください !!

一昨季のプレーオフ・セミファイナルで、サハリンと対戦した際には、
フリーブレイズが第3ピリオドでも奮起して、得失点差は 「プラス3」(4試合)

この数字が白星にも結びつき、3勝1敗でシリーズ勝利!

勢いづいたフリーブレイズは、
アニャンハルラとのファイナルも制して、アジアの頂点に立ちました !!



このように、勝負を分ける第3ピリオドの攻防が、いつにも増して注目される
「フリーブレイズ vs サハリン」3連戦の模様は、八戸テレビ でオンエア! 

また、こちらのサイトでは、
試合前のウォーアップ(氷上練習)開始の頃から生中継(ともに予定)


解説に元女子日本代表監督佐藤弘一(こういち)氏をお招きして、
「語りべ」(=加藤じろう)の実況で、お届けします。 どうぞお楽しみに !! 





アジアリーグ | comments(0) | trackbacks(0)
2017.05.25
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovehockey.jugem.jp/trackback/2140
トラックバック
__