加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< SAVE OF THE YEAR 2016 - 5th CANDIDATE | main | アイススレッジホッケー日本代表がチェコの国際大会で準優勝! >>
2016.10.29
世界選手権開幕まで、あと1か月
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

10月も残り少なくなり、だんだん風が冷たくなってきたのとともに、
本格的なホッケーシーズンの到来となりますが、
来月には見逃せない国際大会が、日本で行われます。

その大会とは、、、
「2016・アイススレッジホッケー世界選手権」
です!


「語りべ」通信でも、6月の記事で紹介しましたが、
一昨季の「世界選手権」で、トップ8が揃うAプールから降格してしまった日本は、
ホスト国に名乗りを上げ、「世界選手権Bプール」の苫小牧市での開催が決定。


長野市が舞台となった4季前に続いて、日本で行われる今大会は、
参加資格を有しながら、出場を見送った国も出たため、
日本  チェコ  スロバキア  イギリス
の4ヶ国で開催。


1か月後の来月29日に白鳥王子アイスアリーナで、熱戦の幕が切って落とされます!


【2016・アイススレッジホッケー世界選手権Bプール】


11月29日(火) 14:30 チェコ vs イギリス  17:30 日本 vs スロバキア

11月30日(水) 14:30 チェコ vs スロバキア  17:30 日本 vs イギリス

12月2日(金) 14:30 スロバキア vs イギリス  17:30 チェコ vs 日本

12月3日(土) 11:00 3位決定戦  14:30 決勝戦(終了後に閉会式)




この大会で、3位以上の成績を収めれば、
来季に開催される(予定)「ピョンチャン パラリンピック」の出場権を懸けた最終予選に進出。

さらに、優勝、または準優勝すると(パラリンピックシーズンは世界選手権を開催しないため)、
再来季の「世界選手権Aプール」へ再昇格することができます!


Sledge Hockey Japan National Team




日本代表のピョンチャン出場と、Aプール再昇格への期待が高まりますが、
その道のりは、決して平坦ではありません。


既に何度か「語りべ」通信で、お伝えしたとおり、
長年にわたって、スレッジホッケー界をリードしているアメリカとカナダを見ると、
ほとんどのNHLチームが、スレッジホッケーチームを有し、
選手たちの競技環境をサポートしています。



ヨーロッパに目を転じても、世界選手権で顔を合わせるチェコでは、
名門のスパルタ プラハをはじめ、エクストラリーグと呼ばれるトップリーグの8チームが、
スレッジホッケーチームを設け
(支援して)、より良い競技環境を選手たちに提供。

日本に比べて移動も容易なヨーロッパの各国は、年間の試合数も上回るとあって、
息の抜けない試合が続きそう。


そのため日本も、少しでもレベルの高い相手との試合を! とチェコへ赴き、
今日(現地時間)から始まる国際大会で、
苫小牧でも対戦するチェコ、スロバキアに加え、ドイツとの試合に挑みます。



残念ながら、ピョンチャン オリンピック出場の夢を絶たれてしまった、
「アイスホッケー男子日本代表の分まで、頑張ってほしい!」
という方は、白鳥アリーナのスタンドから、
日の丸をつけてプレーする選手たちに、大きな声援を送ってください !!


尚、大会の最新情報などについては、日本アイススレッジホッケー協会の公式サイト を。

スレッジホッケーや日本代表選手の話題などは、
「語りべ」通信のスレッジホッケーのカテゴリー を、ご覧ください!

★ 本日の小ネタは・・・
世界選手権Bプールに先駆けて、今月20日から三日間にわたって、
「Women’s World Ice Sledge Hockey Festival」
ノルウェーで開催されました。





まだ競技者の数も限られ、時間はかかりそうですが、
IPC(国際パラリンピック委員会)も普及を後押ししている模様だけに、
パラリンピックで「女子アイススレッジホッケー」の試合を見られる日が、いずれやって来るかもしれませんね。




パラアイスホッケー(スレッジホッケー) | comments(0) | trackbacks(0)
2017.09.21
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovehockey.jugem.jp/trackback/2157
トラックバック
__