加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< Kunlun Red Star's Playoff Push is Underway | main | “HatTrick” LAINE >>
2017.02.13
Dramatic Call Again
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

前回の記事で紹介した KHL よりは、まだ残りの試合数が多いものの、
NHLのレギュラーシーズンも、そろそろ終盤戦に差しかかります。


来月1日(北米東部時間15時)のトレードデッドラインも近づき、
これから順位争いが激しさを増してくるにつれて、試合もヒートアップ!

それだけに、レフェリーの皆さんも、
選手たちに負けじと、気合いに満ちてきている様子で(!?)、
昨夜のTDガーデン(マサチューセッツ州ボストン)の試合では、
レフェリーが、スタンドのファンを大いに沸かせるシーンがありました。



ファンを沸かせた主役は、この人!

ウェス ・マコーリー レフェリー (45歳)です!

Wes McCauley



両チームの選手によるファイティング(乱闘)が発生し、
マコーリー レフェリーは、場内にペナルティのアナウンス(NHLでは必ず行います)をしたのですが、、、





いつもは普通の声で、ペナルティのアナウンスをするのですけれど、
かなり気合が入った(!?)ペナルティのコールでしたね。。。


ご覧になって思い出された方が、いらっしゃるかもしれませんが、
マコーリー氏は、一昨季にも、、、



「これまでで最もドラマティックなコール !!」

こんな見出しの記事が見られたほど、話題になったペナルティコールをしたレフェリー。

(当時のストーリーは、こちらの記事 で、ご確認ください)



どうして、これほどまで気合いが入ったジャッジをしたのか???

真意は定かではありませんけれど、ホッケーファンの皆さんは、
NHLを観戦する際に、マコーリー レフェリー(ジャージ No.4)の姿を見つけたら、
(時として飛び出す)ドラマティックなコールを、聞き逃さないようにしてくださいね(笑)




NHL | comments(2) | trackbacks(0)
2017.07.13
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
日本のプロ野球でも、色々なジャッジで審判のコールが目を引きますが、
ホッケーの場合ペナのジャッジアクションは決まってるんで、こういうのを見るのも面白いですね。
昔は、ヘルメットのような髪型のフレーザーさんや国際試合でも笛を吹いたマクリアリーさんとか、レフェリーにも目がいっていました。
| yasu | 2017/02/14 19:29 |
>yasuさん
こんばんは。コメントありがとうございます。

「ヘルメットのような髪型のフレーザーさんや国際試合でも笛を吹いたマクリアリーさん」
とのコメントをしてくださったとおり、ファンがみんな知っているレフェリーがいましたよね。

ぜひマコーリー氏には、これからもドラマティックなコールを連発してもらって、
名物(!?)レフェリーとしての地位を築き上げて欲しいですね。
| 「語りべ」 | 2017/02/15 22:22 |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovehockey.jugem.jp/trackback/2211
トラックバック
__