加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< GOAL OF THE YEAR 2017 - 2nd CANDIDATE | main | Kunlun Red Star Faces Champion Metallurg Mg. >>
2017.02.20
UPSIDE DOWN
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

以前の記事でも触れましたが、
ホッケーアメリカ(アメリカ アイスホッケー協会)は、昨日(現地時間)までの一週間を、
「HOCKEY WEEK ACROSS AMERICA」 と銘打って、
全米各地でホッケーの普及と発展を目的に、様々なイベントを開催しました。

2008年から始まった この企画に乗じて、
NHLの全米中継権を持つNBCテレビも、「ホッケーデイ・イン・アメリカ」 と題し、
系列のスポーツ専門チャンネルも含め、アメリカのチーム同士が対戦する4試合を生中継。


その一つとなった「ピッツバーグ ペンギンズ vs デトロイト レッドウィングス」戦では、
16日の試合で通算1000ポイントを達成した ピッツバーグの シドニー ・クロスビー 選手へ、
マリオ ・ルミュー チェアマンから、試合前に記念の盾が贈られました。




アリーナへ足を運べなかったクロスビー選手のファンの中には、
生中継で雰囲気を味わえて良かった! と喜んだ人がいたかもしれませんね。



ところで、NHLに限らず、北米のプロリーグの試合では、
選手らの功績を称えるセレモニーが、よく行われています。

ピッツバーグに先駆けて、一昨日の夜には、ECHLの フォートウェイン コメッツ でも、
チームが ECHL に加盟する以前から、合わせて10季にわたって在籍し、
キャプテンを務めるなどしてきた コリン ・チャーク 氏の背番号「91」を、永久欠番に定め、
試合開始前にセレモニーを開催。


4季前に引退したチャーク氏は、フォートウェインの主力FWとして、
チームを UHL、IHL(ともに当時の名称)での優勝に導いた立役者!

3連覇も含め、5度もチャンピオンに輝いた中心選手とあって、
「91」 が記された大きなバナーを作り、ホームアリーナに掲揚しようとしたのですが、、、






「逆さまに吊るしてしまった!」



試合開始直前だし、ひとまずセレモニーだけは終わらせよう!

と思ったのか、逆さまに吊るしたまま掲揚しましたが、
現地のテレビ局のスポーツニュースを見ると、、、





正しく直してから、再び掲揚したようですので、ご安心ください(笑)



アイスホッケー | comments(0) | trackbacks(0)
2017.08.17
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovehockey.jugem.jp/trackback/2217
トラックバック
__