加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< NO-GOAL OF THE YEAR 2017 - 1st CANDIDATE | main |
2017.03.17
「必死な選手」と「あきらめてしまったファン」
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

NHLのレギュラーシーズンが終盤に差し掛かり、激しい戦いが繰り広げられていますが、
この時期になると、選手はもちろん、ファンも明暗が分かれてしまうようです。


そこで、今週に入って行われた試合の中から、
「必死な選手」と「あきらめてしまったファン」
の姿を紹介しましょう!


まず、必死さが伝わってくるプレーを見せたのは、、、
モントリオール カナディアンズの アンドリュー ・ショー 選手





ハードなプレーに徹し、ファイティングも辞さないスタイルがウリのショー選手ですが、
ホームアリーナのベルセンターに、昨季まで在籍していたシカゴ ブラックホークスを迎えた試合で、
このように ↓ 必死さが伝わってくるプレーを披露。(赤#65)




スケートエッジのトラブルによるハプニングだったようですが、
2万人を超すファンの姿がエネルギーになったのか !?

それとも、古巣相手の試合に奮起していたのか !?

思わず笑ってしまいそうなシーンですけれど、
必死になってベンチへ戻ろうとする姿に、多くのファンから声援が送られました。



一方、デンバーとフェニックスでのロードゲームに臨んだデトロイト レッドウィングスは、
下位チームが相手だけに、
「北米4大スポーツチームの中で、

(継続中では)最長の26季連続プレーオフ進出」
へ向けて、絶対に負けられない試合に挑みました。

ところが、いきなり初戦で、
ウエスタン カンファレンスで最下位のコロラド アバランチにリードされ、試合終了が近づくと、
デンバーまで駆けつけたデトロイトファンから、、、




(ちょっと小ぶりですけれど) タコが投げ込まれました!

〜どうしてデトロイトのファンがタコを投げ込んだのかは、こちらの記事 をご覧ください〜



海のないデンバーで、どうやってタコを手に入れたのか? は ともかくとして、
「今年はプレーオフに進めないだろうから、

レギュラーシーズンのうちにタコを投げてしまえ!」
というデトロイトのファンの「あきらめの気持ち」が伝わってくるのは、
「語りべ」だけでしょうか???



NHL | comments(0) | trackbacks(0)
2017.03.17
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovehockey.jugem.jp/trackback/2234
トラックバック
__