加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< Vegas Golden Knights Add Russian Power | main | GETZLAF > PERRY > KARIYA > KOIVU & SELANNE >>
2017.05.06
勝負は下駄を履くまで分からない!
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

「勝負は下駄を履くまで分からない」

こんな言葉がありますが、これが現実となったのは、
昨夜(現地時間)ホンダセンターで行われた、
NHLのプレーオフ カンファレンス セミファイナル(CSF=2ndラウンド)の第5戦


2勝2敗で迎えた「アナハイム ダックス vs エドモントン オイラーズ」のシリーズは、
再び舞台がアナハイムに戻って行われ、
エドモントンが、コナー ・マクデイビッド 選手のゴールなどで 3-0 とリード。

第3ピリオドも残り4分を切って、試合は決したかと思われましたが、
16分44秒に、アナハイムのキャプテン ライアン ・ゲツラフ 選手が反撃ののろしを上げると、、、




その35秒後に、キャム ・ファウラー 選手のゴールで1点差に!




勢いに乗ったアナハイムは、
試合終了15秒前に、リカルド ・ラケル 選手が起死回生の同点ゴール !!




土壇場で振り出しに戻った試合は、2ndオーバータイムまでもつれましたが、
最後は得点王に輝いた実績を誇る コーリー ・ペリー 選手がサヨナラゴール(GWG)をゲット !!




敗色濃厚と思われた試合を、圧巻の逆転劇で制して、
アナハイムがシリーズ勝利に王手を掛けました。


ところで、NHLプレーオフの試合で、残り4分を切ったところから、
昨夜のアナハイムのように、3点差以上のビハインドを逆転で制したのは、
北米のスポーツリーグやチームなどと契約し、スタッツを提供している企業によると、
1997年4月20日以来、実に 「20年ぶりの快挙!」 とのこと。


20年前に大逆転劇を演じたチーム(くしくもエドモントン)は、
この勢いに乗って、シリーズ勝利を手にしましたが、アナハイムはどうでしょうか???



それにしても、満塁ホームランがある野球と違って、
1点ずつしか加えることがではないホッケーの試合でも、こんな大逆転劇が起こるのですから、
「勝負は下駄を履くまで分からない」
と言えますよね。


皆さんも、お気に入りのチームが劣勢に追い込まれてしまった時でも、
最後まで信じ続けて応援しましょう !!



NHL | comments(4) | trackbacks(0)
2017.09.21
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
なんというか自分フルで観ましたが・・・3P残り3分で0-3、ここからEmp仕掛けて2点。ラス15秒で追いつき2OTでサヨナラ勝ちとか・・・Game4もそうでしたがもうちょい心臓に負担の掛からない勝ち方をしてほしいですw。

このカードは本当、シリーズ通して「若さを前面に走るエドモントンvsプレイオフ常連で培った勝負強さのアナハイム」という感じで両チームの性格が出てる感じです。

トロントもそうですがエドモントンは来年はもっと怖いチームになる気がします。ベガスのエクスパンションも含めNHLの勢力図ががらっと変わるかも・・・そんな空気が漂う今季のプレイオフですね。
| でんぎょ〜@長野 | 2017/05/06 18:58 |
じろうさん、こんばんは。
韓国のトップディビジョン昇格に喜ぶも、日本のグループB残留で力の入らないyasuです。

EDMvsANA、ハードな試合でしたね。
1点差になったあとに、ヌージェント・ホプキンスからのパスを、誰が合わせたの分からないんですが、そのシュートがクロスバーだったか当たってゴールならず。
エンプティネットゴールも決められなかったのが痛かったです。
その前の試合は6人攻撃で追いつきながらOT早々に失点で負けてますから、ANAの方にホッケーの神様が微笑んでるでしょうね。

若きキャプテンのマクデビッド、観てましたが凄いですね。パックを持ったら何をするかわからないので、ワクワクします。
| yasu | 2017/05/06 20:24 |
これ凄いゲームだったのですね。。。ペリー選手もゲツラフ選手もまだまだ全然activeですね!ホッケーはエラーのスポーツですし10秒あれば1点とかありえるもののオールラスト4分で4点とは日本&アジアリーグでも関東大学でも,ちょっと記憶にありませぬね。。。

長嶋茂雄さんの名言?「勝負はフロにはいるまでわからない」を思い出してしまったジジイより
| デンじい | 2017/05/07 07:08 |
コメントありがとうございます。返事が遅くなり申し訳ありません。


>でんぎょ〜@長野さん
ベガスはシビアな気もしますが、エドモントンやカルガリーはさらに力をつけてくるかもしれませんね、
ただカルガリー戦に関しては、ホームゲームであればノープロブレムでしょうか?(笑)

>yasuさん
エドモントンに負けじとバンクーバーも、
チームやスタンドを勢いづけてくれるような若手の台頭が期待されますね。
参考までに yasuさんのおススメはいらっしゃいますか?

>デンじいさん
新年度に入って一か月半となり、お仕事は落ち着かれましたでしょうか?
レベルは別にして、最後までどちらが勝つか分からない試合が、
最高のファンサービスになるでしょうから、
(やっているほうは大変でしょうけれど)スリリングな試合が観たいですよね。
| 「語りべ」 | 2017/05/16 15:19 |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovehockey.jugem.jp/trackback/2263
トラックバック
__