加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< Oji Eagles Transactions / June 2nd | main | AHL Triple Gold Club >>
2017.06.04
AHLを知らなくても、きっと知っている名前が出てくる豆知識
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

NHL のチャンピオンを決めるスタンレーカップ ファイナルが、
先月29日(現地時間)から始まったのに続いて、
NHLの一つ下のリーグに相当する AHL でも、
今季の王座を争う カルダーカップ ファイナル が、
今月2日に幕を明けました!


AHLのチャンピオンを目指し、対戦しているのは、
ウエスタン カンファレンスを制した グランドラピッズ グリフィンズ と、
イースタン カンファレンスから勝ち上がってきた シラキュース クランチ !!

デトロイト レッドウィングス(グランドラピッズ)と、
タンパベイ ライトニング(シラキュース)のアフィリエイトチームの対決となりました!


AHLさん(@theahl)がシェアした投稿 -




4季前にもファイナルで対戦した両チームですが、
グランドラピッズは、レギュラーシーズンでウエスタンの最多勝をマークしたチーム。

対するシラキュースは、ノースディビジョンのチャンピオンと、
どちらも高いチーム力を誇るだけに、戦前から実力伯仲と評されていました。

そんな前評判どおり、第1戦は第3ピリオドの19分46秒に決勝ゴールが飛び出し、
第2戦は、2nd OTまでもつれる大熱戦の末、いずれもグランドラピッズが勝利。


明暗こそ分かれましたが、実力伯仲の両者の対戦だけに、激しい攻防が随所に見られ、
昨夜の第2戦では ↓ このようなシーンも!



ゴール前の攻防は激しいですね〜

ただ、このプレーで、ペナルティショットのチャンスを得たグランドラピッズでしたが、
残念ながら、得点することはできませんでした。



ところで、AHLのファイナルで、ペナルティショットが見られたのは、
ナント 「2009年以来、8年ぶり」 だったそうですが、
では8年前のファイナルで、ペナルティショットを与えられた選手は誰だったかと言うと、、、




今季のアジアリーグで、ポイント王に輝いた マット・ポープ 選手でした。






ポープ選手が所属していたマニトバムースは、この年のファイナルで敗れてしまいましたが、
グランドラピッズは、幸先良く2連勝!

現デトロイトレッドウィングスのジェフ・ブラシル ヘッドコーチと、
現韓国男子代表監督の ジム・パク アシスタントコーチが率いていた4季前に続いて、
2度目のカルダーカップ獲得はなるでしょうか?


尚、今季のAHLのチャンピオンが決まる「カルダーカップ ファイナル」は、
全試合無料でライブ配信されています。

興味のある方は、ご覧になってみてはいかがでしょう?
詳しくは こちら をご覧ください。



アイスホッケー | comments(0) | trackbacks(0)
2017.08.17
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovehockey.jugem.jp/trackback/2273
トラックバック
__