加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< AHLを知らなくても、きっと知っている名前が出てくる豆知識 | main | JUNE BRIDE >>
2017.06.14
AHL Triple Gold Club
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

前回の記事で紹介した AHL(NHLの一つ下のリーグに相当)のチャンピオンを決める、
「カルダーカップ ファイナル」は、昨夜(現地時間)第6戦が行われ、
ウエスタン カンファレンスを制した グランドラピッズ グリフィンズ が、
シラキュース クランチを 4-3 のスコアで下し、対戦成績を4勝2敗として、
4季ぶり2度目のチャンピオン に輝きました !!





プレーオフMVPに選ばれたのは、
グランドラビッズの FW タイラー ・バーツッジ 選手!




ファーストラウンドからの19試合で19ポイント(9G 10A)をマークして優勝に貢献。

今季はデトロイトレッドウイングスに昇格し、NHLデビューも飾りましたが、
プレーオフでの活躍を自信に、叔父の トッド・バーツッジ 氏のように、
NHLで不動のレギュラーになれるか、今後が期待されます。


ところで、皆さんもご存じのとおり、
AHLは、上にNHL、下にECHLのアフィリエイトチームが存在するため、
前述したバーツッジ選手に限らず、選手の入れ替わりが激しいのは言うまでもありません。

しかも、今季のデトロイトは、
プレーオフの連続出場記録が「25年」でストップしてしまったことが示すとおり、
例年以上に選手の入れ替わりが頻繁で、試合当日にデトロイトから呼ばれた選手も。

それだけに称えられるのは、
グランドラピッズの トッド・ネルソン ヘッドコーチ(HC)の手腕!




上の写真でお気づきかと思いますが、
低迷していたエドモントン オイラーズで、解任された前任者の後を託され、
暫定 HC を務めるなどしてきた経験が、財産になっているのかも?


そんなネルソンHCが、AHLの歴史に名を残したのを、ご存知ですか?

それは、
「選手、アシスタントコーチ(AC)、HCで全て優勝」
したことです。


まず現役時代に、ポートランド パイレーツのDFとして、
バリー・トロツ HC(現ワシントンキャピタルズHC) の下、1994年にカルダーカップ獲得!

現役を退き、ACを務めていた2008年にはシカゴウルブズで優勝 !!

そして、HCとして今季のプレーオフを制し、3度目のカルダーカップを手にしたのです !!!


今季が創設80周年だったAHLの長い歴史の中でも、
マイク・スタザーズ(現AHLオンタリオ レインHC)と、
ボブ・ウッズ(現バッファロー セイバーズAC)両氏という、
これまで2人しか成し得ていない記録に、「トッド・ネルソン」の名を刻みました。



8年前の「語りべ」通信で紹介したように、国際アイスホッケー連盟では、
「NHL」 「オリンピック」 「世界選手権」
の全てで優勝した者を、トリプルゴールドクラブのメンバーとして称えていますが、
ネルソン HC が成し遂げた3つの異なる役割でのカルダーカップ獲得も、
「AHL版・トリプルゴールドクラブ」
として称賛してあげて欲しいですよね。


ちなみに、同じく「A」で始まる「アジアリーグ」では、
昨季までの14年間で、ネルソンHCと同様に、
「選手、アシスタントコーチ(AC)、HCで全て優勝」
という快挙を、パトリック ・マルティネツ 氏(現アニャンハルラHC)が達成しています。


Patrik Martinec






アイスホッケー | comments(0) | trackbacks(0)
2017.06.23
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovehockey.jugem.jp/trackback/2275
トラックバック
__