加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< 日本代表がピョンチャンで戦う! | main | Nippon Paper Cranes Transactions / July 3rd >>
2017.07.02
コーチに誰も逆らえないチーム !?
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

昨日の「語りべ」通信では、ピョンチャン行きの切符を勝ち取るために、
韓国遠征に臨むパラアイスホッケー(アイススレッジホッケー)日本代表の話題を紹介しました。


今日の「語りべ」通信では、昨季の「世界選手権(Aプール)」の結果によって、
日本に先駆け「ピョンチャン パラリンピック」の出場権を勝ち取ったチームの話題を、
ご覧いただきましょう。


まず、バンクーバー、ソチに続いて3連覇を狙う アメリカ は、
世界選手権を戦い終えて帰国したあと、ウエストハリウッド(カリフォルニア州)のスタジオで、
ピョンチャンの代表候補たちのポートレートを撮影!

「世界一のゴーリー」と呼ばれる スティーブ ・キャッシュ 選手や、、、




ソチでは、弱冠16歳にもかかわらずポイントを量産して、全ての競技の中から、
最優秀選手(男性部門)に選ばれた デクラン ・ファーマー 選手
ら、、、




ピョンチャンでも活躍が期待される選手たちが、ポーズをとって写真撮影!

アメリカをはじめとする、各国のメディアなどを通じて、
ポーズをとってキメていた彼らの姿を、これから目にする機会が多そうですね。



一方、昨日(現地時間)が建国記念日にあたる祝日だったこともあり、
先月末から、国内各地で多くのイベントが行われているのは、カナダです!

特に今年は、カナダ連邦(当時)が誕生してから150周年の節目となっただけに、
例年にも増して、大いに盛り上がった様子。


もちろん「ホッケーが国技」というほどだけに、
パラアイスホッケーのスペシャルゲームも、開催されました!

カナダは昨季の世界選手権で、最大のライバル・アメリカを下し、
パラアイスホッケー世界一の座を奪還したとあって、スペシャルゲームへの関心も高かったようです。


しかし、最大の注目点は、リンク上で繰り広げられたスペシャルゲームにも増して、
ベンチで指揮を執った“超・豪華”なコーチの顔ぶれでした !!



向かって右側に写っているのが、カナダの ジャスティン ・トルドー首相!

その隣は、イギリスの ヘンリー(ハリー)王子!

さらに、一番左はカナダ最大の都市・トロントの ジョン・トリー市長!



ところで、どうしてこの3人がベンチに入って、コーチを務めたのかというと、
「インヴィクタス ゲーム」 のプレイベントとして開催されたからです。


ヘンリー王子の提唱で2015年にスタートした「インヴィクタス ゲーム」は、
「パラリンピック」と同様に、障がいを持つ人たちによるスポーツの祭典。

第1回大会がイギリスで行われたあと、第2回大会は昨年アメリカで開催。
その際にもヘンリー王子が、精力的に選手を激励したのはもちろん、、、




ファーストレディ(当時)のミシェル・ オバマ氏も、フロリダの会場まで駆けつけました。






今年はカナダのトロントで、9月に行われる予定とあって、
モントリオール カナディアンズの大ファンで知られるトルドー首相もやって来たそうですが、
(トロント市長と仲良く話をしたか否かは、定かでありませんけれど・・・)
3人のコーチの顔ぶれは、掛け値なしに超・豪華 !!


これだけの面々が揃っていると、
どんな指示を出されても、選手たちは「コーチに誰も逆らえない!」かもしれません???



スレッジホッケー | comments(0) | trackbacks(0)
2017.07.13
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovehockey.jugem.jp/trackback/2282
トラックバック
__