加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< NHLの最優秀ヘッドコーチがポーランド代表監督に就任 | main | Nippon Paper Cranes Transactions / August 7th >>
2017.07.30
韓国代表 vs KHL
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

名門・ディナモモスクワの財政問題や、
従来の方針から踵(きびす)を返して、リーグ縮小に転じるなど、
新たな針路を進み始めた KHL は、
今季の開幕(現地8月21日)まで、あと3週間となりました。


既に今月18日から、プレーシーズンゲームが行われ、
選手たちはシーズンインに備えていますが、
この時期にしか見られないのは、異なるリーグや、異なる国のチームとの試合!

KHLのフランチャイズは、ヨーロッパに近い西側の都市が多いことから、
KHLのチームと、ヨーロッパの国内リーグに所属するクラブチームとの対戦も見られます。


一方で、ハバロフスクをホームとするアムールや、
ウラジオストクが活動拠点のアドミラルは、極東エリアのチームだけに、
プレシーズンゲームの相手も限られてしまう様子・・・。


そこで、視線を向けたのが 韓国 でした。


ピョンチャン オリンピックへの強化を図る韓国男子代表と、
ウラジオストクの思惑が一致して、プレーシーズンゲームを開催!





昨夜行われた第1戦は、韓国代表に3点を先制されながら、
第2ピリオド6分からアドミラルが反撃に転じて、5-3 のスコアで逆転勝ち!




今夜に予定されている第2戦は、どんな戦いになるのか !?

開幕まで、あと「194日」に迫ったピョンチャン オリンピックへ向け、
韓国代表の飛躍が期待されます!



その一方で、現在の世界ランキング「22位」韓国女子代表 は、
苦戦が予想されていますが、
ひょっとしたら “救世主”になるかもしれない選手が出現!


どのような選手なのかは、
と題して、こちらのサイトで紹介しています。併せてご覧ください。



アジアリーグ | comments(0) | trackbacks(0)
2017.09.21
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovehockey.jugem.jp/trackback/2286
トラックバック
__