加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< 18歳のジョーカー | main | 続・SUBBAN vs SUBBAN >>
2017.10.02
SAVE OF THE YEAR 2017 - 8th CANDIDATE
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

「ミラクル」と名付けたいほどのプレーも含めて紹介している、


今回はモントリオール カナディアンズの キャリー・プライス 選手が、
プレシーズンゲームで披露したセーブを紹介します。


プレシーズンゲームとあって、この日はホームアリーナのベルセンターではなく、
同じケベック州にあり、カナダのメジャージュニアリーグ(QMJHL)の ケベック ランパーツが、
ホームアリーナとしている ビデオトロン センター で開催。



ジュニアチームのホームアリーナと言っても、
以前の記事で紹介したとおりNHLチームを招致するために一昨季に完成した
18000人以上のキャパシティを有するゴージャスなアリーナです!




そんなビデオトロンセンターに、ケベック ランパーツのオーナー(元HC)で、
現役時代はモントリオールと、コロラド アバランチで守護神を担った パトリック ・ロワが訪れて、
スタンド試合を観戦。

先輩守護神の来訪を知って気合十分!
だったのでしょうか、プライス選手は ↓ このようなプレーを披露しました。




現役時代のロワ氏に引けをとらないダイナミックなセーブですね!


足掛け19季のNHLキャリアの中で、スタンレーカップを手にすること「4回」!

そのうち「3度」もコンスマイス トロフィー(プレーオフMVP)を受賞したロワ氏に、
どこまで迫ることができるのか?

25季ぶりのスタンレーカップ獲得を期待するモントリオールファンの大きな期待を受けて、
プライス選手は、今季も名門チームのゴールを守ります。


PLAY OF THE YEAR | comments(3) | trackbacks(0)
2017.11.18
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
じろうさんこんばんは!
「不世出の」パトリック・ロワ氏後輩のプレイに?ご満悦のようでなによりであります。
プライス選手がよき後継者としてスタンリー杯のハブスへの、いやカナダへの帰還にぜひとも貢献してほしいものです。
←リーフスへのとかいってる段階でももはやないとおもうジジイより〜
| デンじい | 2017/10/03 20:21 |
じろうさん、こんばんは。
ロアの前でのビッグセーブ、ハブスは今シーズンもプライスの肩にかかって掛かってくるんでしょうね。
しかし、本場とは言え、素晴らしいアリーナですね。
チャイナシリーズのリンクも本場に負けないリンクだったし、
日本にも、満員のこんなリンクでホッケーが行われる時代が来るんだろうか。
| yasu | 2017/10/03 20:39 |
コメントありがとうございます。

>デンじいさん
もしもプライス選手を移籍獲得するとしたら、デンじいGMさんなら、
誰を交換要員に提示しますか???

>yasuさん
やはり、最後のNHL日本公式戦の舞台となった、さいたまスーパーアリーナあたりでしょうか?
とはいえ整氷車の搬入にかなり苦労したとの話も聞かれただけに難しそうですね・・・。
| 「語りべ」 | 2017/10/04 22:54 |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovehockey.jugem.jp/trackback/2326
トラックバック
__