加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< SAVE OF THE YEAR 2017 - 8th CANDIDATE | main | ヤーガの復帰がもう少し先でも見逃せないベテランがいる! >>
2017.10.04
続・SUBBAN vs SUBBAN
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

NHLのレギュラーシーズンが、今夜(現地時間)から始まるのを前に、
各チームが開幕ロースターを発表しています。


プレシーズンゲームは、NHLのチームでプレーしていた選手の中には、
開幕ロースターに残れず、リリースされたり、
傘下のアフィリエイトチームに降格させられる選手も・・・。


しかし、そんな選手の中には、逆にチャンスを手にすることもあります。


なぜなら、以前の記事で紹介した クリス・ボーク 選手(レイ・ボーク氏の長男)のように、
NHLの出場試合数や年数などの実績が、労使協定によって定められた基準を超えると、
他チームが獲得できる「ウエーバー公示」の対象となり、
求められて新天地へ移り、出場機会を得られるからです。


そんなチャンスが巡ってきたのが、マルコム・スバン 選手




トゥッカ・ラスク選手に次ぐ、ボストン ブルーインズの二番手GKの座を争っていましたが、
残念ながら、その座を射止められず、
AHLのアフィリエイトチームであるプロビデンス ブルーインズに降格。

ところが前述のウェイバー公示の対象だったことから、獲得に動いたチームが!

そのチームとは、ベガス ゴールデンナイツ!!


これで長男の P.K. 選手(ナッシュビル プレデターズDF・下の写真中央)と、
三男のジョーダン選手(バンクーバー カナックス傘下のユティカ コメッツGK同右)とともに、
いずれもウエスタン カンファレンスの(アフィリエイトも含めた)チームに在籍することに!




2年半前の記事で紹介した「スバン vs スバン」の直接対決が見られる確率が、
今季は高まったかもしれませんよ!



NHL | comments(0) | trackbacks(0)
2017.11.18
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovehockey.jugem.jp/trackback/2327
トラックバック
__