加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< ヤーガが遠征に参加しなくても、不名誉な記録を止めたカルガリー | main | 日本代表のキャプテンが平昌の出場権に続いて手にした物は? >>
2017.10.12
GOAL OF THE YEAR 2017 - 9th and 10th CANDIDATE
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

ここのところ「語りべ」通信では、“氷上のレジェンド” と呼ばれる、
ヤロミール・ヤーガ選手の話題を紹介してきましたが、
ヤーガ選手は、昨夜(現地時間)のロサンゼルスでの試合で、
45歳になってから初めてとなる試合に出場しましたので、今日は視点を変えて、、、


を二本立てで紹介しましょう!


まず初めは、トロント メイプルリーフスが、
エアカナダセンターに、ニュージャージー デビルスを迎えた昨夜の試合で、
ニュージャージーの ブライアン・ギボンス選手が決めたショートハンドゴール(SHG)です。




ご覧いただいたとおり、ギボンス選手のSHGは、「3on5」 と、
二人少ない状況で決めた得点だったのです!


子供さんや、学生の試合で、アイスホッケーが盛んな場所から参加したチームと、
ほとんどの選手が、入学してからホッケーを始めたというチームの対戦なら、ともかくとして、
NHLの公式戦で3on5のSHGなんてありえない!
と思う方も多いのではありませんか???

ところが、紹介したシーンと同じ、ニュージャージーとトロントの試合で、7季前には、、、



トロントの タイラー・ボザック 選手も、
「3on5のSHG」を決めているのです。

ホームアリーナでの汚名を、ニュージャージーは、7年越しに返上したと言えますね。




続いて二つ目のゴール・オブ・ザ・イヤーの候補に挙げるゴールシーンは、
昨夜に行われたKHLの試合からピックアップした ↓ このゴールです!



こちらは「3on5」ではないですから、
オーバータイムに飛び出した、ただのサヨナラゴールかと思われるかもしれませんが、
大きな意味を持つゴールとなりました。

今季からソチに移籍した FW ショーン・コリンズ 選手が決めた得点によって、
開幕からの連勝に限らず、KHL史上最長となる「20連勝」を記録していた、
スカ サンクトベルブルグに、今季初めての黒星をつけたのです !!


独走を続けていたサンクトペテルブルグに、土をつけた値千金のゴールだと言えそうですね。



PLAY OF THE YEAR | comments(2) | trackbacks(0)
2017.11.18
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
加藤さんに質問があります。KHLにはサラリーキャップは無いのでしょうか? SKAとCSKAモスクワの戦力が突出していて、プレーオフ枠が大き過ぎる気がします。一方のNHLはNJDとLGHが連勝スタートですね。
| METEOP2013 | 2017/10/14 14:18 |
> METEOP2013さん

コメントありがとうございます。
こちらの記事↓で紹介しましたが、サラリーキャップはあるそうです。
https://news.yahoo.co.jp/byline/jirokato/20170621-00072294/

プレーオフに進むチーム数については、今より減らしてしまうと、
収益の減少で痛手を被ってしまうチームが出ますから、
容易に減らすことはせず、維持するのではないかと思います。
| 「語りべ」 | 2017/10/14 14:53 |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovehockey.jugem.jp/trackback/2328
トラックバック
__