加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< REFEREE OF THE YEAR 2017 - 1st CANDIDATE | main | 遂に実現!SUBBAN vs SUBBAN !! その日、もう一人のSUBBANは? >>
2017.11.30
GOAL OF THE YEAR 2017 - 11th CANDIDATE
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

昨日の「語りべ」通信では、これまでと視点を変えて、
を紹介しましたが、今日は本家本元の(?)
を、お届けしましょう!


KHLの試合で飛び出した、
チェスカモスクワの セルゲイ・シュマコフ 選手(赤#70) のゴールシーンです。

この得点で主導権をつかんだチェスカは 3-1 のスコアで、クンルンレッドスターに勝利して、
連勝を「6」に伸ばしました。


一方、スロバキアでは、
スロバン ブラチスラバ の アンドレイ・スタスト二― 選手(紺#59)も、、、

同じようにゴール裏からトライしましたが、こちらはスコアとならず・・・。


覚えていらっしゃる方も多いでしょうが、6年半前の「語りべ」通信に掲載した、
「フィンランド16年ぶリ2度目の世界一!!」
で紹介したミカエル・グランルンド 選手(白#64・当時19歳・現ミネソタ ワイルド)が、
世界選手権の決勝戦で披露した「ラクロスゴール」の再現 !!


センセーショナルのゴールシーンは、
世界各国のホッケーファンやメディアの間で、大きな話題となりましたが、
「ラクロスゴール」を試みる選手が、再び増えてくるかも!?



余談ですけれど、こちらの↑実況アナさん、酸欠にならないか?
心配になってしまうなほどの絶叫ぶりですね(笑)



PLAY OF THE YEAR | comments(4) | trackbacks(0)
2017.12.14
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
これって、GKへのスラッシングにならないんですかねぇ。プレーヤーのスティックが死角から頸元に飛んでくるのは、非常に恐ろしいと思うんですけどねぇ。
| Maccotto | 2017/11/30 11:08 |
シュマコフ選手のゴールはゴーリーの左側からですね。私がこれ迄映像で見たホッケーのラクロスゴールは、利き手の関係か、ゴーリーの右側からのゴールが多い気がします。いずれにせよ、稀少なゴールシーンです。
| METEOP2013 | 2017/11/30 17:36 |
じろうさん寒くなりましたがお元気でご活躍のことと存じます。いつもありがとうございます!

グランルンド選手のミラクル・ラクロス・スコア久々みました〜♪ あれからはや7季ですか。こちらも齢もとるわけでありまする。。。

彼は確かに「もってるひと」だったですね!もはやワイルドの顔!エリートスコアラーに立派に成長されましたね〜
それにしても以前にこれ拝見した際にはこのような「酸欠寸前実況」はなかったきがいたしますが。。。

むかしHockey Hall of the Fameの実況ごっこゲームでコーフンして酸欠になりかかったジジイより
| デンじい | 2017/12/01 14:05 |
コメントありがとうございます。返事が遅くなってしまい申し訳ありません。

>Maccottoさん
コメントしてくださったとおり、危険なプレーとも言えますね。
いずれはNHLがシュートアウトでスピンオラマを禁止したようになるかもしれませんね。

>METEOP2013さん
スティックのシャフト側か!?
それともゴーリーのミット側か!?という選択ですね。
実際にトライした選手に聞いてみたいですねよね。

>デンじいさん

>それにしても以前にこれ拝見した際にはこのような「酸欠寸前実況」はなかったきがいたしますが。。。

まさしく動画が削除されていましたので、同様の動画を探しました。
動画で言うとNHLのオフィシャルサイトがリニューアルした際に、
以前の動画が全て見られなくなってしまい、「語りべ」通信の記事の中にも、
再生不可能になってしまった動画があることを、どうかお許し下さませ
| 「語りべ」 | 2017/12/09 16:55 |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovehockey.jugem.jp/trackback/2342
トラックバック
__