加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< Happy Holidays !! | main | HAT TRICK NEW YEAR !! >>
2017.12.31
SAVE OF THE YEAR 2017 - 11th&12th CANDIDATES
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

2017年も残りわずかとなりましたが、
ホッケーシーズン真っ只中とあって、NHLやKHLでは激しい戦いが続いています。


そこで、今年最後の「語りべ」通信は、年の瀬を迎えた中で飛び出した、
の候補となるプレーを、NHLとKHLからお届けしましょう。


まずNHLの試合から選んだプレーは、
セントルイス ブルースの ジェイク ・アレン 選手が披露したセーブ!



腕を伸ばして必死に反応したダイビングセーブで、シュートを阻みました !!


昨季のプレーオフでは、セーブ率「9割3分5厘」。
平均失点「1.96」と、見事な働きを見せたアレン選手。

しかしながら、チームはカンファレンスセミファイナル(セカンドラウンド)で、
敗退してしまった悔しさを、今季は晴らすことができるでしょうか?



対してKHLからは、
シビル ノボシビリスクのアレクサンダー・サラク 選手のセーブ!


こちらは腕ではなくて、、、



最後に見せた左足のキックセーブが、ピンチを防ぎました。


チェコ代表としてソチオリンピックに出場。
さらには、スウェーデンのトップリーグで優勝するなどした実績を買われ、
3季前のシーズン中に、スカ サンクトベルブルグから、シビルへ移籍したサラク選手。

トレードの交換相手であるミッコ・コスキネン選手が、サンクトペテルブルグの守護神に君臨し、
ガガーリンカップを二度も手にしているとあっては、奮起しないわけにはいきません!

それだけに年明け以降も、さらなる活躍が期待されます。


★ 本日の小ネタは…

今年最後にお届けする「小ネタ」も、KHLの試合からお届けしましょう。

チェックに来る相手選手の姿を見て、慌ててしまったのか、
バリス アスタナ(青)の選手が、後方にいるチームメイトへ出したパックが流れて、オウンゴール・・・

かと思われましたが! 
ホームアリーナのスタンドに詰め掛けたファンの願いが通じて、
ゴールポストが、アクロバティックな「ピンボールセーブ!!」


しかし、ゴールポストは援護してくれたものの、勝利の女神は微笑んでくれず、
アスタナは敗れしてしまいました。


「語りべ」通信では、PLAY OF THE YEAR 2017と銘打って、
ホッケーファン必見のセーブシーンと、ゴールシーンを紹介してきましたが、
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さんが選ぶナンバーワンは、どのプレーでしたか?


下記の赤字のタイトルをクリックすると、もう一度、ご覧いただくことができますので、
お正月休みの間に、お楽しみください。








PLAY OF THE YEAR | comments(0) | trackbacks(0)
2018.07.18
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovehockey.jugem.jp/trackback/2349
トラックバック
__