加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< アジアリーグの歩き方・2006−07<4>韓国ホッケー界の父 | main | 勝て!勝て !! バックスFM >>
2020.05.02
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
2006.11.14
リトルアニャンハルラ・アイスホッケークラブ
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

国際アイスホッケー連盟が定める、ナショナルブレイクのため、
7日の試合を最後に中断していたアジアリーグが、いよいよ今日から再開されます!

実に一週間も、全く試合が行われなかっただけに、
「先週末は、さびしかった」というファンの方も、多いのでは?

しかし、試合がなかったにもかかわらず、
子供たちの元気な声が、響き渡っていたリンクがあります。
それは、ハルラのホームリンク、アニャン アイスアリーナ!

というのも、以前の記事でも紹介した、
リトルアニャンハルラ ・アイスホッケークラブ」の練習が、行われていたからです。
リトルアニャンハルラのポスター
今年の7月に誕生したばかりの リトルハルラですが、
ハルラの ヤン ・スンジュン GMによると、
先月末までに、早くも28人が入部!

毎週金、土、日曜の週3回、
カワイイ幼稚園児から、小学生までの男の子と女の子が、
アニャンアイスアリーナで、
将来のスター選手を目指して、練習に汗を流しています。

そんな子供たちを指導しているのは、
韓国ホッケー界史上、トップのポイントをマークした、シム ・ウィシク さんと、
長年、韓国代表の守護神として活躍した、キム ・ソンベ さんの二人。

ともに昨季まで、現役としてプレーしていただけに、
子供たちに負けじと、元気にコーチ役を務めています。
電光掲示板の横には永久欠番「91」のバナーが!
特に、シム ・ウィシクさんは、
数々の記録を打ち立てた “超・名FW” !
その功績を称えられ、
彼がつけていた背番号が永久欠番となり、
今季から、アニャンアイスアリーナには、
「91」のバナーが、掲げられているほどのスター選手!
(日本のスポーツ界に置き換えると、
王貞治氏に、野球を教えてもらうようなもの !?)

シム ・ウィシクさんと、キム ・ソンベさんの指導を受けた選手たちが、
将来、アジアリーグにデビューする日が、楽しみですね!
アジアリーグ | comments(2) | trackbacks(0)
2020.05.02
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
先日のハルラ戦のときに偶然シムさんにお会いできましたが、相変わらず素敵な人柄がにじみ出てました。
元西武の秀さん、元、ヨッチも子供達の指導に頑張っているようで、5年後・10年後のホッケー界が楽しみです!
私も形は違いますが、将来的には自分のノウハウを皆さんのようにアイスホッケー界に恩返しして行きたいなぁ〜なんて考える今日この頃です。
| くりばやし | 2006/11/16 01:55 |
>くりばやし さん
その節は、ありがとうございました!
もう落ち着きましたか?

アスリートたちだけでなく、
アスリートや競技を支える人たちも認められないと、
一流のスポーツだとは言えないと思います。
そのためにも、日本のホッケーイクイップメントの第一人者として、
立場の向上と、その役割を認識させるために、
これからも様々な形でご尽力ください!
微力ながら協力は惜しみませんよ!
| 「語りべ」 | 2006/11/16 20:34 |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
__