加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< アジアリーグ・ファイナルがキャプテンの最後の大仕事! | main | SAVE OF THE YEAR 2018 - 1st CANDIDATE >>
2018.04.05
GOAL OF THE YEAR 2018 - 2nd CANDIDATE
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

アジアリーグのファイナルは、
前回の記事で紹介したとおり、アニャンハルラが3連覇を飾って終了しましたが、
KHLのプレーオフは、カンファレンス ファイナル(CF=3rdラウンド)の熱戦が続いています。


今日の「語りべ」通信では、ガガーリンカップを目指す激しい戦いの中から、
を、お届けしましょう!


圧倒的な攻撃力を武器に、
今季のレギュラーシーズンをナンバーワンの成績で戦い終えたスカ サンクトペテルブルグに、
第2ピリオド終了時までリードを許していたチェスカ モスクワは、
第3ピリオド早々に同点としたのに続いて、、、



一昨季までダラス スターズでプレーをしていた バレリ・ニチューシキン 選手(赤#43)が、
個人技を見せつけて勝越しゴール!

レギュラーシーズンで最も失点が少なかったチェスカは、
このリードを、KHLナンバーワンのディフェンス力で守りきり、対戦成績を2勝2敗に!

さらに加えて、今季のプレーオフで、第2ピリオドを終えた時点でリードしていた試合は、
「7戦全勝」だったサンクトペテルブルグに、土をつけました。


「ピョンチャン オリンピック」の金メダルメンバーが、両チーム合わせて23人も揃うとあって、
「王者を決める戦い!!」 との声も聞かれるイースタンのCFは、
最終戦までもつれそうな雲行きです。




PLAY OF THE YEAR | comments(2) | trackbacks(0)
2018.06.22
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
個人的に、2017-18シーズン、印象に残っているのは、ブラチスラバのボリス・サディツキィ選手がロコモティヴ戦で決めたゴールです。NHLでも、ラスベガスのW・カールソン選手が、サンノゼ戦で同じ様なゴールを決めていますが、こちらは、ゴーリーと一対一だったので…
| METEOP2013 | 2018/04/12 22:15 |
>METEOP2013さん
コメントありがとうございます。

ホッケーシーズンは佳境へ向かっていきますが、
記憶に残るようゴールシーンや、セーブシーンが数多くご覧になれるといいですね。
| 「語りべ」 | 2018/04/13 12:03 |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovehockey.jugem.jp/trackback/2369
トラックバック
__