加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< アジアリーグで優勝した選手の従弟(いとこ)がNHLで優勝した! | main | 「両手に花」? それとも「盆と正月が一緒に来た」? >>
2018.06.14
今シーズン最後の戦いは15年ぶりの「GAME-7」
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

前回の記事で紹介したように、NHLのプレーオフは、
ワシントン キャピタルズがスタンレーカップを勝ち取って幕を閉じました。


チャンピオンに輝いたワシントンの選手たちは、MLB(メジャーリーグ)の試合に招待され、
アレックス・オベチキン選手が、“前代未聞!”の始球式
を披露したり、、、 (↑をクリックすると当日の模様の動画が見られます)





国会議事堂などがあるナショナルモールが、ファンであふれかえる中、
優勝パレードと、スタンレーカップのお披露目
(と言っても肉眼で見ることができたファンは一握り!?)を行うなど、、、

Washington Capitalsさん(@capitals)がシェアした投稿 -



“スタンレーカップ フィーバー” が続いています!


これで北米のアイスホッケーシーズンも終了しました、、、
と言いたいところですが、まだ激しい戦いを繰り広げているリーグも!

それは、AHL(アメリカン ホッケーリーグ)です !!


NHLの一つ下のリーグに相当する AHL は、
今月2日(現地時間)から東西両カンファレンスのチャンピオンによる“頂上決戦”がスタート。

3つのラウンドを勝ち上がってきたのは、
トロント マリーズ(イースタン)と、テキサス スターズ(ウエスタン)
の両チーム!


トロント メイプルリーフスと、ダラス スターズのアフィリエイトチームが、
スタンレーカップならぬ、AHLのチャンピオンに手渡されるカルダーカップを目指し、
激しい戦いを繰り広げています。


一昨日の第6戦では、王手を掛けられて敵地に乗り込んだテキサスが、5-2のスコアで勝利。

4月にダラスへ昇格した際に、NHLで4季ぶりの白星を手にした
マイク・マッケンナ 選手が、43セーブ(2失点)と大活躍!

逆王手を掛けて今夜の第7戦に臨みます。





一方のトロントは、AHL全30チーム中、
レギュラーシーズンで最も多いポイント(勝点)を上げた “ナンバーワンチーム” ながら、
マッケンナ選手の活躍もあって、苦しい戦いを強いられています。

特に深刻なのは、パワープレーの成功率。

第1戦でゴールを決めてから、その後は全くゴールが決まらず不振を極め、
ファイナルに入ってからのパワープレー成功率は、「6.3%」


そんなトロントにとって明るい材料なのは、第7戦をホームアリーナで戦えること!

トロントのダウンタウンの西側に位置するリコーコロシアムには、
メイプルリーフスのファンも多数駆けつけ、第6戦の観衆は「8783人」

アリーナレコードを更新しました !!


さらに加えて、AHLのファイナルがベストオブ7(4勝先勝方式)となってから、
ホームチームの第7戦の成績は、「7勝3敗」と高い勝率を記録しているのも、
トロントにとって明るい材料! 

だと言いたいところですが、
対するテキサスは、過去のプレーオフでの第7戦の成績は、「3戦全勝」と負け知らず!

トロントの第7戦での通算戦績は「3勝2敗」だけに、
勝負強さでは、テキサスに軍配が上がりそうですが・・・。


NHLのみならず、既にECHL(NHLの二つ下のリーグに相当)も、
コロラド イーグルスが連覇を達成し、
全ての戦いを終えていることから、
カルダーカップを懸けて戦うAHLのファイナル第7戦は、
(北米の主要なプロリーグの)今シーズン最後の戦いに!

15年ぶりとなるファイナルでの「GAME-7」を制してチャンピオンに輝くのは、
どちらのチームでしょうか?


アイスホッケー | comments(2) | trackbacks(0)
2018.08.16
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
マクデイビッド選手やNBA選手の始球式も、検索して視聴しましたが、総じて酷かったです。Hardest skill in all sports? という動画でも、多くのNHL選手が野球を挙げています。
| METEOP2013 | 2018/06/20 22:10 |
>METEOP2013さん
コメントありがとうございます。

アメリカと(オンタリオ エリアも?)を除けば、
ホッケーのレベルが高くて、尚且つ野球も盛んな国はないですから、
しょうがないですよね(笑)
| 「語りべ」 | 2018/06/21 21:50 |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovehockey.jugem.jp/trackback/2385
トラックバック
__