加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< テディベアトス世界新記録達成! | main | ASSIST OF THE YEAR 2019 - 1st CANDIDATE >>
2019.05.25
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
2018.12.07
SAVE OF THE YEAR 2018 - 4th CANDIDATE
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

寒さが増してきたのと対照的に、
レギュラーシーズンが中盤に差し掛かったKHLでは、熱い戦いが続いているようですが、
そんなKHLの試合の中から、
の有力候補のプレーを、ご覧いただきましょう。




7季前からディナモ モスクワのゴールを守り続けている、
アレクサンダー・エリョメンコ選手




KHLの週間ベストセーブにも選ばれたほどのプレーを披露したエリョメンコ選手は、
「38才」!!


(KHLの前身の)スーパーリーグでプロデビューを飾って、今季が19年目となりますが、
文字どおり「ベテラン健在」のようなので、
6季ぶりのガカーリンカップ獲得を願うファンの期待に応えるセーブを、
これからも見せて欲しいですね!




PLAY OF THE YEAR | comments(2) | trackbacks(0)
2019.05.25
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
ホッケーにおけるゴーリーの存在は大きいですよね。ご存知の通り、今季のエカテリンブルクは開幕から、とんでもない勢いで勝ち進んでいましたが、正ゴーリーのコヴァル(Kovar)選手が、故障欠場中は、チームも大失速。KHLの年間最多勝記録は、多分、コシェーチキン(Кошечкин )[マグニトゴルスク]の32勝だと思うのですが、コヴァル選手が更新するかもしれませんね。
| METEOP2013 | 2018/12/12 13:27 |
>METEOP2013さん

コメントありがとうございます。
NHLと比較される際に、大きな差の一つがゴーリーのレベルとも報じられているようなので、
KHLのゴーリーの奮起に期待したいですね。
| 「語りべ」 | 2018/12/12 14:58 |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovehockey.jugem.jp/trackback/2415
トラックバック
__