加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< 六花亭ベアーズ3連覇! | main | セミファイナル開幕! >>
2020.05.02
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
2007.02.28
白旗宣言 !?
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

アジアリーグは、既に、プレーオフがスタートしていますが、
海の向こうのNHLでは、レギュラーシーズンが佳境に差し掛かっています。

そんな中、今日(現地27日)が、NHLのルールによって、
トレードをすることができる最終日(デッドライン)とあって、
わずか一日で、25件ものトレードが成立しました。

といっても、これは珍しいことではありません。
NHLでは、毎年、レギュラーシーズン終盤に、デッドラインが設定されるのですが、
プレーオフ進出のために、戦力をアップさせたいチームと、
プレーオフ進出の望みが少なくなり、
来季へ向けて、若手選手や、ドラフト指名の権利を得たいチームとの思惑が合致して、
デッドライン直前の “駆け込みトレード” が、成立するのです。

逆に言えば、ここで思い切ったトレードを行って、戦力を補強したチームは、
「まだまだプレーオフ進出へ向けて、望みは捨てていないぞ!」
というチームからのメッセージが、ファン伝わる反面で、
主力選手を放出したチームは、“白旗宣言” と受け取れらてしまうことも。

今日、成立したトレードの中で、「語りべ」が そんな印象を受けたのが、
エドモントン オイラーズと、ニューヨーク アイランダーズのトレード

アイランダーズにトレードされたライアン・スミス選手オイラーズからは、FWの ライアン ・スミス 選手(写真)が、
アイランダーズへ。

対して、アイランダーズからは、
22歳の ロバート ・ニルソン 選手(2003年ドラフト1位指名)と、
東京生まれの19歳、
ライアン ・オマーラ 選手(2005年ドラフト1位指名)
の若手FW2人に加えて、
今年のドラフト1位指名権が、オイラーズへと移りました。

このトレードが成立した時点の順位は、両チームとも第9位。
プレーオフのチケットを手にできるのは、
東西両カンファレンスの 上位8位チームのため、
アイランダーズも、オイラーズも、あと一歩! というところなのですが、
アイランダーズが、イースタンカンファレンスで8位の カロライナ ハリケーンズと、
わずか勝点1ポイント差なのに対して、
オイラーズは、ウエスタンカンファレンス8位につけている カルガリー フレームスとは、
9ポイント差と、水を開けられてしまっています。

ライアン ・スミス選手といえば、
ソルトレイクや、トリノオリンピックで、カナダ代表としてプレーした実力の持ち主。
それに加えて、1994年にドラフト1巡目で指名されて以来、
オイラーズ一筋で、プレーしてきた、まさに “チームの顔” !!

試合前の氷上練習を終えて、ロッカールームに戻る時、
リンクサイドで待っているチビッ子たちに、いつもパックをプレゼントしたりするなど、
ファンを大切にしていた選手だっただけに、
ライアン ・スミス選手の移籍を、残念に思っているオイラーズファンも、多いようですが、
今回のトレードが “白旗宣言” ではなく、
もしかすると、なかなかエンジンがかからないチームへの “カンフル剤” となって、
オイラーズが、白星を積み重ねていくかもしれないだけに、今後の戦いが注目されます。

今季は、これまでにも、
フィラディルフィア フライヤーズのキャプテンを務めていた ピーター ・フォースバーグ 選手が、
ナッシュビル プレデターズに移籍したように、
NHLでは、“チームの顔” のトレードも、日常茶飯事です。

サラリーキャップ(チームの年俸総額制限)制度が導入されて以来、
主力選手が、各チームに分散するようになったため、NHLは戦国時代に突入!

昨季のファイナルで顔を合わせたハリケーンズと、オイラーズが、
今季は、ともにレギュラーシーズンで、敗退してしまうかもしれない !?

こんな激しい戦いが、毎年 繰り広げられるのが、
NHLの一番の魅力ですね。

◆photo by 243
NHL | comments(4) | trackbacks(0)
2020.05.02
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
日本ではバックスをNHLではミネソタを応援しております。
去年はデッドライントレードでミネソタからオイラーズへゴーリーのロロソンが移籍。スタンレーカップでは負傷により2戦目以降欠場しましたが、オイラーズのカンファレンスチャンピオンに貢献しました。
オイラーズ決して弱くはないのですがいかんせん地獄のノースウェストディビジョンですからねぇ。現在のウェスタンの7位から10位がみんなノースウェスト。まちがってエドモントンがプレーオフ進出することになれば代わりにフレームスかわがワイルド(あるいはカナックス)が落ちるということになるでしょう。
| Hiro | 2007/03/01 03:00 |
>Hiroさん
コメントありがとうございます!

確かに、ノースウエストディビジョンは「地獄」ですよねー。
でも、この激戦の中で戦っているチームは、プレーオフで大暴れするかも?
とはいっても、今季のオイラーズは、守りに安定感がないせいか、
自分が見た試合では、ロロソンが、かなりイライラしながら守っていた印象を受けました。
決して資金が潤沢なチームではないので、
思い切って、早めに来季へシフトするのもOKなのでは?
| 「語りべ」 | 2007/03/01 13:00 |
1997年から2年間エドモントンに在住したわが家にとって昨年のオイラーズとスミス選手の活躍は,とてもうれしい出来事でした.エドモントンで生まれた息子も応援FAXを送り加藤さんに読んでいただいで,わが家ではもりあがっていました.なので・・・このニュースはとてもショックでした.
| DR.QQ | 2007/03/12 16:38 |
>DR.QQさん
コメントの投稿&いつも番組をご覧いただいて、ありがとうございます!
オイラーズは、ここへ来て7連敗と、完全に“白旗宣言”という感じですけれど、
ライアン・スミス選手は、新天地でいい働きをしているようです。
期間限定で、アイランダースを応援してみては、いかがですか?(笑)
| 「語りべ」 | 2007/03/12 21:06 |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
__