加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< 4番バッターの差 | main | MVPは19歳! >>
2007.06.07
新たな戦いの始まり
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

「ダックスの強さが目立った試合でしたね」

今日の試合の生中継に “緊急ゲスト出演” してくれた、
日本人初のNHLプレーヤー 福藤豊 選手が、こう振り返っていたように、
スタンレーカップ ・ファイナル第5戦は、
3勝1敗と王手をかけていた アナハイム ダックス が、オタワ セネターズ を相手に、6−2と大勝。
チーム創設14季目にして、悲願の初優勝を飾りました!
チャンピオンのみが手にすることができる栄光の証・スタンレーカップ
試合終了後のセレモニーでは、
NHLの ゲーリー ・ベットマン コミッショナーから、
プレーオフMVPにも輝いた キャプテンの スコット ・ニーダマイヤー 選手へ、
スタンレーカップが手渡されると、
その後は、首脳陣やフロント、
さらに裏方の人たちも含めた ダックスのオールメンバーが、
スタンレーカップを、順番に手渡しでリレー。

誇らしげに高々と掲げたり、歓喜のキスをしたりして、
17000人の地元ファンとともに、喜びを分かち合いました!
             「ポジティブに考えろ!」
             「アグレッシブなプレーを!」
             「自分勝手なプレーはするな!」
             「言い訳をしない!」
             「全ての選手がリーダーだ!」
放送でもお伝えしましたが、チャンピオンに輝いた ダックスのドレッシングルームには、
プレーオフに入ってから、こんな言葉が掲げられていました。

これは、チームを率いる ランディ ・カーライル ヘッドコーチが、
選手たちに説いた “プレーオフの心得”。

現役時代は、NHLのベストDFにも輝いた名選手としての経験と、
ワシントン キャピタルズの アシスタントコーチや、
AHLのチームなどで、ヘッドコーチを務めていた時に学んだという この教えは、
ダックスの選手たちに、しっかり浸透していました。

番組の解説者の ジェイムス ・イエローリーズ 氏(カナダ教育連盟日本代表)が、
「GKもDFも、よく頑張っていたし、FWも、全てのラインが仕事をした。
ダックスの優勝は、チームとしての勝利」 と話していたように、
全ての選手が、自分の役割を果たしていたダックスは、接戦になると無類の強さを発揮。
このプレーオフであげた16勝のうち、実に12勝が1点差勝利という、
NHLタイ記録をマークしました。

それに加えて、同じく解説者の 信田憲司 氏(元日本代表GK)が、
「ベンチに入っていない選手のパフォーマンスも、よく把握して、
選手の特性を活かしたベンチワークが、見事でしたね」 と分析していたように、
NHLキャリアのない若手選手を、いきなりプレーオフで起用してみたり、
状況に応じた細かいラインチェンジなどのベンチワークは、まさに圧巻。

その一方で、カーライル ヘッドコーチは、
「勝利を喜ぶのは、試合終了後10分間だけ。10分経ったら、次の試合のことを考えろ!」
という “10分ルール” を設けて、
選手たちに、スタンレーカップ獲得という最終目標を、常に意識させながら、
2ヶ月間に及ぶプレーオフを、戦い続けました。

このように卓越した手腕を発揮して、
ダックスをチャンピオンへと導いた カーライル ヘッドコーチですが、
丁度 一年前、ファイナルを目前にして、エドモントン オイラーズに敗れた後、
こんな誓いを立てたのだそうです。

「平凡なチームには、ならないぞ!」

というのも、近年のNHLでは、勢いに乗ってプレーオフを勝ち上がった翌年に、
失速してしまうチームが、よく見られます。
そんな一年限りのチームとは違う! ことをアピールしようと、
今季は、レギュラーシーズン序盤から、首位を快走。

中盤戦に入って、主力選手にケガ人が続いてしまったこともあって、
デトロイト レッドウイングスに、トップの座を譲ってしまったものの、
ウエスタン カンファレンス第2位という好位置で、プレーオフへ。

NHLで最も失点の少なかった ミネソタ ワイルド、
鉄壁の守護神 ロベルト ・ルオンゴ 選手を擁する バンクーバー カナックス、
さらに、優勝10回を誇る名門 レッドウイングス、
そして、ファイナルでは、イースタン カンファレンスの覇者 セネターズと、
プレーオフで 並み居る強豪チームを倒しての、スタンレーカップ獲得は、
ダックスが、「平凡なチーム」ではないことの、何よりの証となりました。

実は、カーライル ヘッドコーチには、もう一つ、
一年前に立てた誓いがあるのだそうです。 それは…、
「勝ち続けるチームを作る」 こと。

今季限りで、契約が切れてしまう選手もいるのに加えて、
サラリーキャップ(チーム年俸総額規制)制度もあるため、
優勝したあとのオフは、契約が難航し、主力選手の流出が相次ぐことも。

しかし、それでもカーライル ヘッドコーチは、
プレーオフで破ったライバルチームを例に挙げて、
「レッドウイングスのように、毎年 優勝を狙えるチームを作っていく」
と “常勝チーム” を目指しています!

「平凡なチーム」ではなくなったことを証明した その瞬間、
「勝ち続けるチーム」へ向けての、ダックスの 新たな戦いが始まったのです。

★本日の小ネタは…
ダックスの初優勝に合わせるかのように、
福藤豊選手が、ゲストコメンテーターとして、1年ぶりにスタジオに来てくれました!

福藤選手は、つい先日まで、所属していた マンチェスター モナークスが、AHLのプレーオフを戦っていたため、
昨日の夕方に、帰国したばかり。

番組のTプロデューサーが、成田空港で記者会見を終えたあと、ゲスト出演をお願いすると、
福藤選手は二つ返事で快諾。

時差ボケの中、朝からの生中継にもかかわらず、
思わず感心させられる的確なコメントだけでなく、時には大胆な(?)発言も飛び出すなど、
福藤選手は、バッチリと! コメンテーター役を務めてくれました。

ところで、シーズンは終わったばかりですが、やはり気になるのは来季のこと。
福藤選手は、「まだ今季が終わったばかりなので、白紙ですけれど、やっぱりNHLを目指していきたい」
と口にしたように、来季も北米でのプレーを第一に考えているそうです。

尚、福藤選手がゲスト出演してくれた「NHLアイスホッケー」の模様は、
今月と来月に、再放送が予定されています。
見逃してしまった方は、ぜひご覧ください!

        NHLアイスホッケーのスタジオ風景

◆photo by BOSS TAJIMA
NHL | comments(10) | trackbacks(0)
2017.09.21
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
祝!ダックス。
個人的にはOTTでしたが。
福藤選手の緊急出演感動でした。
NHL放送お疲れ様でした。
毎年楽しく見させていただいてます。
来年の放送もよろしくお願いします。
| AT25 | 2007/06/08 00:11 |
>AT25さん
コメントの書き込み&番組をご覧いただいて、ありがとうございます!
今季はチャンネルが変わってしまったため、
見られなくなってしまった方も多かったようで、
アジアリーグの会場などで、皆さんからの声を聞く機会が激減してしまいました…。
機会がありましたら、ご意見やご感想などを、ぜひ教えてください!
| 「語りべ」 | 2007/06/08 00:36 |
ダックス優勝おめでとうございます。 カナダ・ファンの私は、オタワを応援してたのですが…。 それにしても、スタンレーカップに対する関心は、アメリカでは低いようですね。 もともと、熱狂的なファンに支えられているのが、NHLなのでしょうが。 観客動員が伸びないナッシュビルは、大丈夫ですかねぇ。 移転の噂もあるみたいですし。
| ハワチャク | 2007/06/08 01:01 |
>ハワチャクさん
いつもコメントありがとうございます!
オタワのアリーナの雰囲気が、とても良かったので、
せめて第6戦まで、もつれてくれればとも思ったのですが、残念でした…。

おっしゃるとおり、NHL全体の観客動員は、順調のようですが、
シーズンキャンセル後の2年間を見てみると、
勝ち組チームと負け組チームの差が、明確になってきてしまった気がします。
少し前までジリ貧気味だったマイティダックスが、しっかりと建て直して優勝したように、
他のチームも、企業努力は必須ですね。
| 「語りべ」 | 2007/06/08 08:09 |
ダックスの初優勝、嬉しいですね〜
我が家の子供達がホッケー始めたのがちょうど映画のマイティーダックスが出来た次の年で。
チームの状況も映画さながらで、ダブらせて鑑賞していた記憶が有ります。
当時好きだったティム・セラーニ選手がまだ現役で頑張っているのも嬉しさ倍増です。
| YT | 2007/06/08 12:25 |
今シーズンもご苦労様でした。そしてありがとうございました。カップを掲げている選手を見ていて、サザエさん症候群みたいな気持ちになりました。オフの間はじろうさんブログを楽しみにしています。
今シーズンは週2回+リピート放送を含めるとほぼ毎日NHLが見れて満足です。若くてスピード・テクニックがあって「えっ?こんなプレーするか〜?」みたいな発想力のある選手を見るのが楽しかったです。
来シーズンもよろしくお願いします。出来れはアジアリーグも見たいなあ。
| くま三郎 | 2007/06/09 10:27 |
じろうさん長いシーズンお疲れさまでした。そしてダックスおめでとうございます。話し変わりますけど来シーズンは月1でいいすからJスポでアジアリーグやってくれませんか。お願いします。
| まさ | 2007/06/10 09:44 |
皆さん、コメントありがとうございます!

>YTさん
お久しぶりです! マスコットの着ぐるみを残して、
ディズニー色を払拭した直後に優勝というのも、何だか皮肉ですね。
話は変わりますが、二人の息子さんたちも頑張っているようなので、
今季のダックスのように、秋のリーグ戦で大暴れしてくれることを期待しています!

>くま三郎さん
いつも放送をご覧いただいて、ありがとうございます。
シーズンがキャンセルされてしまった一昨季のあとからは、
レベルの高い若手選手が次々と頭角を現してきているので、これからも楽しみですね。
また放送が再開した時は、どうぞお付き合いください。

>まささん
こんにちは。お元気ですか?
アジアリーグの中継に関しては、
しがないフリーの「語りべ」には、権限がありませんので(苦笑)、
局の方に、直接リクエストをしてみてください。
ただ、以前にリーグ事務局の方も、局にアプローチされていらっしゃいましたが、
なかなか難しいようで…。
| 「語りべ」 | 2007/06/10 10:30 |
加藤さん
お疲れ様でした、この5月からアイスホッケーを復活させて始めました、いつもHDDに録画して見ています、本当にダックス強かったですね、第4戦でしたかピリオド終了間じかのアルフレッドソンの行為はセネタースからスタンレーカップ自体をとうざけてしまった観がありますねこれからも放送楽しみにしています。ひとつ質問なのですが、プレーオフの最中に確か、セーバーズの選手だったと思うのですが、スティールのスティックを練習とかに使っている選手がいたのですが、あれって売ってるんでしょうか、もしご存知なら教えてください。
| 5858 | 2007/06/11 17:51 |
>5858さん
コメントありがとうございます!
久々にホッケーをプレーされてみて、いかがですか?

ご質問の件ですが、生憎と「語りべ」では分からないので、
お近くのショップなどで、問い合わせてみてはいかがでしょうか?
「NHLアイスホッケー」の番組を、いつもサポートしてくださっている、
栃木県日光市のグレートスケートジャパンさんをはじめ、
全国各地のショップの皆さんは、親切な方が多いので、
相談にも応じてくださると思います。
| 「語りべ」 | 2007/06/12 23:02 |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovehockey.jugem.jp/trackback/318
トラックバック
__