加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< 目指せバンクーバー!<1>女子日本代表中国遠征 | main | 瀬高哲雄の「新たなる戦い」<3> >>
2005.10.29
ゴールデンアムール同窓会<4>
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

残念ながら運営会社の事情によって解散してしまった、
ゴールデンアムールのメンバーたちの、その後をお伝えしているこのシリーズ。

熱戦が続くロシア上級リーグパート1でも紹介したように、
アジアリーグと同じ、先月24日に開幕したロシア上級リーグは、
丁度、開幕から1ヶ月が過ぎました。

デニス・ポルニン選手らが昇格したアムールは、
先週末に2試合連続完封勝利を飾るなど、調子は上向きで、
現在、2位と好位置をキープ。

一方、昨季、ゴールデンアムールを率いた、ユーリ・カチャロフ監督が指揮を執っているモトールは、
13チーム中8位と、なかなか波に乗れないものの、
お茶目なロシア人の、セルゲイ・ヤサコフ選手は、
DFながら、コンスタントにポイントをマークしているとのこと。

ぜひ、ゴールデンアムールOBたちには、これからも活躍して欲しいですね。

photo by IGOR KHOROSILOV


★本日の小ネタは…
現地からの情報を送ってくれる、イゴール・ホロシノフ記者によれば、
「朝晩は、ずい分と寒くなってきた」
とハバロフスクの街には、冬の足音が聞こえてきた様子。

ところで、このゴールデンアムール同窓会シリーズ。
当初は、3回で完結の予定だったのですが、
ホロシノフ記者が、なぜか張りきりまくって、次々とメールで情報を送ってきてくれるので、
不定期ながら、シリーズを続けていくことに…。

もし、ハバロフスクのホッケー情報などで、聞いてみたいことがありましたら、
ホロシノフ記者に問い合わせてみますので、
ぜひ、お知らせください。
ゴールデンアムール同窓会 | comments(4) | trackbacks(0)
2018.02.16
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
こんばんは。毎日楽しみにブログを拝見させていただいております。
Gアムール同窓会シリーズ、今後も続くのですね。(続けざるをえない??)
Gアムール関係者のその後、というだけでなく、例え2部でもハイレベルリーグであるロシアの情報は、非常に気になるところです。
今後も、宜しくお願い致します。
| ひろ | 2005/10/29 01:16 |
ひろさん

どうもありがとうございます!

ゴールデンアムール同窓会シリーズは、
ハバロフスクのロシア人記者からのネタ・メールが届くかどうかに、
全てがかかっています。

でも、日本のファンが期待しているよ!
って、プレッシャーをかけておきますので(笑)
続編にご期待ください。
| 「語りべ」 | 2005/10/29 01:31 |
ゴールデンアムール同窓会シリーズものすごく楽しみしています。
「アムール」も終盤調子を上げ、プレーオフも好調のようですね。
ところで一度ハバロフスクのホッケーについてまとめてお伺いしたかったのですが、よろしいでしょうか(ホロシノフ記者?)?
1.現状のHCアムールに至るまでのハバロフスクのホッケーの歴史(クラブ構成から監督・主な選手そしてアリーナまで)について
2.現アムールのメインオーナー変更の影響
3.日本と「アムール」とのさらなるホッケー交流の可能性
(定期戦や将来的なアジアリーグ参加の可能性、日本とのプレイヤー交換制度など)
少し欲張った質問となりましたが、ぜひ見解を伺いたいと思います。直接的なお答えが難しければ参考図書(露語可)でも教示いただくとうれしいです。
お忙しいと思いますが、お体に気をつけてホッケーファンみんなのために、お仕事頑張って下さい。それでは失礼します。
| スヴェシト | 2006/03/19 19:57 |
スヴェシトさん コメントありがとうございます。
ご質問の件、機会をみつけて問い合わせてみますね。
ただ、彼も、多忙な上に、スポーツ担当記者ではないので、
どこまで分かるかは、「?」ですが、
何か分かりましたら、新作記事として、お届けします。
| 「語りべ」 | 2006/03/24 23:27 |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovehockey.jugem.jp/trackback/35
トラックバック
__