加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< ゴールデンアムール同窓会<4> | main | 瀬高哲雄の「新たなる戦い」<4> >>
2005.10.30
瀬高哲雄の「新たなる戦い」<3>
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

海の向こうの韓国では、日本の全日本選手権にあたる、
「韓国総合選手権」が、今日から開幕。
アジアリーグに参加しているハルラ、カンウォンランドの両チームと、大学チームが参加して、
韓国チャンピオンをかけて戦います。

韓国国内では “実力ナンバー1” のハルラも、
一昨日、チーム全員が集まって、決起集会を実施!

当初は、「国内の大会なので外国籍選手の参加は認めない」との話もあったようですが、
4人のチェコ人選手とともに、大会への参加が可能となった瀬高哲雄選手も、
この決起集会に参加しました。

その瀬高選手に、
「思い切ってMVPでも狙ってみたら」とハッパをかけてみると、
「そんなのムリですよ(笑)。チームプレーに徹します」との答えが。

というのも、実は、先日のアジアリーグの試合で、
「ゴールを決めたかったんで、ガンガン攻めていたら、
2ピリ以降、全く試合に出してもらえなかった」ことがあったのだとか。

オタカー・ヴェイヴォダコーチからも、
「しっかり守ってくれ」と言われて、自分の役割を再認識。

まだまだ、FWは攻めるだけ、DFは守るだけ、
という意識が残っている韓国ホッケー界では数少ない、
“守れるFW”として、チームの勝利に貢献するつもりなのだそうです。

ファン手作りの応援ボードこんなカッコイイ写真つきのボードもシーズンインから1ヶ月。
瀬高選手の、
そんなフォア・ザ・チームのプレーぶりは、
チームメイトはもちろん、
ハルラファンにも認められているようで、
最近は、スタンドに、
背番号45の応援ボードが掲げられたり…、


試合後に、地元の女性ファンからサインや写真を頼まれることが増えてきました!
      はいチーズ!     女性ファンと2ショット

そういえば瀬高選手が、こんなことを言っていました。
「今は、ホッケーをやっていて、本当に楽しいです!」

異国の地で、ホッケーを “楽しんでいる” 瀬高選手を、ぜひ応援してください!
瀬高哲雄の「新たなる戦い」 | comments(5) | trackbacks(0)
2018.08.19
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
「韓国総合選手権」てあるんですね。見に行きたいですね〜。語りベさんは行かれるんですか?
ハルラの試合が日本で見られるのは、来年、北海道なんですよね…。
今シーズン、なんだかとても、ハルラチームが気になってます。特に、#4。「お宅訪問」を見てからです(^^)ぜひとも、プレーオフに進んでほしいです!
瀬高選手。日光での試合の後にお話ししたのですが、とても礼儀正しい方でした(^^)
| MOON | 2005/10/30 07:00 |
MOONさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

残念ながら「韓国総合選手権」は見に行けませんが、
先日行われたハルラ vs カンウォンランドの
“コリアンダービー”は観戦しました。
かなり熱かったですよ!

試合の翌日に、瀬高くんの家にもお邪魔させてもらったので、
その模様を、明日アップする予定です。お楽しみに!
| 「語りべ」 | 2005/10/30 09:34 |
総合選手権ですが、
大学強豪の高麗大学が急遽不参加になりまして
一部日程が変更になっています。
現地で観戦予定の方はご注意ください。

それにしても、外国人の参加が認められるとは
かなりビックリしました(^_^;)
| シュルジー | 2005/10/31 00:10 |
シュルジーさん

貴重な情報ありがとうございました。
高麗大が不参加となると、
優勝の行方は、ますます助っ人が入ったハルラとカンウォンの一騎打ち!
という様相が強まったのでしょうか?
| 「語りべ」 | 2005/10/31 09:01 |
当然優勝候補の筆頭は
実業のハルラとカンウォンだろうと思いますが
延世大学も、相当に強いですよ。
現にハルラ相手に2-3と善戦してますし、
練習試合では外国人入れたハルラに勝っちゃったこともあります。
この3チームの争いでしょう。

延世大と高麗大の大学2強は、
関東大学リーグのトップと比べても遜色ないどころか
もしかすると日本の大学チームより強いかもしれません?
これは韓国遠征で韓国の大学とも練習試合をやってる
クレインズのスタッフの方も、実力には太鼓判を押してました。

ただ、韓国の大学チームは2強に有力選手が集中してしまい、
そのほかの大学は、かなり落ちますけどね。
| シュルジー | 2005/11/02 00:17 |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovehockey.jugem.jp/trackback/39
トラックバック
__