加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< 初めての三冠王誕生 !? | main | ビッグハットの やんちゃ坊主 >>
2020.05.02
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
2008.01.24
ホッケー界のヤオ・ミン
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。
そして、「寒中お見舞い申し上げます!」

昨日は、東京でも雪が降ったりするなど、ここのところ寒い日が続いていますが、
皆さん、いかがお過ごしですか?

日本列島も冷え込んでいますが、お隣の中国でも、寒い日が続いているそうです。

中国黒龍江省は例年以上の寒さ!なかでも黒龍江省は、中国の東北部に位置しているため、
“激寒!” とのこと。

黒龍江省の省都 ハルビン在住の「語りべ」の知人からも、
「年が明けてから、一気に冷え込んで、
例年以上に、寒い冬になっています」
というメッセージとともに、こんな写真が送られて来ました。

このように、一面 銀世界となっている黒龍江省ですが、
その寒さを吹き飛ばすような、熱い戦いが行われています。
それは、「全国冬季競技大会(冬季運動会)」です!
一昨季までアジアリーグが行われていたチチハル市体育館などで開催中の中国冬季競技大会
一昨季まで、アジアリーグの舞台となっていた
黒龍江省北部のチチハルで開催されている この大会は、
先日の記事でも紹介したように、
ホッケーのみならず、スピードスケートや、フイギュアに、カーリング。
さらに、各種スキー競技や、バイアスロンなどのトップアスリートが、
4年に一度、その腕を競い合う、
まさに、“中国最大のウインタースポーツの祭典” !
中国シャークスの選手たちも、本来の所属チームに戻って行われている男子ホッケーは、
ハルビン、チチハル、チャムス(佳木斯)といった 中国代表に選手を送り込んでいる強豪だけでなく、
北京や、香港からもチームが参加。

既に全日程を終えた、女子とのアベックVを狙うハルビンを中心とした、
中国チャンピオンの行方に、注目が集まりますが、
その一方で、この大会で活躍ができないと、引退を勧告されてしまうこともあるため、
選手たちは、目の色を変えて、パックを追っているそうです。

このように、中国のトップ選手たちが、必死の形相で戦っている頃、
北米では、黒龍江省の子供たちが、笑顔でパックを追う姿が見られました。
その笑顔を生んだのは、上海生まれの チャールズ・ ワン 氏がオーナーを務めている、
NHLのニューヨーク アイランダーズ

ハルビン市氷球館にはアイランダーズの応援広告がアイランダーズは、ホームゲームを、
中国系の人たち向けに、北京語で実況中継しているだけでなく、
サンノゼ シャークスよりも一足先に、
中国ホッケー界の最前線をサポート!

2004年12月からは、ハルビン ホッケー協会と提携して、
チャイナオフィスを構えたり、コーチを派遣しているのに加えて、
毎年、子供たちを北米に招いて、大会に参加させたり、
アイランダーズの施設を使ってキャンプを行うなど、
強化プログラムを実施しています。

「いつの日か、おそらく ホッケー界の ヤオ ・ミン (=NBAの中国人スター選手)が誕生すると思うよ」

チャールズ・ ワン オーナーは、こう話していましたが、
その言葉が現実のものとなるように、これからもサポートし続けて欲しいですね。

◆photo supported by EN KATSU−HI

★本日の小ネタは…
今季のアジアリーグの会場で、
チャールズ・ワン オーナーと、全く同じ言葉を口にしていた人がいました。
それは、中国シャークスの カート ・カンプ 氏!

シアトルでホッケーショップを営んでいるカート・カンプ氏カンプ氏の本業は、アメリカのシアトルで、ホッケーショップを経営中。
アジアリーグの登録では、「コーチ」となっていますが、
実際は、マイナーリーグのチームでスタッフも務めた腕を買われて派遣された
「イクイップメント(用具) マネージャー」
(ちなみに名前も、Kurt Kamp ではなく、Curt Kamp が正しいそうです)

しかし、シーズン途中に、アシスタントコーチが帰国してしまったこともあって、
試合中も、ベンチの中で大きな声を出して、選手にゲキを飛ばしたりするなど、
シャークスの “精神的コーチ” といった感じ。
大きな体も相まって、その存在感は、まさにピカイチ!

そのカンプ氏が、「語りべ」の目を しっかり見ながら口にしたのが、こんな言葉でした。

「一体 誰が、ヤオ・ミンみたいなスター選手が、現れると思ったんだ?
オレはシアトルに住んでいるけど、
10年前には、日本人の野球選手(イチロー)が街の英雄になるなんて、誰も想像しなかったぞ。
だからNHLにも、中国生まれのスターが、出てくるかもしれないじゃないか!」

デレック・アイスラー ヘッドコーチも そうでしたが、
アメリカからシャークスに派遣されたスタッフは、ともに “超・ポジティブシンキング!”
「語りべ」も脱帽です(笑)
アイスホッケー | comments(0) | trackbacks(0)
2020.05.02
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
__