加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< 一番メダルに近い日本代表<2> | main | 速報!アイスホッケーニュース >>
2020.05.02
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
2008.02.01
スーパーボウルの街のチーム
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

今日から、プロ野球のキャンプがスタートし、
スポーツニュースでは、各チームの話題が取り上げられいますが、
海の向こうのアメリカには、スポーツの話題で持ち切りとなっている街があります。
それは、アリゾナ州のフェニックスです!

アリゾナ州は、冬でも温暖な気候とあって、
フロリダと並んで、メジャーリーグのキャンプのメッカとなっていますが、
州都のフェニックスでは、メジャーリーグのキャンプインより一足早く、
この週末、全米のスポーツファンが注目する、二つのビッグイベントがあります。

一つは、フェニックス近郊のスコッツデールで、昨日(現地時間)からスタートした、
男子プロゴルフ(PGA)ツアーの「FBRオープン

先週の「ビュィック ・インビテーショナル」で2位となった 今田竜二選手が出場することで、
日本のマスコミから注目を集めていますが、
PGAツアーの中でも、ギャラリーが多いことでも知られるトーナメントとあって、
アメリカ国内でも、たくさんのマスコミが、大会の模様を採りあげています。

もう一つは、3日に開催される NFLの「スーパーボウル
こちらは、アメリカの “国技” ともいえるアメリカンフットボールの頂上決戦だけに、
注目度は、ハンパではありません!

フェニックスの街はスーパーボウル一色フェニックスのあちらこちでスーパーボウルのグッズが先月からプレーオフが始まると、
アメリカのスポーツファンの視線は、NFLに集中。

なかでもフェニックスの街は、
近郊のグレンデールが、試合会場となることもあって、
あちらこちらでグッズが売られていたり
到るところにバナーが掲げられたりと、
まさに、“スーパーボウル一色” となっています!

ところで、フェニックスの街には、
アリゾナ カーディナルス(NFL)。
アリゾナ ダイヤモンドバックス(MLB)。
フェニックス サンズ(NBA)。
そして、フェニックス コヨーテス(NHL)と、
アメリカ4大スポーツのチームが、全てあるのを ご存知でしたか?

この4つのチームの人気度を、
フェニックスで長年仕事を続けているという タクシーの運転手さんに聞いてみたところ、
「やっぱりフットボールの試合がある時は、お客さんが多くて、忙しくなるね。
バスケットや野球の時は、(ダウンタウンの中に試合会場があるので)
そんなに忙しくはならないけど、ファンの人は、良く見掛けるよ。
ホッケーファン? うーん、あまり見ないなぁ…」 とのこと。
コヨーテスのホームアリーナのスタンドは・・・
本当に そうなのかな? と思いながら、
コヨーテスのホームゲームが行われている、
ジョビング ドットコム アリーナに、
足を運んでみると、、、

運転手さんの言葉はウソではなく、
スタンドには閑古鳥が…。

しかし、だからといって、コヨーテスが、
ファンサービスに対して、手を抜いているわけではありません。

むしろ、その正反対で、
試合前やプレーが止まった時、そしてインターミッションと、
あの手この手のファンサービスの仕掛けには、「語りべ」もビックリです!
大型ビジョンを使ってスマイルコンテストザ・パックダンサーズのショウタイムファンが参加して氷上イス取りゲーム

それなのに、コヨーテスのホームゲームは、ここ数年、スタンドに空席が目立ちます。

確かに、ホームアリーナは、近郊のグレンデールに位置しているため、
フェニックスのダウンタウンからは、車で およそ30分。
特に、平日のナイトゲームの時は、
帰宅ラッシュと重なって、渋滞に巻き込まれてしまうことも多いので、
アクセスが良い場所だとは言えません。

しかし、立地条件だけが、理由ではない様子。
というのも、今年のスーパーボウルの会場となるアリゾナ大学スタジアムは、
ジョビング ドットコム アリーナと、道を挟んだ反対側にありますが、
試合の日には、続々とファンが集まってきます。

となると、真の理由は何???
と思って、再び地元のタクシーの運転手さんに聞いてみると、、、

「フェニックスでは、ホッケーを好きな人は少ないね。
あれはカナダとか、アメリカでもミシガンあたりの 寒いところのスポーツだろ。
フットボールの人気は抜群だから、比べものにならないよ。
せめてコヨーテスも、強くなればなぁ。
サンズ(バスケット)や、ダイヤモンドバックス(野球)は、
毎年のようにプレーオフに出ているし、スター選手もいるからね」

という、ホッケーファンにとっては、キツーイ言葉が返ってきましたが、
よく考えると、ごもっともな意見。

“4大スポーツ” といっても、
アメリカでは、まだまだNHLが市民権を得ていないエリアも多く、
コヨーテス以外にも、観客動員数が伸びずに苦労しているチームも、珍しくはありません。

さらに、コヨーテスの成績に目をやると、
1996年にウィニペグから移転して以来、昨季までの11シーズン(ロックアウトの年を含む)で、
プレーオフに5回進出していますが、いずれもファーストラウンドで敗退。

しかも、ここのところは低迷を続け、2001−2002シーズンを最後に、
プレーオフのチケットに、手が届いていないのです。

スーパーボウルの街にウェイン・グレツキーHCはスタンレーカップをもたらすことができるか !?ところが今季は、1月を終了した時点で10位ながら、
プレーオフラインとなる8位のチームとは、わずか勝点1ポイント差。
特に、11月の半ばに、GKのイリヤ ・ブリズガロフ選手が移籍してからは、
上昇気配なだけに、期待が高まります。

スーパーボウルの街に、ホッケーファンを増やすことができるのか !?
現役時代に、スタンレーカップを4回も手にした
ウエイン ・グレツキー ヘッドコーチ率いる、今季のコヨーテスに注目です。
NHL | comments(4) | trackbacks(0)
2020.05.02
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
フィニックス、たしかにプロホッケーはまだ苦戦していますけど、実はユースホッケーは西海岸でも屈指の強さで、ロサンゼルスと並ぶ、ということは全米でも相当ですよ。Pf ChangやFirebirdsなどのミジェットAAAチームはミネソタやボストンのチームとも互角の強豪です。
というわけで、地元NHLチームの影響は確実に浸透してきていると思いますよ。
じろうさん今フィニックスに来てるんですか?
| わかばやし | 2008/02/02 03:27 |
>わかばやしさん

お元気ですか? コメントありがとうございます。
ユースホッケーのレベルが高いんですか !? それは知りませんでした。ビックリです!
ビックリといえば、現地に行ったのは先月だったのですが、
「避寒地」とあって、ホテル代の高さにビックリでした(笑)。
この週末はビッグイベントがある稼ぎ時なので、
もっと値段が高騰しているんでしょぅねぇ。

それはさておき、オールスターでのナボコフの活躍に負けじと(!?)
子供さんたちのレベルアップに向けて、頑張ってください!
| 「語りべ」 | 2008/02/02 12:21 |
フェニックスにはカナダ・スポーツ界の二人の英雄、グレツキー(NHL)とナッシュ(NBA)がいますね。

ウィニペグ ジェッツ ファンの私は、コヨーテスのファンがプレーオフでWhite Out(観客席が白一色になる)をやってくれるのがうれしいです。

期待の新人、ピーター・ミューラー選手も頑張ってますし、なんとかプレーオフに出場してくれないかな。
| ハワチャク | 2008/02/03 12:21 |
>ハワチャクさん

コメントありがとうございます!
「語りべ」が見に行った試合では、ピーター・ミュラー選手が3アシストと大活躍!
FSN−ARIZONAで、コヨーテス戦の解説をしているダレン・パング氏も大絶賛でした。
キャプテンのシェーン・ドーン選手も、1月は好調だったようなので、
このままプレーオフ戦線に踏みとどまって欲しいですね。
| 「語りべ」 | 2008/02/03 21:17 |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
__