[ここは広告枠1]
[二行表示か画像]

勝負の時!
2008/04/08 火 00:00
加藤じろう/Jiro Kato

日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

あちらこちらで、春が色濃く感じられるようになってきましたが、
これから始まるホッケーの熱い戦いがあります。
それは、NHLのプレーオフ!

昨年の9月29日(現地時間)に開幕したNHLのレギュラーシーズンは、
6日をもって、全30チームが82試合を戦い終え、プレーオフに進む16チームが決定しました!

注目は、何といっても、ワシントン キャピタルズ
ゴールとポイントの二冠王に輝き、ハートトロフィー(レギュラーシーズンMVP)最有力候補の
アレクサンダー ・オベチキン 選手の大活躍などを原動力に、
怒涛の7連勝で、レギュラーシーズンをフィニッシュ。

プレーオフへ滑り込むどころか、サウスイースト デイビジョンのトップとなったため、
イースタン カンファレンスの3番目のシードを勝ち取りました!

プレーオフは、東と西のカンファレンスともに、レギュラーシーズンの順位によって、
下記の組み合わせのファーストラウンドが、9日からスタートします。

   イースタン カンファレンス
   ★ モントリオール カナディアンズ (1位) vs ボストン ブルーインズ (8位)
   ★ ピッツバーグ ペンギンズ (2位) vs オタワ セネターズ (7位)
   ★ ワシントン キャピタルズ (3位) vs フィラディルフィア フライヤーズ (6位)
   ★ ニュージャージー デビルス (4位) vs ニューヨーク レンジャーズ (5位)

   ウエスタン カンファレンス
   ★ デトロイト レッドウイングス (1位) vs ナッシュビル プレデターズ (8位)
   ★ サンノゼ シャークス (2位) vs カルガリー フレイムス (7位)
   ★ ミネソタ ワイルド (3位) vs コロラド アバランチ (6位)
   ★ アナハイム ダックス (4位) vs ダラス スターズ (5位)

残念ながら(?)、“夢の対決” は実現しませんでしたが、
ファーストラウンドから、楽しみなカードが目白押し!

アナハイムダックスのホームアリーナのホンダセンターに掲げられている王者の証・チャンピオンバナープレーオフは、各シリーズともに、4戦先勝で次のラウンドへ進出。
上位のチームが、第1戦、第2戦、(もつれた場合は)第5戦と、最終第7戦の
ホームアドバンテージを持つ形で行われ、
4つのラウンドを勝ち抜いたチームが、今季のチャンピオンに輝きます。

昨季は、アナハイム ダックスが、初めてスタンレーカップを勝ち取り、
ホームアリーナのホンダセンターに、チャンピオンバナーが掲げられましたが
果たして、今季は どのチームが、激しいプレーオフの戦いを制するのか !?
NHLは、これからが、文字どおり “勝負の時” となります!

一方、中国のハルビンで “勝負の時” を迎えているのが、女子日本代表チーム。

4日に開幕した「女子世界選手権」は、予選リーグが終了。
スウェーデン戦と、フィンランド戦で、ともに黒星を喫してしまった日本は、
7位〜9位決定戦に進むこととなり、他のグループで、同じく連敗した中国、ドイツと戦います。

トップディビジョンに残留することを、目標として戦っていきたい
飯塚祐司監督(元王子FW、クレインズ飯塚洋生選手の兄)が、
戦前に話していた言葉を、現実のものとするためには、
8位以上の成績を残さなくてはならないため、こちらも、文字どおり “勝負の時”!

過去2回、トップデイビジョンに昇格した際には、
残留の目標を果たすことができずに、1年で降格してしまっただけに、
今日から始まる7位〜9位決定戦リーグでの奮起に、期待しましょう!

mixiでこの記事を共有する

[*]前へ | [:ゼロ:]TOP | [#]次へ

[:1:]加藤じろう/Jiro Katoのプロフィール
[:2:][アイスホッケー]の一覧
[:3:]コメントを見る (5)
[:4:]コメントする
[:5:]トラックバックの詳細 (0)

[ここは広告枠2]
[二行表示か画像]
[ここは広告枠3]
[二行表示か画像]

管理者(加藤じろう/Jiro Kato)のプロフィール
[:7:]友達にメールする
[:8:]管理者ページ
[:9:]JUGEMトップへ

リンク集
カテゴリ表示

月別の記事表示


◆JUGEM 検索◆

ブログ着うた

[JUGEM]
(c)paperboy&co.