加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< セカンドラウンドスタート! | main | ホッケー大国への追い風 >>
2020.05.02
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
2008.04.27
アジアの春 〜韓国編〜
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

ゴールデンウイークに入りましたが、いかがお過ごしですか?

日本だけでなく、韓国や中国も、すっかり春本番。
アジアリーグに続いて、男子のトップディビジョンを除く世界選手権も終了しましたが、
アジアのホッケー界は、春になっても、動き続けています。

そこで、加藤じろう直営!「語りべ」通信では、「アジアの春」と題して、
「語りべ」が目にした、韓国、中国、そして日本の、“春のホッケーシーン” を お届けしましょう!

──────────────────────────────────────────

実に25年ぶりとなる、日本での世界選手権とあって、
19日に幕を閉じた「世界選手権デイビジョン1」には、
かつての名選手や、ホッケーに携わっていた人たちが、数多く札幌を訪れたようですが、
それは何も、日本人だけではありません。

会場となった月寒体育館には、韓国からやってきた、
アニャンハルラの シム ・ウィシク 新監督(38歳)の姿も!

シム・ウィシク新監督の就任後初の国外視察は札幌に既に、ハルラのホームページなどでも紹介されていたとおり、
先月15日に、就任発表があったシム ・ウィシク新監督。
来日の目的は、「親戚が札幌へ観光に行くことになったから」と、
笑っていたのとは裏腹に、試合を見つめる表情は、真剣そのもの。

チームの看板FWとして、15シーズンにわたってプレーし、
国内リーグで、MVPを5回獲得したのを筆頭に、
数々の記録を打ち立てた “韓国のミスターホッケー” は、
指揮官となった今、どんな思いを抱いているのか?
シム ・ウィシク新監督に、抱負を語ってもらいました!

▽「語りべ」
「はじめに、監督就任の経緯から教えてください」

▼シム ・ウィシク新監督
「実は、母校(高校)のホッケー部の監督になる話があったのですが、
3月12日に、その学校へ向かっていた時に、ヤン ・スンジュンGMから電話がかかってきて、
オーナーから話があるので、すぐに来てくれと言われました」


▽「語りべ」
「そこでオーナーから、監督就任を打診されたのですね?」

▼シム ・ウィシク新監督
「そうです。正直なところ、ビックリしましたよ(笑)。
もしかしたら、コーチになれって言われるのかなと思っていたら、監督だったので、
どうしようかな? って考えました。
でも、チームのためになるのならと思って、その場で、引き受けることに決めました」


▽「語りべ」
「監督以外のスタッフは、どうなるのですか?」

▼シム ・ウィシク新監督
「今季もチームを見ていた ペ ・ヨンホ コーチと二人で、率いていく予定です。
今季は、コミュニケーションが不足してしまった部分があったので、
来季は外国人コーチを呼ばずに、韓国人スタッフだけで戦っていくつもりです」


▽「語りべ」
「助っ人選手は、どんな顔ぶれになりそうですか?」

▼シム ・ウィシク新監督
「正直言って、今は白紙の状態です。
ただ、今季のチェコ人選手たちは、おとなしすぎたように感じました。
チームを変えなければいけないと思っているので、
たとえば、カナダ人選手のように、氷の上で闘志を見せてくれる
エネルギッシュな助っ人が必要だと、考えています」


▽「語りべ」
「日本のファンは、日本人選手のことが気になるのですが…」

▼シム ・ウィシク新監督
「これも白紙ということで、お願いします(笑)
話はありますけれど、まだ決まっていませんからね」


▽「語りべ」
「気になるといえば、兵役によってチームを離れる韓国人選手は、いるのですか?」

▼シム ・ウィシク新監督
「#71 キム ・ドユンが、兵役のために、チームを離れる予定です。
当初は #6 キム ・ホンイルも、チームを離れる予定だったのですが、
彼は、もう1年プレーしてから、兵役に就くことになりそうです」


▽「語りべ」
「逆に、チームに戻ってくる選手や、新人選手もいると聞いていますが?」

▼シム ・ウィシク新監督
「延世大学から、3人の新人が入ってきます。(=うち2人が今春の世界選手権代表)
可能性のある選手たちなので、練習を見てから、どう起用するかを考えるつもりです。
2年前の得点王ソン・ドンファン選手の姿が来季は開幕から見られそう!
それから、#96 ソン ・ドンファン(写真)と、
#4 チャン ・ジョンムン の二人が、チームに戻ってきます。
ソン ・ドンファンは、5月に兵役が終了する予定なので、
トレーニングのスタートから、チームに合流できますし、
チャン ・ジョンムンは、9月まで兵役期間が続きますが、
アジアリーグの開幕には、間に合うと思います」


▽「語りべ」
「それは楽しみですね! では最後に、監督1年目の目標を教えてください」

▼シム ・ウィシク新監督
「優勝することが一番ですけれど、
それよりも、まずチームの雰囲気を変えることが、必要だと思っています。
最後まで あきらめないチームにすることが目標です!」


──────────────────────────────────────────

現役引退後は、リトルハルラチームのコーチとして、子供たちを指導していたというものの、
トップリーグで采配を振るのは、初めてとなるだけに、
シム ・ウィシク新監督は、就任早々から、来季へ向けて動き始めています。
シム・ウィシク新監督の手腕に期待!
「新監督は熱血漢だよ!」
というキャプテンの キム ・ウジェ 選手の言葉どおり、
熱い指導で、再びハルラを、
“韓国ナンバーワンチーム” の座に導くことができるのか !?

新監督の手腕に期待するのと同時に、
ライバルのHigh1とともに、韓国旋風を巻き起こして、
アジアリーグの勢力分布図を、塗り替えて欲しいですね!

◆photo by YONSU
アジアリーグ | comments(2) | trackbacks(0)
2020.05.02
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
じろうさんお久しぶりです。
先月、じろうさんが実況を務めるプロ野球中継を視聴いたしました。来シーズンのアニャンハルラはソン・ドンファンのプレーが久しぶりに見れるのですね。ソン・ドンファン、キム・ホンイル、キム・ハンソン、キム・ギュホン、パク・ソンミン…名選手の多いアニャンハルラ、クレインズの次に好きなチームです。
| しなだ | 2008/05/05 18:49 |
>しなださん

コメントありがとうございます!
ハルラだけでなく、High1や中国チームにも、魅力のある選手がいっぱいますので、
来季は、ぜひぜひ!注目してくださいね。

それから、ホッケー以外の中継もご覧いただき、感謝です!
幸か不幸か、連休中も、ほぼ連日 野球実況に勤しんでいましたので、
今後も、どこかでお耳にかかることがあるかもしれません。
こちらは、「ぜひぜひ!」ではなくて、「ちょっとだけ」でいいので、注目してくださいね(笑)
| 「語りべ」 | 2008/05/05 23:57 |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
__