加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< アジアの春 〜中国編〜 | main | 凱旋か !? 汚名返上か !? >>
2020.05.02
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
2008.05.08
REDHOTな男
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

スタンレーカップ獲得を目指して、熱い戦いが続いているNHLのプレーオフは、
いよいよサードラウンド(カンファレンス ファイナル)に突入。
2つのラウンドを勝ち抜いてきた4チームが、
スタンレーカップ ファイナルへの出場権を賭けて激突します!

一足早くスタートするのは、ウエスタン カンファレンスのシリーズ。
デトロイト レッドウィングス vs ダラス スターズ」 の第1戦が、
今日(現地時間)、デトロイトで行われます。

ともに優勝経験がある強豪同士だけに、
先日の記事で紹介した「レッドウイングス vs アバランチ」と同じように、
これまでのプレーオフで、何度も好勝負を繰り広げてきたカードの再戦となりますが、
開幕を前にして、注目を一身に集めている選手がいます。

それは、レッドウイングスのFW ヨハン ・フランゼン 選手!

REDHOTな男 ヨハン・フランゼン選手母国スウェーデンのトップリーグでのプレーを評価されて、
2004年のドラフトで、レッドウィングスから指名されたフランゼン選手は、
25歳の夏にチームと契約し、一昨季から、活躍の場をNHLへ。

しかし、そのプレースタイルは、スウェーデン時代から一貫して、
ハードチェックや、ゴール前での しつこいスクリーンプレーに徹底。
191センチ99キロの恵まれた体格を活かして、チームに貢献してきました。

ところが、ここへ来て、フランゼン選手のプレーに 新たな一面が!

10月から2月までの56試合で、わずか12ゴールしか上げられなかったのに対して、
3月以降の16試合では 15得点と、
まるでレギュラーシーズンが大詰めに差し掛かるのを、待っていたかのように、
いきなりゴール量産モードに!

この勢いはプレーオフに入っても、とどまることを知らず、
ここまでの10試合で、11ゴールをゲット。
長い歴史を誇るレッドウィングスのプレーオフ年間最多得点記録を、塗り替えたのに加えて、
セカンドラウンドの アバランチ戦では、
NHL史上6人目の、同一シリーズで2回のハットトリックを達成する、見事な働き!

メジャーリーグなどでは、手がつけられないほど絶好調な選手を、「RED HOT」と呼びますが、
フランゼン選手の活躍ぶりは、チームカラーの赤いジャージと相まって、
まさに、 “RED HOT”!

「このあと、いくつゴールを決められるかなんて分からないよ」
とサードラウンドを前に、フランゼン選手は、笑顔で話していたそうですが、
レッドウィングスのチーム記録に続いて、
NHLのプレーオフ年間最多記録「19ゴール」の更新にも、期待も集まります。

レッドウイングスには、アシストランキング第2位の パベル ・ダツック 選手や、
トリノオリンピックで金メダルを勝ち取った ヘンリク ・ゼッターバーグ 選手。

対するスターズには、エースの マイク ・モダノ 選手や、
チームリーダーの ブレンダン ・モロー 選手など、
この両チームには、NHLを代表するFWが、ズラリと揃っていますが、
今日からスタートする、レッドウィングス vs スターズのシリーズでは、
“RED HOTな男” から、目が離せそうにありません!
NHL | comments(0) | trackbacks(0)
2020.05.02
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
__