加藤じろう直営!「語りべ」通信
 
<< 中国三都物語<3>ハルビン編 | main | 「残留あるのみ!」頑張れ神戸大ホッケー部 >>
2020.05.02
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
2005.11.28
LOVE HOCKEYな人たち<3> 石岡元さん
日本全国津々浦々のホッケーファンの皆さん、こんにちは。

今月に入って、社会人チームによる地域リーグ戦「Jアイス」が、
北海道と西日本で、新たにスタート!

J アイス・ウエスト(西日本ディビジョン)」で、
サーパス穴吹(香川)、福岡選抜とともにリーグ戦を戦う、兵庫選抜チームの中には、
昨季、王子製紙でプレーした石岡元さんの姿がありました。

「あれ、王子製紙? 他のチームでプレーしていたような気が…」
というファンの方も、多いのでは?

それもそのはず、石岡さんは「波乱万丈ですよ」と本人が笑って話すほど、
他の選手にはないキャリアの持ち主で、
いくつものチームのジャージに袖を通しました。

釧路江南高校2年生の時からU20の代表に選ばれるなどの実績を引っさげて、
日本製紙クレインズに入ったものの、
「自分の思うホッケーと、チームが思うホッケーとの違い」を感じたため、3シーズンで退社。

その後、猛勉強の末、同志社大学へと進学し、
ホッケーのメッカ北海道とは大きく異なる環境の中、関西のホッケーを肌で実感。

卒業後は西武鉄道と契約し、再び日本リーグ(当時)プレーヤーとして活躍したものの、
チームが廃部となってしまって、コクドへ移籍。

そのコクドでは、なかなか出番に恵まれずに、戦力外となったため、
昨季は、王子でプレーをしていました。
クレインズ時代の石岡元選手同志社大時代の石岡元選手西武時代の石岡元選手コクド時代の石岡元選手

こんな波乱万丈なホッケーキャリアを振り返った石岡さんは、
現役時代から何度も、
「関西のホッケーを見ることができたのは、大きかったですね」
という言葉を口にしていました。

ホッケーの盛んな釧路で、常にスター選手としてプレーしていた石岡さんにとって、
まだまだ発展途上中の関西のホッケーは、
練習環境や、選手たちの意識をはじめ、
まさに何から何まで、「驚くことばかり」だったそうです。

しかし、その一方で、
「関西でも、色々とホッケーを広めるために頑張っているんです。
でも、それが大きな形になっていないから、その手助けになれば」
との思いで、昨年の5月から、
ジグ・スポーツ・プロジェクトという会社を立ち上げて、ホッケースクールなどを開催。

そして、この春、王子からも戦力外通告を受けてしまったあとは、大阪へ移住。
国体へ向けて強化中の兵庫県連盟から誘いを受けて、コーチをしていたところ、
「コーチだけじゃなくて、戦力アップのために」と頼まれたため、
先日行われたJ アイス・ウエストの試合で、元気なプレー姿を披露することになったそうです。

しかし、石岡さんが、今、一番多くの時間を割いているのが、
浪速スポーツセンターアイススケート場での仕事。

10月にオープンしたばかりの、このリンクで、ホッケーやスケートを教えるとともに、
「楽しんでもらうことでホッケーを広める一方で、トップクラスの選手を育てる」
というコンセプトを掲げて、新たにホッケーチームを設立するなど、精力的に活動しています。

とはいっても、「大変ですよ」と石岡さんは苦笑い。

というのも、最新のリンクは、デザイン優先の作りとなってしまったようで、
「天井も低いし、ロッカールームも、ベンチの仕切りもないんです」

さらに、「せっかくいい場所(なんば駅から徒歩5分)にあるのに、宣伝していないから、誰も知らない」
とボヤくように、ホッケースクールの問い合わせも、「ほとんどないです」とのこと。

しかし、それでも石岡さんは、
「もし、スクールの生徒がたくさん集まった時に、リンクが使えないじゃ困るじゃないですか」
と話し、貸切利用の申し込み締め切りとなる2ヶ月前に、
生徒が集まりやすい時間帯を、自費で予約し続けているそうです。

このように、毎日、精力的な活動を続けられるのは、
「大阪だけでなく、兵庫や滋賀、さらに西日本全体にホッケーを広めたい!
いずれは石岡塾を設立して、トップレベルの選手を育成していきたいです。
きっと10年後には、西日本から、スゴイ選手がビヨーーンと出てきますよ!(笑)」
という大きな夢がエネルギーの源。

ホッケースクール一期生「昔のボクだったら、嫌われていたと思いますよ(笑)」
と自ら口にするように、
かつては、「おもいっきり生意気でした」という石岡さん。

しかし、今の石岡さんからは、
西日本のホッケー界を盛り上げたい!
という純粋なホッケーへの気持ちが、満ちあふれています!

石岡さんが指導する、
難波アイスホッケークラブ「ジグクラッシャーズ難波」に関するお問い合わせは、
TEL 06−6643−6448
浪速スポーツセンター内アイススケート場まで

every playing photos by 243


★本日の小ネタは…
19日と20日に香川県のサンピアさぬきで行われた、
Jアイスウエストの開幕シリーズで、久々にプレーした石岡さんですが、
「自分がしたいプレーができなかった」と、ちょっと残念そう。

チームも、福岡選抜とサーパス穴吹に連敗とあって、
石岡さんは、「頑張るしかない!」と意気込んで、個人トレーニングを開始。

「目指せ滞氷時間57分!(笑)。ダイエットするぞー !!」
が目標だそうです (^^♪
LOVE HOCKEYな人たち | comments(12) | trackbacks(0)
2020.05.02
スポンサーサイト
- | - | -
この記事に関するコメント
アジアリーグ神戸シリーズでキッズゲームの担当をしました“兵庫のMach11”です。語りべさんには、その節はお世話になりました。この場をお借りして御礼申し上げます。
私はレフェリーもやっており、関西学生リーグや全関西実業団リーグ等で笛を吹きに、浪速スポーツセンターに行く事がありますが、子供達に熱心にホッケーを教える石岡さんの姿をよく見かけます。楽しくやる事を心がけて指導されている様に見受けられます。“厳しくビシビシと”も良いかもしれませんが、やはり子供達には楽しいのが一番だと私も思います。見る人を楽しませる一流プロ選手は自らが楽しんでプレーしているのだと思います。そんな選手はきっと子供の頃から楽しくやってきたんではないでしょうか。
私は小学生チーム(http://icewonders.hp.infoseek.co.jp/)の指導者もしていますが(お前は何者じゃ!?)、石岡さんの子供達への接し方等参考なりますね。今は石岡さんとは会釈する程度ですが、また、いろいろ教えていただきたいです。
| 兵庫のMach11 | 2005/11/28 17:56 |
Mach11さん
コメントありがとうございました。
また、試合の際は、こちらこそお世話になりました。

ホッケーを楽しむ姿勢があってこそ、子供さんたちのレベルアップにつながるのだと思います。
ぜひ、これからも、神戸のホッケー少年たちのために、ご活躍ください!
| 「語りべ」 | 2005/11/28 19:18 |
関西のスケート情報、ありがとうございました!
J・アイスウエスト、見に行けそうなところで行われるので、ぜひ見に行きたいと思います。
| tae | 2005/11/28 20:16 |
おひさし語りべさん!
新横ではさすが!といった軽快なトークで会場を盛り上げていましたね!
挨拶に行きたかったんですが、忙しそうだったので遠慮しました。

ところで 元!今そんなところで頑張っているんですか!
あいつの事だからてっきり全チームのユニホームを着ると思ったのですが今は子供の指導ですか・・。

なんにしろ頑張っているようで嬉しいです! 今度あったら宜しく言っといて下さい。(つるっ子釧工チームがと)

次は真駒内ですね。
もちろん行きますので盛り上げましょうね!

| ゲット | 2005/11/28 22:45 |
いつも楽しく見ています。
サーパス穴吹といえば、全日本選手権や、国体などでも活躍するチームですよね?
リーグを離れたとはいえ、流浪の民・石岡元はプレーヤーとして活動していたんですね。
国体がまた代々木であればプレーする姿が見れたかも知れないですが…
リーグを沸かせたプレーヤー達の近況が聞けるのも「語りべ」のネットワークならではですね。今後も楽しみにしています。

そういえば元コクドで、花粉症の問題を抱えていた坂田選手の
近況をスポアイでOAするみたいですね。


| 横濱ハイハイロー | 2005/11/29 01:49 |
折角じろうさんにリンクの存在等々を聞いたのに、遊びに行きそびれました・・・。
1月のバックスの試合でキッズゲームか何かで、石岡さんの教えてる生徒さん達のプレーが見れると良いですね〜(^o^)
| がんこ | 2005/11/29 12:48 |
アイスホッケーの原型と言われるバンディ。現在、カザフスタンで世界選手権が行われていて、石岡元キャプテン率いる日本代表も参加してることを今日初めて知りました。日本でもバンディを観てみたいと思っていただけにセンセーショナルでした。
じろうさんは、ご覧になったことがありますでしょうか?ぜひ、野外で行われるアイスホッケーの原型・原風景をご覧になってみてください。http://www.youtube.com/watch?v=Y_GA8lWUg_U&feature=related
| 青い矢 | 2012/02/04 06:41 |
>青い矢さん
コメントありがとうございます。

これについては、以前に石岡氏本人から話を聞いたように思いますが、
それにしても、世界のホッケーは広く、そして深いですね。
その一方で、先日「フロアホッケー」の普及にご尽力されていた方からは、
シビアな現状を教わりました…。
日本でも、広さと深さを実感できる日は、やってくるのでしょうか???
| 「語りべ」 | 2012/02/04 23:12 |
今年1月末に行われるBandy世界選手権も再び日本代表が出場します。今年はBグループに参戦し、ひょっとしたらアメリカやカナダと雌雄を決することになるかも。
| ひらり | 2013/01/10 14:06 |
>ひらりさん
はじめまして。コメントありがとうございます。

スポーツのみならず、どんなカテゴリーにしても「日本代表」は誇りだと思うので、
健闘を期待したいですね。
| 「語りべ」 | 2013/01/13 14:31 |
たいへん役に立つ記事と情報と分析で、読み応えあります。貴重な記事をありがとうございます。(高村)
| 高村 | 2016/02/27 05:45 |
>高村さま
こんばんは。コメントをしてくださって、ありがとうございます。

この記事は10年以上も前になりますので、現状は大きく異なっているかと思います。
予めご承知おきくださった上で、アーカイブをご覧いただきますよう、お願い致します。
| 「語りべ」 | 2016/02/27 18:12 |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
__